漫画感想ブログ

HOME

賭ケグルイ双1巻ネタバレ感想本編より面白い件

どうもききです。

今回は賭ケグルイ双1巻のネタバレ感想を書こうと思います。

賭ケグルイ双は賭ケグルイ本編の番外編で早乙女芽亜里が主人公で

夢子が来る一年前の話。

その時点で既に桃喰綺羅莉は生徒会長になっているわけですが

生志摩妄などはまだ生徒会に入っていない時期で生徒会の

前任者がいることになります。

芽亜里は特待生で百花王学園に入学しますが他の人間は全員金持ちで

平民の芽亜里はミケ(家畜)にする格好の的となりました。

しかし芽亜里はこの学園でギャンブルすることで恐るべき才能を発揮

することとなりその才能は当時の生徒会前任者目につけられ

芽亜里は生徒会の構想に巻き込まれていくことになります。

花手毬つづらとの邂逅

芽亜里のかつての小学校のクラスメイトであり親友?

芽亜里はつづらから百花王学園学園の制度を教えられる。

この学園ではギャンブルが認められておりギャンブルの強弱だけですべてが決まる。

毎月上納金10万を生徒会に納めなければならず払えなかったものはミケ(家畜)に

されてしまう。

つづらの家は金持ちでありながらギャンブルの餌食となりミケにされてしまう。

芽亜里は彼女を救うべくギャンブル地獄に足を踏み入れることとなる。

芽亜里は最初クラスの支配者愛浦心に勝負(ギャンブル)を挑まれる。

時短大富豪

ギャンブルの内容は普通の大富豪をスピーディにしたもの(革命とかもなにもない)

この大富豪ではランダムな五枚の手札のみで勝負しペア無しで毎回一枚

のみ出すことができる。手札を先に使い切った方が勝ちとなる。

ただし一つだけ特殊ルールがありジョーカーは最弱の3に負ける。

相手が3を持っていた場合ジョーカー切りはできないということになる。

最初芽亜里は駆け引きに慣れておらず最強カードの使いどころを誤り

いつの間にか20万負けることとなる。

芽亜里は借金を負い家畜となったがその後つづらが50万貸してくれ

再び愛浦とギャンブルすることとなる。

愛浦はイカサマをしており透明な赤外線塗料によって裏から相手のカードを

知ることが出来る。

芽亜里は愛浦が自分のカードを全て把握していることを逆手に取り

3のカードをつづらに渡し自分は4枚のみカードを持っていると相手に

思わせ5枚目のジョーカーを二枚重ねて隠していた。

愛浦は5枚目のカードを3だと錯覚し敗北する。

この勝利をきっかけに二人は真の友達となりつづらとタッグを組んで

この学園で上り詰めることを宣言する。

絶対強者聚楽

この学園で上り詰めるために芽亜里が最初に考えた計画は自らの賭場を持ち運営すること

そのためにこの学園で最も人気のない賭場に行きギャンブルで奪い取ることを計画する。

芽亜里はその賭場に行きそこで賭場の管理人戸隠にギャンブルを提案しようとした時

生徒会風紀委員長聚楽幸子が登場する。

賭場を運営するには毎月50万生徒会に払わないといけないらしく聚楽は運営費の取り立てに

来たとのこと。

運営費を払えないのであれば賭場は没収言われますがそこで芽亜里が聚楽に自分が新しい賭場の

管理者になることを提案する。

聚楽は運営費さえ払ってくれれば別に構わないというが戸隠は自分の賭場を手放せないらしく

自らの賭場を賭けてギャンブルとなる。

スリーヒットダイス

ギャンブルの内容は1から3をdown(D)4から6をup(U)とし

連続する三つの出目を予想するというもの。

無限にダイスを振っていき途中で連続する出目が先に出た方が勝ちとなる。

確率的にDDDやUUUの連続した出目は一番出にくいと予想し芽亜里UDNを書いて提出します。

しかし7投目であっさり敗北してしまう。

当然イカサマをされており戸隠が書いた出目と戸隠が勝つ出目をディーラーにすり替えられており

戸隠は自分で提出した出目ではないが買ったので黙認していた。

このゲームがジャンケンのような三すくみになっており例えばUDUの役に対してDUDの役は勝ちやすいとのこと

この仕組みに気づいた芽亜里は除光液でUに見えるようにDを書きました。

勘違いしたディーラーは逆に負けやすい役にすり替えてしまい戸隠の敗北となりました。

賭場解説

芽亜里は賭場の管理人となり早速自分がギャンブルを作ります。

しかし賭場を運営したからといって何もしなければ向こうから客が来るわけではありません。

客を呼ぶには宣伝が必要です。

そのために学校にチラシを貼り芽亜里とつづらはメイド服を着て色仕掛けすることで

見事客を呼ぶことに成功する。

魔法のダイス

芽亜里が考えたギャンブル。

ギャンブルの内容は特殊サイコロを使って振った出目の強弱で勝敗を決めるというもの。

黑、白、赤の三つの特殊サイコロを使う。

黒のダイスは3、3、4、4、8、8

白のダイスは1、1、5、5、9、9

赤のダイスは2、2、6、6、7、7

と分かれている。

客が先にサイコロを振りディーラーが後からサイコロを振る。

本当に種も仕掛けもないがこのギャンブルで勝てる確率は

芽亜里いよって計算しつくされており負けることもあるが

最終的に黒字になるようになっている。

このギャンブルで芽亜里は初日で30万稼ぐ

最低の正義壬生臣葵登場

壬生臣葵とは現在の徒会執行役員の前任者。

聚楽に芽亜里の話を聞いた壬生臣は興味を持ち自分の手ゴマにしようと

芽亜里の賭場に訪れる。

その時ちょうど芽亜里不在でつづらが代わりにディーラーを務めることになります。

魔法のダイスの仕組みを知っているのでつづらがディーラーでも問題はないのですが

壬生臣は即効100万をベットし動揺する。

なんとか勝利し100万を手に入れたつづらですが

壬生臣は立て続けに200万をベットする。

つづらはそれも勝利し200万ゲット。

しかし壬生臣はそこからさらに400万をベットする。

マーチンゲール戦法というらしく資金源が無限の壬生臣は

勝つまでディーラーの上限をベットし続ける。

さすがに三度目の奇跡は起きずあえなく敗北。

芽亜里たちの資金は0になり再び絶望します。

感想

本編には少し劣りますが敵キャラが魅力的すぎてとても面白かった。

また本編は夢子が強すぎるため出世スピードが尋常じゃないけど

双は試行錯誤の果てに勝利していく面白さがあり負けた時の絶望感は

本編では味わえない面白さがありました。

芽亜里が自分で賭場を運営して自分でギャンブルを作るっていうのが意外に面白かったですね。

新着記事