unity androidアプリ リリース準備

どうもききです。

今回はunityでandroidアプリをリリースする手順を解説したいと思います。
まずはkeystoneを作成します。
keystoneとはデジタル証明書のことですね。
これがないとアプリをリリースできません。

まずはkeystoneのパスワードを入力して保存します

一番下の項目にチェックを入れると拡張ファイルと分けてビルドできます。

100MBを超えるアプリはリリースできないのでその場合は拡張ファイルと分けることで100MB以上のアプリをリリースできます。

次にkeyを作成します。

最低以下の項目を埋めとけば作成します。

最後に一番下のパスワードを入力します。
ここのパスワードは上の画像で入力したもので間違えていたらビルドエラーがでます。
Failed to build apk. See the Console for details
と出てビルド失敗します。

次にgoogle developer consoleを開きます。
アプリの作成からリリースの準備をします。

まずはアプリのリリースを選択します。

製品版の管理からファイルをアップロードします。

アップロードに成功するとしたにアプリの情報が出てきます。

+アイコンから拡張ファイルを追加でアップロードできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)