ブラッククローバー最新話155話感想考察

どうもききです。
ブラッククローバー155話感想を書きたいと思います。
今回またまた作画崩壊になってます。前よりはまマシすが。
前回アスタがリンチにされてましたが人格を乗っ取られたと思われたユノが
助けに来てくれました。どうやら転生は完了しているが人格を乗っ取れないみたいです。
本物のリヒトも転生を完了しているが前世のダメージで意識が復活しません。
どうやらアスタが使ってる剣がリヒトの剣だったみたいです。(というかリヒトだれに転生してるん?)
勝手な考察ですがグリモワールは所持者が死んだらまた別の奴に継承するのかもしれません。
(悪魔の実システムに近い感じの)そしてそれが転生先になるのでしょう。
なんで剣魔法がアンチ魔法になってるか不明ですが、アンチの剣持ってるからリヒトだけ転生できないような気がします。たぶん今アストラル状態なのかもしれません。
最後はアスタとユノが共闘して返り討ちにしました。以外にあっけなかったです。
以上感想でした。

ワンピース最新話903話感想15億の賞金首

どうもききです。
ワンピース903話感想を書きたいと思います。
前回やっとビッグマム編が終了しお決まりの世界のお話が始まりました。
今回やっとレヴェリーが始まるわけです。まだ始まってないけど王族を護送中です。
王族が海賊に拉致られただけでサカズキぶち切れします。
ドレスローザの王は無視してたけど王が一人欠けるだけでもめんどくさいことになるみたい。
ビビとかドレスの王とかリュウグウの人とかも参加します。
一方ルフィは懸賞金は1億5000万に下がってびっくりしてましたが、
よく見たら桁が一つ違うとかで15億になっててみんな目玉飛び出てましたw
あと黒ひげとシャンクスもちらっとだけでる。
タイトルの5人目の皇帝はルフィのことで四皇が五皇になるみたいな話をしてました。
そろそろ四皇の懸賞金が知りたいところです。ルフィが皇帝入りするってことは
20億前後が四皇の基準なんですかね。
以上感想でした。

食戟のソーマ最新話261話反逆の天使感想

どうもききです。
食戟のソーマ261話感想を書きたいと思います。
今回ついに薊がえりなのスペシャリテを実食。
えりなは司と竜胆をうならせた料理をさらに一工夫を加えます。
その工夫とはソーマが1話で作ったふりかけと全く同じものをふりかけます。
しかし薊はどんな品でも認めるつもりはない模様。かつてえりながソーマを失格にしたように
味とか関係なしに不味いものは不味いといいはります。しかし食った瞬間(ばかな…旨い…だと!?)
となり非常に険しい表情になります。そして過去を振り返ります。
やはり城一郎がパワーダウンしたきっかけになった雑魚料理人の嫉妬と金持ちが許せないがためだけに大変革をおこそうとしてるんですね。
物語も終盤ですが薊の深刻な悩みが全く共感できない。
もっと壮大な過去話はないのかね。
以上感想でした。

WordPressリンクのやり方

どうもききです。
今回はWordPressのリンクのやり方を解説したいと思います。
まずテキストエディタを開いて

<a href=”サイトのURL”>省略したい文字</a>
で可能です。
このサイトだと<a href=”https://imaginary.red/wordpress%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e3%81%ae%e3%82%84%e3%82%8a%e6%96%b9/”>省略したい文字</a>

省略したい文字

ビジュアルで入力するとただの文字になってしまうのでテキストで入力しましょう。また
リンクだけを張り付けて

WordPressリンクのやり方

でもいい

進撃の巨人25巻感想ネタバレ注意

どうもききです。
進撃の巨人25巻感想を書いていきたいと思います。
今回の巻で全ての真実が明かされます。
そしてエレンがライナーたちがやったのと同じように民間人を虐殺していきます。
衝撃的な巻でした。前巻前々巻は読むのがちょっとしんどかったですが
久々の神回でした。では内容を書いていきたいと思います。

歴史の真実について

今回この漫画の全ての真実が明かされます。
その真実をひとつずつ解説していくとまずエルディア帝国は巨人の力を使って世界を滅ぼしました。
ここまでは本当でエルディア人が悪いです。そのあと敵がいなくなったエルディア人は味方同士で殺し合いを始めます。そこを狙ってマーレ族がエルディアを壊滅させたってのが嘘の真実になります。
真実はエルディア帝国の王自らがマーレがエルディア帝国を壊滅させるように誘導したようです。
その後王はエルディア人の一部を壁の中に移動させ安息の地を築き不戦の契りを生み出しました。
不戦の契りとは王家の血筋の人は始祖の巨人の力を継承してもその力を武力行使できないってやつです。
王は戦争はしないけどマーレが復讐してきても殲滅を受け入れると言い残しました。
始祖の巨人の能力は巨人を操れるもので超大型巨人を大量に呼び寄せて操れます。
そのため始祖の巨人がその能力を使った瞬間人類は終了します。しかし不戦の契りで始祖の継承者はその力を使用できません。同時に王家の血筋以外が始祖を食ってもその力は発揮できない。
世界は平和だから壁の奴らとの戦争は無意味ですよっていうのがこの物語の真実でした。
しかしイレギュラーが発生しエレンが始祖の力を使えたのでやっぱり戦争ってことになりました。
まあ悪いのはグリシャだけど結局壁の人間は滅びる運命にあったのかもしれません。

