ワンピース965話ネタバレ感想 カタクリvs黒ひげ海賊団

ワンピース

今回はワンピース965話のネタバレを書こうと思います。

ワンピース965話のネタバレ感想

今回の話は黒ひげ海賊団がホールケーキアイランドに到着して

留守番をしているカタクリと黒ひげ海賊団のバトルになる。

全戦力がそこに集結する。

ラフィット&バージェスvsカタクリ

バージェスとラフィットが先に到着

バージェス「ウィーハッハっ最後のチェスの兵士を落とさないといけないのかうんざりだぜ」

ラフィット「確かにこれは私たちが探し求めていたものです。チュリオのおかげで忍び込むことができました」

門の扉をぶち破ろうとするバージェス

バージェス「ガレオン砲」

その瞬間カタクリが登場。

カタクリ「ママが戻ってくるまでおとなしくしていろ」

ラフィット「その前に逃げさせていただきます。」

ラフィットが謎の攻撃を仕掛けますがすかさずかわす。

最初はラフィットとバージェスの二人ですが二人だけでは全然勝てない…。

スポンサーリンク

シリュウvsカタクリ

そこへシリュウが登場し一騎打ちになる。

シリュウ「俺ら全員に一人で勝てると思ってんのか?」

カタクリ「一人でも三人でも同じことだ。戦力差は変わらん」

シリュウとカタクリの実力はほぼ互角。

スケスケ覚醒してますね。

シリュウを援護しようと他の団員が二人の戦いに割って入ろうとしますが意にも介さない。

オーガーの弾丸がカタクリの顔面にヒットしますがノーダメージ。

実際カタクリはロギアじゃないから関係ないですがそもそも彼らは覇気を使えるのか?

ほぼカタクリとシリュウの戦いでした。

援護するどころか邪魔にしかなってない…。

そいつら全員相手にカタクリは互角の戦いを繰り広げていたことに驚愕です。

オーガーとバージェスはルフィのパクリ技で瞬殺される始末。

スポンサーリンク

カタクリ敗北

カタクリ「伝説の凶悪海賊団と期待していたが期待外れだ」

「これが黒ひげ海賊団の実力か?貴様その程度とはリーダーの実力も知れている。」

シリュウ「話を勝手に進めるな後悔するぞ」

そこでラフィットはブリュレを人質にとるという卑怯な真似をされる。

ブリュレを助けようと油断した瞬間バージェスのラリアットによって沈められました…。

ブリュレはカタリーナが九尾の能力で変身した姿だった。

そしてブリュレはもうこの世にいないと思われる。

後はリンチでマゼランの二の前に。

カタクリは門番の役目を果たせず倒れる。

バージェス「ガハハこいつ口がさけてるぜ」

そして黒ひげと他のメンバーも到着

サンファンウフ「グビっこのビスケット不味いな」

黒ひげ「後でこいつらの能力を選別して奪う必要があるな」

黒ひげは最終的にビッグマムを倒し能力を奪うつもりでいるようです。

というのがワンピース963話の内容でした。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました