ワンピース考察元CP9メンバーはシャンクスに処刑された?

ワンピース

ワンピース考察です。

今回は元CP9のメンバーは処刑されたのではないかという話をしたいと思います。

CP9扉絵

ルッチ達はCP0に加入しましたがルッチとカクとスパンダム以外のメンバーはいない。

ブルーノとかカリファとか他のメンバーはどこかへ消えました。

扉絵を見るとルッチが回復してスパンダムに会いに行くところまでは全員一緒だったようですが

その後何が起きたのは描かれていません。

元CP9メンバーはシャンクスに処刑された?

シャンクスは二人いるらしく一人は政府側の人間であるようです。

五老星直属の部下なのでCP0のリーダー的存在ではないかと思われます。

ルッチ達がcp0に加入するにあたり勤まらない人たちは処分されたのかも知れません。

シャンクスのグリフォンによって

ストーリー構想

ルッチ「お久しぶりですスパンダム長官」

スパンダム「わかった話し合おう。お前たちをcp0に入れるように上に口を聞いてやる」

ルッチはその話を受ける。

cp9全員はルッチに賛同しついていく。

スパンダム「ルッチお前は何を望んでいる?何のために政府に属する」

ルッチ「この世界は生きづらい」

「ならば俺が法を作り替える」

「俺が作り俺が定める。俺の法だ」

シャンクス「お前たちがか。p0に加わりたいというのは。」

ルッチ「お前は赤髪の…」

その瞬間ルッチとカク以外全員のグビがはねられ処刑される。

「!!?ッ」

シャンクス「お前達にcp0は務まらん」

カク「今何が?…」

シャンクス「未来視の見聞色」

「お前たちがここに来ることは知っていた。個々の能力も」

「先にグリフォンで斬っておいたんだ。未来を」

グリフォンはトキトキの実で未来を斬ることができる能力。

シャンクスは見聞色で未来を予知し未来の光景をグリフォンで斬ってしまった。

ルッチとカクは未来視の見聞色が一瞬だけ目覚め奇跡的にシャンクスの攻撃を避け確定の未来を変えた。

シャンクスの未来斬りを避けることがcp0の入門試験だった。

ルッチとカク以外は合格できずこの世を去った。

カク「ルッチ…」

ルッチ「弱者は去るのみだ」

スパンダムは…戦闘力0ですがエニエスロビーでの大ダメージによって見聞色が目覚めと予想。

スパンダムもcp0に加入するにたる資格があったのではないかと思われます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました