googleキーワードプランナー制限解除条件【2018】とppc広告の実態

どうもききです。
gooleキーワードプランナー制限解除について記事を書きたいと思います。
既に知ってる方も多いかと思いますがgooleキーワードプランナーとは月間検索ボリュームを検索できるサービスです。

gooleキーワードプランナー、googleアナリティクス、webマスターツールなど
ブログで集客するうえで欠かせない三種の神器の内の一つです。

無料版では100~1000とか曖昧なデータしか見ることができません。
実際に制限を解除してみたら天と地の差があります。
100~1000ならだいたい半分以下で200ぐらいが多いと思います。
100~1000で100を下回ることはないので安心してください。
最低600ぐらいならまだ救いがあるんですが一か月の検索ボリュームわずか200のために
沢山のライバルと戦ってなんで命削ってブログ書かなあかんねん(笑)ってなりますよね。
狙うなら検索ボリュームが多いキーワードです。

まあそれがわかったから何がどうなるわけでもないんですが
今力を入れている記事。労力をかけている記事(漫画の感想とかだったらたいした労力じゃありませんが)が
需要がある記事なのかどうかがとても重要です。
とても役にたつ記事でも一か月の検索が10とかだったらしゃれになりませんよ。(検索トップなら少なくとも意味はあります)
なので詳しいデータを得る必要があります。

もう一度いいますがそれがわかったから何がどうなるわけでもないです。
穴場なんてありませんから。
ただある程度の今後の方針を決めるためには必須です。

有料版にするには広告を出稿して実際にクリックされて費用が発生すれば見ることが出来るようになります。
だいたい百円以上払えば制限が解除されるようになります。
なので早速なんでもいいからppc広告を出して数百円払ってすぐに制限を解除しましょう・・・・・

って言いたいところなんですがそれがそうもいかねーんですよ(+_+)

広告を貼るには審査が必要なんです。審査して低品質なコンテンツは不承認になります。
つまり広告を表示してもらえません。(なんぼ金払ってもね)

さらにゲスい話をしますね。googleはブログ主がお金を払うことで上位表示の枠を作ってあげて広告で宣伝してあげる
っていうシステムをつくってますが心の底ではgooleは低品質なブログを上位に表示させるのは死ぬほど嫌なんです。
なんぼ金払ってもらおうがgoogleシステムの均衡が崩れるリスクを考えたら害でしかないですよね。

なのでできるだけ目立たないようなところに上位表示します。
恐ろしいことにクリックされなくても検索結果に表示されただけで費用が発生します。
全く意味ないですよね。高品質でキャッチコピーがよければいいんですが(捨て金になります。)150円ぐらいに設定しておくのがお勧めです。

で審査なんですが最悪一週間近くはかかります。Adsenceほどえげつなくはないのでさすがに数日で審査に通ると思います。

審査に通ったら広告が表示できるようになりますがまた問題が発生します。

学習中とかよくわからないステータスが表示されて予算がすくないと無駄に表示するための計算をしだしてさらに時間がかかります。50円とかだと正直+4日ぐらい待つことになります。

で無事広告が表示されてクリックされて100円超えたらようやく制限なしのキーワードプランナーが使える最低条件になります。

その前に言い忘れていましたが実績が見れるのは過去一日前までで当日のデータは除外になります。当日に100円超えても次の日になってデータが更新されるまで使えません。

で次の日データが更新されました。張り切ってキーワードプランナーで検索ボリュームを検索しました。

 

ハイ使えません。

あれ?・・・・・

実はすぐには使えないんです。その日の夕方ぐらいになってやっと使えるようになります。

この辺正直よくわからないですね。個人的には200円はほしいですね。100円だとなんらかの不具合が発生するかもしれません。

個人的なデータですがクリック実績は全く関係ありません。金さえ払えば使えるようになります。

1000円の費用が発生したのに一回しかクリックされてないから制限は解除できないなんていう下衆な話はないので安心してください。

またこの画像見てもらえばわかると思いますが後から広告停止しても使えるのでご安心ください。

すぐに制限を解除したい方、残念ですがなんぼ金払おうがすぐには使えません。

一週ぐらいで使えるようになるとは思うので焦らず待ちましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)