ブログ統計情報

ダーウィンズゲーム20巻ネタバレ 遠見の予知(発売日・店舗特典・kindle価格は)

2020年5月16日

スポンサードリンク

今回はダーウィンズゲーム20巻のネタバレ感想を書きます。

アニメのおかけでkindle価格は現在367円とかなりやすくなっており買ってしまいました。

[word_balloon id="unset" position="L" size="M" balloon="talk" name_position="under_avatar" radius="true" avatar_border="false" avatar_shadow="false" balloon_shadow="true" src="https://imaginary.red/wp-content/uploads/2020/03/20200401_170356-300×300.jpg"]ダーウィンズゲーム20巻ではついにゲームマスターが[/word_balloon]

 

 

ダーウィンズゲーム20巻ネタバレ 遠見の予知(発売日・店舗特典・kindle価格は)

[icon name="chevron-circle-right" class="" unprefixed_class=""] 遠見の予知

カナメとシュカは実力を見込まれククリの護衛を任されることになりました。

ククリは鬼の世界のダーウィンズゲームマスターで鬼たちに荒神力を与えている張本人であることが判明。

カナメは元の世界に帰るきっかけを手に入れククリに一時的に元の世界に返して欲しいとお願いします。

ククリはカナメを気に入っており元の世界には返せないが一時的に帰りたいだけなら良いと承諾します。

カナメ達の住む世界に返すのはかなり難しい作業らしく最低でも3カ月は待つことになります。

異世界はパラレルワールドのようなものでカナメ達のいる世界とはそれぞれ別の進化を遂げており

この世界も原型は同じだけど鬼の世界へと進化を遂げたという話のようです。

ククリはカナメたちに見せたいものがあると言い秘密の部屋に連れていきます。

秘密の部屋には予知絵が描かれており東京がグリードに壊滅させられる光景でした。

絵画は100年前に書かれた者らしく遠見の予知と伝えられている。

遠見の予知は一度も外れたことがないらしく東京が壊滅することが確定的である情報を知りカナメは焦りだす。

自分のクランのリュージ達は現在危機的状況であると察知。

[icon name="chevron-circle-right" class="" unprefixed_class=""] シギルの修行

カナメたちはある日鬼の部隊の中佐エンリに連れられてウツロギの修行へと連れてこられる。

神社に到着すると本気のウツロギが襲ってきてエンリは瞬殺される。

カナメとシュカがシギルで応戦しウツロギに一本取り合格を貰う。

ウツロギはカナメとシュカの基礎身体能力は十分と言うことで荒神力のトレーニングを課せられます。

荒神力はカナメの世界でいうところのシギル(ワンピースで言う見聞色とマントラのような感じ)

であり鬼の世界は科学技術はカナメの住む世界より100年後退しているが荒神力はカナメたちよりはるかに強い

力を獲得しておりカナメはその力の秘密を知れるなら願ったりかなったり

カナメとシュカは修行に入る前にある聖水を渡され飲まされることになる。

聖水は超能力の潜在能力を引き出すためのもので飲むと見聞色の未来予知のような状態になる。

カナメとシュカは聖水の効果で眠りにつき夢の世界(過去)で修業をすることになります。

[icon name="chevron-circle-right" class="" unprefixed_class=""] シュカの過去

シュカはかつて友達に騙されてダーウィンズゲームに参加しることになりましたが鎖を自在に操る能力を手に入れ

自分を騙してダーウィンズゲームに引き入れた友達を殺しているようです。

シュカの両親はダーウィンズゲームの元参加者でダーウィンズゲームに巻き込まれて命を落とします。

シュカは両親の仇を打つためにダーウィンズゲームに参加しており両親の命を奪った仇のシギル使いを抹殺した後

自分も命を絶ち両親のもとへ向かうつもりでした。

しかしカナメという愛する人物と巡り合シュカの過去ったことで新たな生きがいを見つけて今に至るとのことです。

シュカは紐状を操るシギルを更に自在に操れるようにグレードアップした。

[icon name="chevron-circle-right" class="" unprefixed_class=""] カナメの過去

カナメは両親と別れて一人暮らしする前の過去の夢を見ます。

ド田舎の祖父の家に連れてこられますが

カナメの祖父は家から出ていったカナメの父を快く思っておら怖い爺さんだったとのこと。

ある日祖父が倉庫で鍛冶で刀を作っているのを目撃し手伝えと言われカナメは鍛冶のノウハウを受け継いだとのこと。

カナメのシギルはオリジナルを超えたより強力な武器を形成できるようにグレードアップした。

[icon name="chevron-circle-right" class="" unprefixed_class=""] 約束の日

カナメは3元ヵ月後に元の世界に戻るという約束をククリと交わしておりついにその日が来た。

カナメとシュカだけでなくシェイランなど他のメンバーも戻ることになります。

異世界に行くには特殊な作業が必要らしく列車に乗って異世界へと渡ります。

道中襲撃者が現れコウウの部隊クラスの荒神力使いが襲撃してきます。

シュカと同じ鎖を操る荒神力使いが現れそこにネクロマンサーが操るゾンビがトンネルの暗闇に入った瞬間

一斉に襲ってきますがシュカは意にも介さず瞬殺します。

鎖の荒神力使いもモブキャラみたいにクビをはねられ死亡しました。

また錬金術の荒神力使いが現れククリの護衛部隊は銃弾を飛ばしますが鋼の肉体を有するため無傷で次々やられていきます。

カナメの世話役を任されていた鬼が錬金術の使いにやられようとした瞬間カナメが登場。

錬金術の使いは鋼の肉体で余裕をかましますがよりパワーアップしたカナメのライフル弾に打ち抜かれ死亡しました。

肉体を貫通しておりその後ろにいたネクロマンサーにまで銃弾が貫通しもろとも撃退。

あまりの過剰戦力であったためククリは顔を引きつらせますが同時に頼もしくも思います。

[icon name="chevron-circle-right" class="" unprefixed_class=""] ゲームマスター登場

ククリはカナメ達の世界に渡るために世界線に干渉しますがそこへゲームマスターが登場

世界線が交わる瞬間であれば別世界に干渉することができるようでカナメ達の乗っている列車に

突如ゲームマスターが瞬間転移していきました。

ゲームマスターは元の世界が窮地であることから一刻も早くカナメの力を借りたいとカナメだけを

連れ去っていきました。

カナメが元の世界に戻るとそこは既に崩壊した東京でした。

まとめ

相変わらず話が難しすぎて理解が微妙でしたが楽しめました。

元の世界はカタストロフィー状態でここから第二波があるのかもしれません。

やっぱり毎回思うのはバトルが面白いですね。

シュカが過剰戦力すぎてビビりました。

スポンサードリンク