薄毛の原因は母の遺伝?

どうもききです。
今回は薄毛の原因が母方の遺伝であるというお話をしたいと思います。

実は僕自身薄毛ですが母も薄毛なので当初から遺伝ではないかと思っていました。

調べた所によると薄毛の遺伝は父ではなく母から遺伝するそうで正にそのとおりだと思いました。

実際父はフサフサで異常なほど髪の毛が濃いぐらいです。
そして姉も薄毛でした。

髪の毛以外で言うと僕は父よりも母の遺伝子を受け継いでいて姉は父の遺伝子を受け継いでいて父に似ています。

スポンサーリンク

なのに姉弟揃って薄毛ということは母から薄毛が遺伝するのは間違いないと言えるでしょう。

薄毛が母から遺伝するのはわかりましたが実際何が遺伝したのでしょう。

薄毛の原因はジヒドロテストステロンが脱毛因子に脱毛指令を送っているためと言われています。(白血球がバグで自分を攻撃するみたいな感じかな)
ただこのジヒドロテストステロンは男性ホルモンがある限り必ず発生するものです。

しかし大半の人の頭皮はセキュリティが高いためジヒドロテストステロンの自爆命令を受容体が受けつけないため通常薄毛にはならない。

逆に一部の人は受容体がジヒドロテストステロンの影響を受けやすい体質であるようです。
つまり母からその体質を受け継いでしまったということでしょう。

もしくはそれ以前に元から髪の毛が薄い場合もありえる。
女性の薄毛はまた話違うのでなんとも言えませんが男は男性ホルモンがあるので寿命は女性より100倍短いでしょう。

運が悪いことに僕は男性ホルモンも一般の人よりも大きいです。
また角栓遺伝というのもある。

角栓とは皮脂が毛穴に詰まって頭皮に悪影響を及ぼしてしまうというものです。

自分はフケ症なのでその辺も体質ではないかと思います。
遺伝でも薄毛は治せるのか

後から薄毛になったのか最初から薄いのかにもよりますが
治せないことはないんじゃないかと思います。

育毛剤が効かないのは状況にもよるんじゃないかと思います。
角栓で毛穴が詰まってたら効くものも効きません。

角栓を除去しジヒドロテストステロンを最小限に抑えることは不可能ではありません。

それ+αビタミンやミネラルを摂取。
その上で効果的な育毛剤を使っていく。
もうこれにつきますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)