ブログ統計情報

イラストは絵のセンスがないと無理なのか

スポンサードリンク

イラストレーターを目指す大半の人が絵のセンスがないどころか壊滅的で逆風感に悩む人が多いと思います。

自分もセンスが壊滅的で逆風ながら10年近く努力してみたので実際センスが壊滅的でも上手くなるのかどうかについてお話したいと思います。

自分はとりあえず模写から始めて人体の勉強をしながらちょくちょくイラストを書いていましたが

6年間血反吐くぐらい絵を描いていましたが全く上手くならず模写すらまともにできない状態でした。

6年目に変化がおとずれて才能?みたいな謎の感覚が舞い降りたのでとりあえず継続

7年目にデッサンを真剣に始めてゲシュタルト崩壊から脱出しまだマシっぽい絵が描けるようになってきた。

8年目に全身を何も見ずにイメージできるようになってきた。

上手いイラストには近づいてきたけどイラストレーターとの力の差は絶対的なものがありプロは諦める。

まあ無理ですね。

最低10年ぶっ続けで絵を描けばセンスが壊滅的でも上手くはなるかも知れません。

しかし才能やセンスがないと絶対に届かない領域があることを痛感しました。

ただイラスト分野のメリットはスポーツと違ってドーピングが許されていることです。

資料でも3Dモデルでも使えるものは使って才能を補う。

しかしそれらを使ったとしても厳しいのは事実です。

答えとしては20年ぐらいかかるでしょう。

センスがない場合の話ですが

スポンサードリンク