ブログ統計情報

  • 1,517,726 アクセス

クリック単価が低い理由と報告しかない理由。クリック単価が激減した際の試行錯誤

2019年12月7日

スポンサーリンク

どうもききです。

今回はアドセンスでクリック単価が低い理由と報告しかない理由クリック単価が激減しているという話をしたいと思います。

クリック単価が低い理由

クリック単価が低い理由は一般的にジャンルが悪いか広告主の影響か誤りクリックが多いか成果を生んでいないの4つです。

クリック単価はジャンルによって変動するようです。

クレカや美容などアフィリエイトに使えるジャンルはクリック単価が高いようです。

そしてエンタメ系アニメ漫画ゲーム芸能ニュース映画などのジャンルは低いとのこと。

ゲームジャンルは単価が2円のようです。

しかしエンタメ系でも20円は言ってるという人もいますし高単価ジャンルでも低いと嘆く人もいます。

誤クリックが多いとスマートプライジングという機能で単価が下げられてしまいます。

スマートプライジングは1週間単位で変化しているとのこと。

なら誤クリックを減らせばいいのかと言えばそうでもないようです。

アドセンスはクリックさえされれば成約がなくても(クリックして商品を購入したかどうか)報酬を得られるという素晴らしいビジネスですが

結局成果がなければ(購入されなければ)単価が下げられてしまうようです。

ジャンルがどうこうより検索ユーザーに愛されるブログでなければダメなのです。

また高単価のジャンルでクリックされれば良いという問題でもないようです。

実際自分も育毛ジャンル(超激戦区)で150記事ぐらい書いてクリック単価は10円でした。

また料理ジャンルの人はしばらくクリック単価がゴミでやっとクリック単価が莫上がりしたようです。

高単価ジャンルでクリックさえされれば良いという問題でもないのでしょう。

クオリティの高いブログで成果が出せなければ単価は上がらずまた認められるまでそれなりに時間はかかるのかと思われます。

クリック単価を上げるには高単価ジャンルの記事を書かなければいけないことはわかりました。

しかし今から現在運用中のブログで高単価ジャンルに挑戦するのはどうなんでしょう。

例えば現時点でエンタメ系アニメとか映画の人がジャンルを変えてもクリック単価を変えることはできません。

何故ならGoogleにエンタメ系と認識されており成果が出せていないので

後からクレカジャンルのブログに変えてクリックされても単価は変わらずでしょう。

もう一度一から高単価ジャンルでブログを作り直しアドセンスに合格するほうが早いです。

もしくは全記事消して一から高単価ジャンルの特化ブログを構築していきGoogleに高単価と認められるまで待つという荒療治が必要です。

また何のジャンルであれ成果が出せなければ単価は低いのだと思います。

また誤クリックを減らせば良いというものではなく検索ユーザーの満足度が高くクリックして購入してくれるぐらいの素晴らしい記事でなければダメです。

記事の満足度がアドセンスの成果に比例するのかの因果関係は謎ですが

その辺はもう才能や運なので成約など成果を出せないならクリック単価は下げられてしまうので

その場合はもうとにかく莫大なアクセスを稼ぐしかありません。

クリック単価が低い理由報告しかない理由

結論から言うともうGoogleに報告するしかないみたいです。

報告したところで広告主の影響や誤クリック成果が出せていないから単価が下げられているという答えしか返ってこないみたいですが

実際単価が戻ったという人もいるみたいです。

ただ報告するということはもう一度審査に出す感じになるのでアドセンス剥奪されるリスクはありますし解決しない可能性もあるのでハイリスクではあります。

しかし誤クリックを減らし時間を待ちあれこれしたところで結論クリック単価が改善されることはありませんでした。

ちなみに主は剥奪が怖いので報告はしていません((( ;゚Д゚)))

ちなみにニューストレンドで月10万に到達する場合1日1万pvで可能とのことでクリック単価が5円や8円とかだと1日3万pvは必要かと思われます。

昔ならともかく今のアルゴリズムで1日3万pvはかなり厳しいです。

やはり報告か一からブログを作りアドセンス合格するしかないでしょう。

もしくはもう諦めて莫大なアクセスを稼ぐ方法を模索するかしか無さそうです。

クリック単価が激減した後の様々な試行錯誤

7月辺りから単価が激減しておりtwitterで2円と嘆いている方が多く見られます。

自分もクリック単価が5円~9円を推移しており落ちていく一方です。

その際に様々な試行錯誤をしました。

自動広告

アドセンスが自動広告を推奨しており自動広告をすれば単価が上がるとのことampにすれば単価が上がるという噂を聞き自動広告とampを設定しましたがあり得ない場所に広告が配置され

クリック単価は更に激減しました。

ampは関係あるのかわかりませんが効果はありませんでした。

広告のブロック

単価が安い広告が沢山出ているとのことで安い広告をブロックすれば単価が上がるとのことですが広告ブロックはお勧めしません。

何故なら高い広告は十分回表示されており高い広告はスルーされて低い広告しかクリックされなかっただけの話なんですよね。

また単価はオークションによって決まっておりブロックしないほうが間違いなく良いです。

ブロックしたら一瞬は上がりましたがその後えげつないことになりました。

しかしブロックをしようがしまいが低い単価は改善されませんでした。

アンカー広告やヘッダー広告

ユーザーの目に見える位置に広告を配置すれば単価があがるという噂があり試してみましたが

あんまり変わらずうざいだけでした。

誤クリックが増えるだけです。

リンクユニット

テキスト状の広告で二回クリックされなければいけないというものですがクリックが成立すればとても高いと有名です。

しかし現在は単価が0円でメリットは0とのこと

まとめ|クリック単価が低い理由は広告主や季節や飽和ではない

最近クリック単価が下がってきており決済期である9月も激安で最も高い12月もこの有り様。

Googleは誤クリックや広告主が原因と言い張りますが個人的にはそうではないと思います。

また近年ブロガーが非常に増えており飽和状態だから単価が下がったという意見もあります。

しかし大半のブログは圏外でクリックすらされないでしょうしyoutubeのほうが飽和です。

単純にGoogleが成果がないブログは単価を下げるというシステムになってしまったのだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク