ほうけい手術おすすめ専門クリニックや注意点(メリットやデメリット)

今回はほうけい手術おすすめの専門クリニックを紹介していきたいと思います。

ほうけい手術を専門クリニックで受けるメリットとデメリット

まずほうけい手術を専門クリニックで受けるメリットやデメリットをお話ししたいと思います。

ほうけい手術は普通の病院でも受けることができ真正包茎の場合は保険適用なので3万ぐらいで済みます。(仮性包茎の場合は保険適用外)

専門クリニックで受けるメリット

専門クリニックで受けるメリットとしては

包茎手術した後仕上がりや後遺症に関係してきますね。

保険適用の場合最低限の治療となるので仕上がりの良さ保証されず

普通の施術なので後遺症が残る場合があります。

後遺症とは主に施術後の尿道の腫れだったり

感度の低下など様々です。

普通の病院の場合裏筋を切除してしまう場合が多いようなので勿論感度が低下してしまうということになってきます。

専門クリニックの場合裏筋を残しす治療が可能で

仕上がりを綺麗にすることができます。

また実績が豊富なので滅多に失敗するリスクは低く

無痛注射が可能なところも多いです。

また吸収糸とナイロン糸が選べ吸収糸の場合自然に体に吸収され抜糸が必要ないので抜糸をスキップできるのも一つのメリットとなります。

専門クリニックで受けるデメリット

専門クリニックのデメリットは費用が高いということです。

真正包茎の場合基本15万円で仮性包茎の場合10万円かかります。

仮性の場合は保険適用外なので普通の病院で受けるメリットはほぼないですが

真正包茎の場合段階によっては費用が高くなってしまう場合もあるので

包茎さえ治せれば他はどうでもいい人は病院で済ませたほうがいいです。

後々のことを考えて仕上がりや感度を気にする人は専門クリニックがおすすめになります。

ABCクリニックの評判や実績

ABCクリニックは専門クリニックで実績が豊富で一番評判が良いとされています。

ホームページで手術費用が明記されているとのことです。

術式が複数あり費用がありクランプ法、亀頭直下埋没法などがあります。

クランプ法はクランプというリング状の器具を亀頭(包皮)に装着しレーザーメスで輪切りにする手法で費用が安く簡単な手術となっています。

デメリットはツートンカラーになって傷が目立ちやすくなります。

亀頭直下埋没法は傷が目立たないようにする手法で費用が高額となります。

評判について

専門クリニックではオプションを進められることが多く費用は10万のつもりが50万~100万になってしまいローンを組まされるケースがあるようです。

ABCの場合カウンセリングや見積りの際にオプションを無理に進めたり恫喝されることがないらしく納得のいく形で治療を受けることができます。

カウンセリング事態は無料でその後診察を受ける場合は5000円ほどかかってしまうとのことです



東京ノーストクリニック

全国展開しているクリニックで近場で受けることができ実績も豊富なので評判は良いです。

最先端の麻酔注射で無痛注射ができるため近場で痛みなく終わらせない人にはおすすめです。