五等分の花嫁7巻 ネタバレ感想

どうもききです。

今回は五等分の花嫁7巻の感想を書こうと思います。

今回は中野父が現れ赤点回避のラストチャンスを宣告しました。

6巻で父親に反抗し独り暮らしみたいな生活を始めましたが保険や携帯料金は結局父が払っており一花の稼ぎのおかげでギリギリ生活できてますが限界は近いとのこと。

そんな中父親から最終宣告を下され次の試験で赤点回避出来なかったら実家に強制送還されます。

結果的には赤点は全員回避しましたが今回は試験前日から赤点回避までのエピソードを一花編から五月編までそれぞれ語られています

四葉について

四葉は五つ子の中で唯一思考回路が逸脱しており五つ子の中で最も頭が悪いようです。

逆に今回のミッションは四葉さえ合格できれば大丈夫ぐらいの扱いでした。

四葉の深刻な悩みを知った風太郎は特別にマンツーマン授業をし全科目ギリギリ30点を越え赤点回避しました。
ギリギリ30点越えただけで泣きながら喜んでいましたが彼女にとって赤点回避はそれぐらい重要だったのです。

三玖の恋愛

三玖は五つ子で最も風太郎に恋心を抱いています。

風太郎に告白するために勉強を頑張ったりバレンタインデーにむけてチョコレートを作ったりしていました。

最早赤点など眼中にないほど学力は成長しており試験前日にチョコレート作りに専念していました。

その殺意にも似た恋心はニ乃がビビって服従してしまうほどでした。

ちなみにキャラ人気投票ではぶっちぎりで1位でした

一花のハイスペック

一花は女優業と勉強を両立しており睡眠時間を削って勉強の時間を作ったりかなり無理をしていました。

風太郎に注意されますが聞く耳持たずで前の家と違い五つ子の生活費も稼がないといけないので激務です。

ついでに一花は三玖と同じく恋心を抱いています。

恋のライバルみたいな感じでしたが実際には風太郎を諦めて三玖の恋を応援してあげるというとてもいい子です。

そんな中敵(三玖)に塩を送られちょっと本気で風太郎の一番を目指してます。

結果的に一花は試験で五つ子で一番高い総合点を取りました。
やはり一花が五つ子の中で一番スペックが高いようです。

五等分の花嫁 零奈の正体を考察

どうもききです。

今回は五等分の花嫁の零奈の正体について考察したいと思います。

現時点で可能性が高いのは一花と四葉と五月ですね。

その理由について解説したいと思います。

四葉が零奈説

四葉は5人の中で最も零奈の可能性が高いと言われて
います。

その理由は四葉が最初から攻略完了されていることと謎の多いヒロインだからです。

ついでに四葉は風太郎に一番最初に告白したヒロインです。

ドイナミックに告白した後嘘。とからかいます。

 

 

この笑顔と内に潜む切なさが零奈っぽく見えないでしょうか?
また零奈が消えた瞬間風太郎の前に現れたのも気になります。

五月が零奈説

次に零奈の可能性が高そうなのは五月です。

あの性格で零奈を演じている可能性は低そうですが一応五人の中でメインヒロイン的な存在なので無視は出来ません。

また風太郎が昔の零奈を思い出すのはだいたい五月といるときです。

やはりメインヒロイン(仮)なので五月なのかもしれません。


そう考えると全員が零奈の一部を演じている可能性もありそうです。

一花が零奈説

一花は短髪なので除外されそうですが彼女も四葉と同じく難しくない性格で掴み所のない性格でもあります。
零奈を演じていても不自然ではない。

また風太郎の見舞いの時になんで君なんだろうねという気になるセリフを口にしています。

この一言だけで決定打になりそうな感じでした。

ちなみに二乃と三玖が零奈だと性格的に不自然すぎます。

やはりこの三人の誰かでしょう。

亜人64話ネタバレ感想

どうもききです。

今回は亜人64話の感想を書こうと思います。

今回は戸崎が亜人管理委員会の真実を全てマスコミに暴露して燃え尽きるという話。

亜人管理委員会は世間では亜人を保護して研究する存在と認識されていますが非人道的な人体実験が行われていることまでは知りません。

全ての始まりは大臣と製薬会社の社長との密約でした。

製薬会社の社長は新薬を開発していましたが予算が厳しくなり古い友人である大臣に亜人をモルモットとして使いたいと話を持ちかけます。

大臣はそれに応じ、そのときの亜人である田中の許可なく社長に貸し出しました。

結果的に新薬の開発は成功し莫大な金を稼ぐことに成功しました。

新薬ができたこと自体は素晴らしいことですが亜人を金稼ぎのために利用し非人道的な実験を行っていたことは評判的にはよろしくありません。

証拠も全て暴露され大臣は完全終了しました。

そして戸崎も手を汚しまくった上に大臣に裏切られ愛人も救えないという絶望から立ち直り全てを終わらせました。

後は賢者の境地に浸り自殺して人生終了するだけといった感じですね。

 

