遺伝の薄毛を治すことは可能なのか?

どうもききです。

今回は薄毛の遺伝を治して髪の毛を太くするための具体的な方法について解説したいと思います。

遺伝と薄毛の原因

まず髪の毛の遺伝は母親からの影響が大きいと言われています。

受け継がれるものは5αリアクターゼの分泌量とハドロゲンレセプター(毛乳頭細胞にある受容)の感受性です。

5αリアクターゼには1型と2型がありそれぞれ系統がことなります。

スポンサーリンク

1型5αリアクターゼは側頭部と後頭部の皮脂線に存在し皮脂を分泌して頭皮の環境を悪化させます。

2型5αリアクターゼは前頭部と頭頂部の毛乳頭に存在し男性ホルモンと結びついて悪性男性ホルモンであるDHTジヒドロテストステロンを発生させます。

AGAの主な原因はジヒドロテストステロンなので問題は2型の5αリアクターゼですね。

5αリアクターゼが多ければ多いほどジヒドロテストステロンが増加し脱毛因子が大量に分泌されます。

もう一つの問題はハイドロゲンレセプターの感受性にあります。

ジヒドロテストステロンは脱毛因子を増やす命令をレセプターに対して送るのですがその影響を受けやすいかどうかは感受性つまり体質や遺伝によって決まります。

ジヒドロテストステロンに関してはむしろ必ず発生してしまうもので普通の人はジヒドロテストステロンの影響は受けないので禿げることはないようです。

5αリアクターゼが分泌量が多すぎるかもしくはハイドロゲンレセプター受容体の感受性が強すぎるのか

AGA薄毛のほとんどの原因はこの二つにあります。

男性ホルモンに関しては薄毛の直接的な原因ではなくむしろ髪の毛のためにはむしろあったほうが良い。

では薄毛をこれ以上薄毛を進行させないための方法を紹介したいと思います。

5αリアクターゼの抑制

脱毛を促進させるジヒドロテストステロンは5αリアクターゼと男性ホルモンが結合することで生まれます。

そのジヒドロテストステロンの結合を阻害する薬としてプロペシア内服薬があります。

プロペシアにはフィナステリドという成分が含まれておりフィナステリドは5αリアクターゼと男性ホルモンの結合をブロックしてくれる作用があります。

または5αリアクターゼ事態は亜鉛を摂取することで活動を抑制することが可能なようです。

また大豆イソフラボンもジヒドロテストステロンの結合をブロックしてくれる働きもあるようです。

遺伝の薄毛は治せるのか?

薄毛は上記に記している方法で進行を妨げることができます。

しかし問題はここから

薄毛の原因を潰して生活習慣を改善し髪の毛を十分な栄養を与えたとしても髪の毛が太くなった生えてくることはありません。

何故なら髪の毛の生成サイクルは狂ってしまっているので薄い髪の毛が正常な状態になってしまっているので

これを治すには幹細胞を活性化させて細胞分裂を起こさせるしか方法はない。

これを可能にするには振動圧刺激などのなんらかの刺激でシグナルを送るか幹細胞を活性化させる系の育毛剤を効果的に浸透させる必要があります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)