ブログ統計情報

イラスト手の上達のコツや練習方法

スポンサードリンク

今回はイラストの手の上達のコツや練習方法についてお話したいと思います。

手はシンプルですがなかなか難しいパーツです。

手を上手く描く上達やコツはないんでしょうか。

結論手は手を書く練習しても意味ありません。

理由は手首のねじれ具合や体の体勢など無数のバリエーションがあるため手を書く練習しても意味がないんですよね。

3Dモデルで書くのも良いですがそれでは手首から自然な流れを再現することができません。

ではどうすれば上達するのか。

手を上達させるには手事態の練習をする必要はありません。

デッサンやオリジナルを描きつつかけないともがき苦しみながらイメージして描いていたらイメージだけでいつの間にか描けるようになっていきます。

要は目と技術が追い付けば手の形を描く練習しなくても描けるようにはなるものなんです。

オススメなのは資料の画像の構図をそのままデフォルメしてイラストを描き

手首から指先までよく観察して描くことでしょう。

真剣に手を描こうとするって意識の問題でもあります。

スポンサードリンク