はねバド!70話ネタバレ感想 決着

どうもききです。

今回ははねバド!70話の感想を書こうと思います。

前回の最後に羽の一部が折れたことによって魔球が使えるようになりました。

その名もハルダウンクロスファイヤ。

白帯スレスレで羽を打つことで相手の反応が遅れる。

 

そこから放たれる超カーブの魔球によって相手が返すことはほぼ不可能な必殺球とのこと。

ただ羽が折れたから魔球が使えるわけではなく羽が折れる+α高等技術が必要みたいですね。

ハルダウンクロスファイヤが決定打に思われましたがそれでもまだ志波姫との差は埋まりません。

志波姫の不屈の精神力は際々の状況でありながらコントロールと知能を生かした戦略的プレイを平然とやってのけます。

これまでの綾乃天才的アクロバットプレイはただ相手を倒すためだけのものではなく圧倒的力の差を見せつけて相手を動揺させる目的もあったわけですが志波姫は全くのノーダメージで逆に綾乃が動揺してしまいます。

さらに試合中一度も打ってないジャンピングスマッシュをいきなり打ち出すなどで更に綾乃を追い詰めます。

試合は完全に志波姫のペース‥‥でしたが特になんの味気もなく綾乃が勝ちました。

綾乃が最後にハルダウンクロスファイヤを打って志波姫は返球に失敗して敗北というシンプルな結末でした。

間違いなく志波姫が勝つ感じのながれでしたがなんとか逃げ切ったという感じですね。

今回ちょっと作画良かったような気がしました。

なんとなく綺麗に見えます。

 

unity Behavior Designer使い方part10最終地点

どうもききです。

今回はunityのAIアセットBehavior Designerの使い方を解説していきたいと思います。

今回はターゲットが視界から消えた時の予測地点について解説したいと思います。

ターゲットが視界から消えた場合すぐ近くであってもターゲットの居場所がわかるのはやや不自然ではあります。

というわけでターゲットが視界から消えた場合ターゲットを最後に見た場所をターゲットに一時的に変更します。

ターゲットのポジションを取得するタスクでGetPosisionタスクというものがあります。

構造的にはこんな感じになってます。

この例だとターゲットが視界に入ったかどうかまたは銃声が聞こえた攻撃されたなどの異変が発生した場合ターゲットのポシション自体を追跡します。

視界から消えた場合など異変が突然消えた場合ポジションの取得をキャンセルし
ターゲットを最後に見た場所などを一度だけ取得しReturn FailureでRepeaterを抜けます。

RepeaterはFailureが返った場合終了するように設定することもできます。

unity Behavior Designer使い方part9逃げる

どうもききです。

今回はunityのAIアセットBehavior Designerの使い方を解説していきたいと思います。

今回はサンプルツリーを紹介しつつHPが半分以下になった場合逃げる処理について解説したいと思います。

まずはこちらの画像をご覧ください

前回同様視界にターゲットが現れたら範囲内になるまで追跡します。

射程範囲内であればターゲットを攻撃します。

そしてここからは自身のHPが半分以下になった場合について

Float Comparisonで現在のHPが50以下かどうかを比較します。

Less ThanはFloat1<Float2を表します。

EvadeタスクはMovementPackの逃げるタスク

一定時間逃げるとSuccessを返し次の枝に移行します。

HPが変化したことによって行動パターンを変える必要があります。

今回は回復薬を探し求めることにします。

Until Successで回復薬が視界に入るまで周囲を探索。

回復薬が見つかったらseekで回復薬に当たって回復し通常の行動パターンに戻します。

Repeater補足・・

RepeaterはSuccessが返ったらリセットされ再評価されます。

途中の枝でSuccessを返しリセットすればもう一度左端から順に見ていきます。

unity Behavior Designer使い方part10最終地点

はねバド!の1巻から14巻までの作画の変化を比較してみた

どうもききです。
今回ははねばど!の1巻から14巻までの作画の変わりようを見ていきたいと思います。
絵が上手い作画というのはいくつか種類があると思います。

美少女などの全体像を綺麗に再現しているもの。(ある程度の身体操作や角度の見せ方など)

