ブログ統計情報

イラスト線画の強弱の付け方やコツ【クリスタ】

スポンサードリンク

今回はクリスタでイラストの線画の強弱の付け方やコツについて解説します。
線画の強弱を付ける目的は二つあり一つは絵にパワー感を与えること
二つ目は絵に立体感を持たせることです。
強弱を付ける目的はだいたい立体感を付けるためです。
線画の強弱で立体感を付けるやり方のコツ
パソコンの画面を証明から見て三次元と見た場合
画面から近いほど線が太く遠いほど薄くなります。
つまり遠近法を意識すれば描けます。
髪の毛の例
髪の毛の場合髪の毛が交差する線のどちらかが太くくどちらかが薄くなります。

コツとしては色を塗った後に遠近法を意識すれば分かりやすいと思います。
ベクターレイヤーを使う
ベクターレイヤーにはベクター幅修正という機能があり部分的に線を太くする機能があります。
これを使うといちいち線をなぞらなくても線を太くすることができます。

スポンサードリンク