加害教諭給料差し止められる。退職金を支払う必要があるのか

神戸市須磨区小学校の教師間トラブルの事件でいじめていた4人の教諭は有給扱いとして自宅待機させているとのこと。

謹慎処分という制度がないため有給扱いで給料は支払われるとのこと。

しかし有給で給料が支払われるという対応について市民から苦情が殺到。

これに対して学校側は4人の給料の支払いを停止するよう施策しているとのこと。

またこの学校は自主退社の場合退職金が支払われるらしく自主退社は認めないとのこと。

学校の制度を書き換えないと後々問題があるみたいですね。

退職金を支払う必要があるのか

自主退社の場合退職金が支払われるというのが謎ですね。

かれらは学校の知名度を地に貶めたので損害賠償を請求してもいいぐらいでしょう。

それを懲戒解雇せず有給休暇で休ませあまつさえ退職金を与えるなんて。

男性教諭に関しては実名報道されていないので今後も使い道があるのかも知れませんがそんな教諭を雇いたいと思う学校がいるはずもなく利用価値もないでしょう。

というか男性教諭はそんなに職歴長くないと思うで退職金は多くはないと思うが退職金を渋る理由が謎ですね。

主犯格の女帝は顔も名前も割れているので社会的には抹殺された形になります。

普通に強制解雇するのが一番最適な処分でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました