大植良太郎はパチンコ店の経営者でヤクザだった。出身高校は?

ニュース

覚せい剤取締法違反で保釈がとりけされた男性が護送車両から逃げ出すと言う事件が起きました。

逃走したのは大植良太郎被告42歳とのことで現在大阪市を逃走中。

今回は大植良太郎被告の出身校や生い立ちについて迫っていきたいと思います。

大植良太郎出身高校は

高校はおそらく行っていないのではないかと思われます。

42歳で覚せい剤で捕まっているので恐らく前科などもあると思います。

中卒でヤクザなどに関わり薬物などで金もうけをしていたと思います。

一度刑務所に入っているにではないかと考えられます。

彼の名前が出てきたのは今回が初めてでなぜ薬物で捕まった人間が実名報道されなかったのか謎です。

スポンサーリンク

大植良太郎はヤクザでパチンコ店の責任者だった

遊技機取扱主任者 大植良太郎となっています。

経営者なのかシノギを任されていたのかはわかりませんが

まあヤクザだったみたいですね。

ヤクザにで薬物を進められると断れないと聞きます。

それで薬物中毒者になったのではないかと。

大植良太郎の前科

現在はヤクザから一般人になっているのではないかと思います。

だから今更覚せい剤で捕まったのかも…。

という確実に一回捕まっていますね。

おそらく脱税か何かでしょうね。

パチンコ台店が脱税で捕まるというのは珍しくありません。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました