ブログ統計情報

イラストのラノベ塗りやテーマ配色。クリスタ

スポンサードリンク

今回はラノベ塗りとについて話をしていこうと思います。

イラストのラノベ塗りやテーマ配色。クリスタ

ラノベ塗りは現在の塗りのトレンドとなっている塗りかたです
塗りかたは全ての色をややくすんだ色で統一するというルールがあるらしく

彩度が薄めの色をイメージしてチョイスしていくのがよいのではないかと思います。

配色についてなんですが

最初の時点でベースカラーをくすんだ色に設定しておきます。

今回はくすんだ水色を配色のテーマとし配色しています。

一番最初に色を割り振るための基準となる色を設定しておくのがポイントです。

ベースカラーと比べて明度と鮮度が近い色をチョイスしていけば良いわけですが

配色を決める際に一応コツみたいなものがあります。

配色のやり方はベースカラーの明度と鮮度を基準に十字でカラーサークルの点を移動させます。

ベースカラーを選択した状態で別のカラーサークルへ行き

そこを基準に彩度と明度を変えていきます。

暗い色は明度を落とす。

明るい色は鮮度を下げる。

影は彩度と明度を両方上げる。

というのを意識してやります。

肌とか明るい系の色はベースカラーより鮮度が高いとおかしくなります。

一番難しいのは肌ですね。

明るすぎずゾンビにならないぐらいの色をチョイスするのがベストではないかと思います。

 

肌の影は赤色のベースカラーから斜め下に移動させた色となってます。

顔の白系のパーツに関してはベースカラーより彩度が薄く明度を明くるするぐらいが良いと思います。

髪の毛はベースカラーから大分外れた色をチョイスしています。

髪の毛は関しては適当にマッチしたくすんだ色をチョイスするしかありません。

後は髪の毛の毛先の部分は一応肌色のソフトライトを使ってます。

まあ肌ぐらいですね。

難しいのは

他の服とかは彩度が明るすぎない色だったら何でも良いんじゃないかと思います。

後影に関しては水彩塗りで境界線を引いてます。

少し濃い色で境界線を引くと影にメリハリがつきます。

後は今回全部はやってないんですけど

影のカーブは一部ぼかしたりしてます。

後は最後に色調補正のグロー効果を使ってます。

グロー効果はアニメ塗りだとほとんど意味ないんです。

ラノベ塗りだと彩度と明度が押さえられてるんで

若干暗い感じになってしまうんですね。

なのでグロー効果で明るくするとかなりクオリティがアップします。

以上がラノベ塗りとテーマのやり方になります。

スポンサードリンク