ブログ統計情報

イラスト顔の上達法や上手くなるコツや練習法は?

スポンサードリンク

今回はイラストで顔の上達や上手くなるコツや練習法についてお話したいと思います。

人体の中でも顔は割りと難易度が高く上達しにくいパーツでしょう。

顔を諦めてその他の体のパーツや動き色塗りを優先して極める人が数多くいます。

実際無難な顔を書こうと思えばそんな苦労はしないでしょうが可愛さやカッコ良さを意識するあまり余計ぐちゃぐちゃになることが多いです。

自分は10年ぐらい萌え絵を描いてますが結局可愛い顔を描けるようにはなりませんでした。

嫌…無難な顔は描けなくはないんですが

上手い可愛い顔を描くのは不可能で上手い人でも多少作画崩壊してても塗りが上手いからおかしさを感じません。

つまり顔は野球で言う直球や打撃と同じで

天性のものなんで上手くはなりません。

無難に上手い顔は描けるようにはなりますが人間の顔の形を完璧に把握してないと厳しいですね。

あえてオススメする練習方法はデッサンとリアル人間の写真の模写です。

リアル人間を描いても写真ならあんまり意味ないですがデッサンで質感を理解しつつやっていけば徐徐に効果が発揮されます。

リアル人間の写真を完璧に模写できないとデフォルメの顔は無理だと思って良いでしょう。

また顔がぐちゃぐちゃだから顔ばかり練習してしまうのもよくありません。

顔はすぐに上手くなりませんし飛躍しすぎですがデフォルメの顔をマスターするのに50年はかかります。

その他の体を何も見ずに自由自在に動かす練習をしたほうがおそらく早いので

顔は諦めつつ全体的に練習したほうが無難と言えるでしょう。

スポンサードリンク