エレンについて

エレンは海を渡ってマーレの国に潜入しました。そしてライナーと再会しあの時のことはライナーにも事情があったと理解し全てを許すと和解しました。でもやっぱり殲滅はするらしい。この話が解決するにはエレンが死ぬしかないのでまあ全部駆逐するしかないですね。でもただ復讐をしにわざわざ海を渡ってきたってわけでもなさそうです。そしてまず手始めにタイバー家の当主を食いそのあと住民を殲滅していきます。
まさか主人公が女子供までって感じでした。その辺はまた新鮮味があって面白かった。

戦槌の巨人について

今回ついに姿を現したタイバー家が継承している戦槌の巨人ですが正直かなり強かったです。
能力は遠隔操作でうなじどころか巨人の中にはおらず別の場所で隠れて生み出すことが可能です。
自身のいる座標とは別の場所に生成できるしそいつ事態の戦闘力もかなり高いです。
九つの巨人のなかでも最強クラス。

今回はかなり鳥肌が立つ巻でした。22巻がこの漫画のピークでしたがライナーを主人公にした視点から始まりまさかここまで面白く立て直すとは思いませんでした。
そして最後にジーク隊長到着。激戦が再び始まります。

冴えない彼女の育てかた 澤村・スペンサー・英梨々 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア紹介

どうもききです。
今回はオススメのフィギュアの紹介をしていきたいと思います。
こちらが今回紹介するフィギュア冴えカノ フィギュア沢村えりり7/1スケール
製造元はグッドスマイルカンパニーになります。
5月から再販版が販売され今は1万ぐらいで購入可能になっています。
このフィギュアは二年前ぐらいに購入したものでかつては3万ぐらいまで価格変動をおこした
伝説のフィギュアの一つに数えられます。
造形は完璧ですがアニメに比べてちょっと人形よりって感じ
上着は何故かつかなかったのでシャツのまま飾ってます。
体のライン足のエロさなんかはもう最高です。
自分は昔二万で購入しましたがそんな後悔はしませんでした。
今は1万で購入できるので大変リーズナブルな金額だと思います。
以上で紹介を終わります。

WordPressでcssの簡単な挿入方法

どうもききです。
今回はWordPressでcssを簡単に挿入する方法を解説します。
まずはテキストエディタを開いて

<p class=”color1″>WordPressのcss編集</p>

みたいな感じで入力します。
次に外観css編集をクリック

そこでさきほど入力したcolor1クラスに効果を与えます。

WordPressのcss編集

こんな感じです。割と簡単だったでしょう。

食戟のソーマ最新話260話感想

どうもききです。
食戟のソーマ260話感想を書きたいと思います。
今回えりなのスペシャリテが登場します。その料理とは親子丼で見た目は親子丼じゃないですが米と肉と卵を使っているのでぎりぎり親子丼といえるみたい。
その料理の驚くべきはゲテモノ料理を神料理に変換させるというものゲソピーとか幸平のゲテモノ料理を美味に変身させました。
ゲソピーをつかうことで幸平の料理を食べた後に食べると美味が最大値まで上がるらしいです。
司と竜胆はうならせましたが、薊はそれでもゴミ料理と言い張ります。
次回決着になりそうです。てかもう終わりそうですねこの漫画事態

ワンピース最新話902話感想

どうもききです。
ワンピース902話の感想を書きたいと思います。
今回でやっとビッグマム編終了となります。
ルフィたちはジンベエやジェルマが足止めしているすきに縄張りから脱出しました。
ビッグマムが完全復活したので縄張りの中の連中は多分抹殺されるのでしょう。
一方プリンはサンジと分かれる間際サンジからプリンの記憶を抜き取って礼をいってからさっていきました。
あとはカタクリの過去話だったりとかですね。
最後にサンジが飯をだして終わりになります。
長かったビッグマム編もついに終わりました。
結局ジンベエは仲間になったけどパーティから離脱してしまいました。
そこだけ残念でした。

次の編もまた10年ぐらいかかるのかもしれません。
たぶん次の話は海軍とか黒ひげとかそれぞれの勢力の話になるのではないかと思います。
だいたい編と編の間の話が一番面白い気がします。
長すぎたら読むのめんどくさくなってきますからね。
今更カイドウ出てこられてもあんま新鮮味はないかもしれません。
もうボスだけでいいって感じがしますね。

ブラッククローバー最新話154話感想

どうもききです。
ブラッククローバー143話感想を書きたいと思います。
扉絵の時点で絶望します。なんとユノまでもが敵になってしまいます。
というかアジトにいったほとんどの兵士がエルフに乗っ取られてしまいます。
アスタはメレオレオナを救出しましたが逃げきれず一人ライアに連れていかれました。
そしてエルフ全員にリンチにされます。

しかしあきらめず俺は魔法帝になるみたいな決め台詞を吐きます。
その瞬間ユノが味方に戻りアスタを助けます。
転生魔法は解けていませんがエルフに乗っ取られず助けに来てくれました。
自我が残っているというより前世の記憶みたいな感じで助けに来てくれたのかもしれません。
久しぶりに鳥肌がたつシーンでした。