オープンワールドを作成できるアセットSECTRCOMPLETEを紹介【unity】

どうもききです。

今回はunityのアセットSECTRCOMPLETEを使ったオープンワールドの作り方を紹介したいと思います。
構造としては空間を分割して一つの空間以外のオブジェクトを非表示にする
空間と空間をつなぐポータルというゲートをつくりゲートをくぐるとくぐった先の空間を表示して前の空間を非表示にします。
上手く分割すればスマホでもオープンワールドが作成できます。
それでは使い方を解説していきます。
まず上のメニューからcomponent→SECTR→COREと順に開きます。
その中のSECTRsectrをクリックすると選択中の空間一つのセクターをつくります。
緑色の線で囲われた空間が一つの部屋になります。
次にSECTRportalを選択します。

すると次のメニューが出てきます。RedraPortalをクリックすると緑色の点がでてくるのでゲートにしたい場所に四角の面を作ります。

これでセクターとポータルが完成しました。


次にさっき作ったポータルのインスペクターを開き出入口に設定したいセクターをそれぞれ入れます。
これで準備は完了しました。

最後にこのコンポーネントをカメラに設置すれば不必要な部分をカットしてくれます。
これを使えばオブジェクトを大量に配置してもだいぶ軽くしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)