ブログ統計情報

終わりのセラフ19巻ネタバレ感想 四鎌童子覚醒

2020年5月16日

スポンサードリンク

どうもききです。

今回は終わりのセラフ19巻のネタバレ感想を書こうと思います。

[metaslider id=5644]

今回の話はシノアが四鎌童子に乗っ取られて真祖である四鎌童子は完全覚醒。

シノアの体を使って暴れたい放題という内容になります。

シノアは自らの心を硬い扉で閉めていましたが優が好きでその恋愛感情=欲望を一瞬でも抱けば四鎌童子に乗っ取られてしまいます。

四鎌童子はシノアの心につけこんで乗っ取りに成功。

シノアの体は鬼に侵食されていき早急に鬼化を止めないといけないと全員焦りだします。

タイムリミットまでにシノアの鬼化を止めないといけないプラス鬼になる前に殺さないといけないという究極の選択に迫られます。

そこへフェリドが現れて鬼化を止める方法を知っているといいます。

クローリーさえ知らない極秘情報に期待しますがフェリドが言う鬼化を止める方法とは鬼化する前に殺してしまうこと…

正に最適解という感じで即効シノアに手を下そうとしますが手遅れで

フェリドは四鎌童子に瞬殺されてしまいます。

フェリドは四鎌童子に吸血鬼達を作った理由を問い死にたくても死ねない地獄を訴えますが返答はなし。

クローリーも参戦しますが次元が違いすぎて手も足も出ない。

フェリドはとりあえず逃げることにしました。

四鎌童子の覚醒は全ての吸血鬼達に神の伝達の如く知れわたり

斎藤とか第二位の最強クラスがやってきます。

スポンサードリンク

漫画

Posted by kikiblo637