ブログ統計情報

鬼滅の刃192話193話ネタバレ確定

2020年4月4日

スポンサーリンク

鬼滅の刃192話193話ネタバレ確定

192章:循環条件(缘)。夢で見た運命を通して、丹次郎はその日の呼吸の微妙な欠点を理解しました。手首の角度。12のブレスブレスオブザデイが接続されると、13番目のフォームが形成されます。Carbon Zhilang:元李と父の才能がなく、夜明けまで私の人生が続き、上司の逃亡を止める方法がわからない。しかし、私は最善を尽くすことができる、自分自身を燃やす、あきらめない、あきらめない-

第192話 廻る縁(えにし)

炭は倒れている間のことを思い出していた。
炭(何百回と説明を受けることに加えて、正解の型を一度見せてもらえると理解度が格段に変わる。自分の無駄な動きに気づけた。)

炭吉の目を通して縁壱を見ている。
(縁壱さんは物静かで素朴な人だった。すやこさんが型を見たいと言ったら見せてくれる優しい人で、炭吉さんはひとつも取りこぼさずその瞳に焼き付けた。

日の呼吸は息を忘れるほど綺麗だった。剣を振るう時縁壱さんは精霊のように見えた。

すやこさんや子どもたちは喜び縁壱さんは照れていた。
そして別れ際耳がざりを炭吉さんにあげた。もうここには来ないんだと思い、涙が出た炭吉は叫ぶ「後に繋ぎます。

貴方は価値のない人なんかじゃ無い!耳飾りも日の呼吸も後世に伝える!約束します!」息を切らし涙が流れる。

縁壱は振り返り満面の優しい笑みで「ありがとう」

今の炭の場面に戻る
縁壱さんこそ祖先を助けてくれてありがとう。逃してくれた珠世さんの協力で無惨を追い詰めることが出来ました。

十二個の日の呼吸は驚く程正確に伝わっていました。
十三個目の型について、型の名前で気になっていた事がある。

円舞から始まり炎舞で終わる順番で十二個のヒノカミ神楽を思い出す炭
円舞と炎舞同じ音の技名、父さんは夜明けまで神楽を踊っていた。そして無惨の体の作りを見て確信した
恐らく十二個の型を繰り返し舞うことで十三個目の型になる。

脳と心臓を切り続けるんだ、夜明けまで。
縁壱さんに出来なかったことが自分に出来るんだろうか?

それでも今の自分に出来る事を精一杯やる。心を燃やせ負けるな折れるな)
無惨の触手が炭を襲うが刀で応戦する。その姿が自分を追い詰めた縁壱に見えてくる無惨「亡霊が!」

炭は攻撃を避けきれず一撃くらってしまう
炭(そうか、みんながやられた理由。背中九本の管と両腕、それを上回る管を八本腿から出して攻撃しているんだ)