安達太良山で夫婦が遭難。原因不明

福島県郡山市にある安達太郎山の山小屋で高齢者の夫婦が遭難する事故が起きました。

事件の概要

山小屋に「今日は行けません」…夫婦が「遭難」

26日午前8時20分頃、福島県郡山市熱海町石筵の安達太良山の山頂に近い登山道で、

男女2人が倒れているのを登山者が発見。

病院搬送途中に亡くなられました。

死因は低体温症だった

2人は埼玉県新座市の無職男性70歳と妻69歳。

25日昼頃、福島市の野地温泉側の登山口から登り始め、山頂近くの山小屋に宿泊予定だった。

しかし、同日午後5時頃、夫妻から山小屋に「今日は行けません」と電話があり、その際、救助要請などはなかったという。

当日は雨が降っており、気温も低かった。

2人はテントなどの宿泊装備は持っていなかったとのこと

遭難した原因

何故今回の事件が話題になっているかと言うと安達太郎山の登山は比較的優しく低難関であるからだそうです。

遭難することなどほぼほぼあり得ないとされる山で何故二人は遭難したのか。

昼頃に登って深夜までたどり着けないのは謎です。

確かに夜になってしまうと道に迷ってしまうリスクが高そうです。

高齢者なので標高差の気温で参ってしまったと考えるのが自然でしょう。

夫婦は夜間装備を何もしていなかったと伺えます。

テントは持っていなくても最低懐中電灯ぐらいは持ってきていたのでしょうか。

若ければなんとかなると思いますが高齢者だと難易度を考慮して重装備で行くべきだった。

もしくは高齢とか関係なく心霊現象が起こったのかも知れないですけどね。

心霊現象で道に迷ったとか

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました