カイジ最新話290話ネタベレ感想 血のマニキュア再来

どうもききです。
カイジ最新話290話のネタベレと感想を書きたいと思います。
前回遠藤が再登場しカイジたちを捕まえる部隊のの部長に抜擢されました。
今回はその続きで予想どうり坂崎を訪問します。
坂崎はカイジに1億800万貰ったことでものすごい掌返しで心の中でカイジをよく考えたらいいやつだったみたいなことを言いながら浮かれていました。
その1億800万で老後のめどがたったと喜んでいました。

坂崎は犬の散歩中でした。1億800万は手に入ったけど安心はできません。
銀行に預けたら怪しまれるしコインロッカーも使用できません。
結局1億800万はそのまま家におきっぱです。
不安になった坂崎は急いで家に戻ります。
すると遠藤が待ち構えていて拉致られてしまします。

遠藤は坂崎にカイジたちに車を与えたかどうかを尋問します。
そこで初めて坂崎はあの金は帝愛がらみの金だと悟ります。

遠藤の目的はカイジですが坂崎は1億800万をカイジからもらったことは口が裂けても言えません。
幸いなことに遠藤の推理は完全に逆走しているようで
このまま隠し通せると思っていました。
坂崎は300万あげて1億800万もらっただけなので無関係なのは事実です。

しかしそれでも遠藤は坂崎を問い詰めます。
推理は完璧間違ってるけど金貸しの感が絶対に何かあると感じとっているようです。

坂崎が隠したいのは1億800万貰った事実でカイジ助けたりはしてません。
坂崎は自身をもって推理を否定します。
そして嘘発見器を持って来いと口走ります。

それが口の災いになりました。遠藤は嘘発見器(仮)をもってきます。
その道具は嘘発見器などではなく拷問器具血のマニキュアでした。

血のマニキュアとは爪と肉の間に針をねじ込むという狂気の制裁です。
カイジは以前坂崎の目の前で血のマニキュアを食らいました。

坂崎は押さえつけられ絶望しました・・・・・。

今回のカイジは久々に鳥肌が立ちました。
福本さんももう年かと思ってましたがまだこんなすごいネタがあったんですね。
次回は坂崎の阿鼻叫喚ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)