身体操作メイン(派手な戦闘シーンを描くために絵の綺麗さは捨てているもの)

基本的に絵が荒くてもキャラクターの身体操作が上手ければ絵が上手いというのもありますが

個人的には萌えと身体操作二つを両立させてこそ真の神作画と思いたい。

それでは見ていきましょう。

1巻

初期の作画では萌えがメインで身体操作はまあぼちぼちといった感じです。

しかしただ萌えれば美少女的に絵が上手いというわけではありません。

デッサンが完成されていて中性的であってこそ美少女の作画が上手いと言えます。

2巻

1巻に比べて身体操作のシーンが増えいい感じになってきました。

3巻

身体操作と萌え共に完璧な作画。
萌えスポーツ漫画なのでこれで十分すぎる。

4巻

作画が変わる境界線。
作者は中性的な顔立ちと真のスポーツ漫画としての作画を意識しだす。

まだ発展途上なので評価は悪い。

 

5巻

真のスポーツ漫画として覚醒。
演出や絵の綺麗さ、身体操作、キャラの可愛さ共に理想的になってきました。

6巻

全てにおいて神作画。
もう言うことないです。
はねばどで一番素晴らしかった巻。

7巻

7巻にて変化が…

綾乃の顔がげそりだす。
一次的なものだと信じたい。

8巻

完全終了。
なんとか可愛いと思えなくもなくもない。

作画は完全に変わってしまった模様。

9巻

もうこれ以上堕ちていく綾乃を見たくない。

10巻

絵の可愛さや綺麗さを捨て体を自由自在に描くことに専念するそうです。

11巻

ちょっとだけ可愛さが戻りました。

12巻

コニーは作画が変わろうが関係なしに可愛い

13巻

現在の100%の萌え

14巻

そして現在の作画に定着する。

ロクでなし魔術講師と禁忌教典13巻感想ネタバレ

どうもききです。

今回はロクアカの13巻の感想を書こうと思います。

今巻はリィエルがエーテル解離症(魂と肉体が解離してしまう病)になり開始早々に倒れもう寿命だから助からないと診断されてしまいます。

エーテル解離症は魂を解析できれば治せるらしいですがリィエルの魂は複数の異なる絵のパズルのピース(複数の人間の魂の一部)をごちゃ混ぜにして無理矢理一枚絵に完成させた魂で解析不可能とのこと。

というかそもそもクローンの身でありながら高不可の魔術を今まで使ってきて生きているのが不思議なぐらいだったということですね。

魂の解析にはセフィラマップという魂の設計図が必要みたいです。しかしリィエルの魂は身元不明の複数の人間の魂の一部をそれぞれ合成されているのでその身元不明の魂のピースを全て揃えないといけないらしく

グレン達は死ぬ気でリィエルを救う方法を探しますが物理的に不可能という事実に気づきます。

グレンが諦めようとしたその時帝国宮廷魔導士特務分室の人たちが現れリィエルをさらっていきます。

グレンはそれを止めようとしますが圧倒的実力差で封殺されます。

そしてグレンの前に現在の特務分室室長でイヴの後任のサイラスが登場します。

サイラスはグレンにアルベルトの討伐を命令します。

いきなり特務分室が現れリィエルをさらいアルベルトの討伐を命令されたグレンは意味不明すぎて混乱します。

どうやらアルベルトは女王暗殺しようとしさらにバーナードとクリストフを殺めたとのこと

かつての戦友が血迷ったという情報をグレンは信じられませんがたとえ真実であったとしてもリィエルが死にかけの状況でアルベルトごときに構っている場合ではありません。

しかしサイラスはアルベルトの討伐に成功すればリィエルのセフィラマップを提供するといってきたので仕方なくグレンはアルベルトの討伐を引き受けることになります。

新ヒロイン?イリアイルージュ

今回新しく女性キャラクターが登場しました。
グレンが元軍時代の同僚でセラと同じくグレンを支える存在の一人だったそうです。

執行No.18月のイリア・イルージュと名乗っておりグレンの後輩でロリ系の美少女キャラ新しいヒロイン‥と思われていましたが実は敵キャラでヤンデレキャラでした。

彼女の能力は幻術魔法で世界に幻術をかけて全人類を幻術の世界でコントロールできる能力。

他の漫画で例えたら無限月読+鏡華水月ぐらいの規格外の能力。
間違いなく作中最強かと思われます。

アルベルトの実力

アルベルトは英雄並みに強いですが実は特務分室で唯一固有魔術(オリジナル)を持たず使用できるのは一般的なアサルトスペルだけのようです。
(千里眼みたいなのはオリジナルではないらしい)

膨大な魔力と頭脳、分析能力、冷静な判断力などそれだけで人外並のスペックを持っており一般的な軍用魔術を極限まで使いこなすことで相手を圧倒しているようです。

また狙撃の腕は凄まじく神のエイム力とコンマ0、1秒の隙さえも正確に捕らえることができます。

威力も桁違いでライトニングピアスだけで魔神を殺せるぐらいなので魔術とか以前に既に人間のレベルを越えています。

バーナードいわく唯一セリカを越える存在と言われるほど

亜人13巻ネタバレ感想

どうもききです。

今回は亜人13巻の感想を書こうと思います。

今回は最終ウェーブで佐藤が二時間で国の重要機関をすべて沈黙させると宣言します。

その作戦とはジェット機の自爆テロを繰返し国の総理大臣とか国のトップに君臨している人物を全滅させて国を機能停止にすること。

佐藤はジェット機で飛ぶ前に腕を切り落とし自爆の際に自分の肉体を粉々にして腕から転送します。

自爆テロと瞬間移動を繰り返しているわけですね。

永井はジェット機から飛ぶ佐藤を見たときに服の血痕を目にしたことでまた転送を利用した作戦をする気だと一瞬で看破しました。

そして転送の法則を既に知っている永井は佐藤に対して恐るべき粛清の方法を思い付きます。

それは佐藤を地中監獄に永遠に幽閉すること。

転送の法則では再生する場所に障壁があった場合その空間を削り取ります。

ただし肉体再生に必要な空間だけを削り取るので肉体と空間の余白は0になってしまいます。

地面の中に転送されたら呼吸は出来ないし何もできない。正に亜人ならではの狂気の処刑方法ですね。

さすがに40秒の間に腕を奪ってマンホールにぶちこむのは無理だと思いますが腕の切り口をコンクリの地面に突き刺せばそれだけで終わりますね。

今巻は死ねる有り難みを感じさせられる巻でした。

ぐらんぶる最新話50話感想ネタバレ栞ちゃん編完結

どうもききです。

今回はぐらんぶる最新話50話の感想を書こうと思います。

前回までのあらすじで伊織はパラオでダイビングするために実家の旅館までパスポートを取りに行きますが妹の栞に保管されなかなか返してくれません。

そんな中オタク外国人留学生が伊織の実家の旅館に宿泊し栞がオタク外国人にストーカーされるという状況になりました。

伊織はこれを利用してわざとストーカーを泳がせ最後に栞を助けることで恩を売り最終的にパスポートを返してもらうという作戦を立てました。

オタク外国人留学生は三人で女性一人(カリーナ)男二人で男の方は美少女のコスプレをした厳つい顔をした変態でカリーナの方は清楚で礼儀正しい女性でした。

最初男二人がストーカーかと思われましたがカリーナが三人の中でもっとも危険人物であると判明します。

三人とも青色スプリングというギャルゲーが好きでそのゲームに登場するきららという女の子が栞とうり二つらしく(具現化と言っていいほど)栞を使って現実で二次元の妄想をしようとしているようです。

伊織はどれぐらい似ているのか気になり調べたら18禁ゲームだったらしく兄として本気で妹を心配し妹に危害を加えようとする変態3人(耕平も含めて)とバトル(格闘)することになります。(外国人二人は空手十段ぐらいの強さ)

一方女性陣(千沙、栞、カリーナ)は温泉に漬かりますがカリーナの妙な視線に栞は違和感を感じます。

カリーナは栞を変態的な眼で見ながらリアル青色スプリングを妄想しているようです。

寒気を感じた栞は千沙に助けを求めますが普段変態どもの視線に慣れている千沙はノーダメージでした。

部屋に戻ると外国人二人と耕平が倒れていました。

激しい格闘の末伊織は勝利したようです。

後から栞は監視カメラの映像で一部始終を確認します。

そこには伊織が妹を思い戦う姿が描かれていて栞は素直に感心していました。

しかしそれが決め手にはならずパスポート返してもらえませんでしたが後からカリーナが伊織と結婚したいと言い出します。

どうやら栞を義妹にするために伊織と結婚したいみたいです。

カリーナはしばらく日本に滞在するみたいで危機感を感じた栞は伊織にパスポートを返しどうぞパラオにいって来てくださいと言って終了します。

これにてパスポート奪還編は完結ですね。

またしばらく栞ちゃんは登場しなくなるので寂しいです。

クソ兄貴というセリフは何回でも聞きたいです。