ブログ統計情報

五等分の花嫁120話ネタバレ 風太郎は東大に

2020年5月16日

スポンサードリンク

五等分の花嫁120話ネタバレ

120 5年前 四葉上杉におはよう エリナはなぜ彼女の名前について話しましたか 5月に一晩パンダの目を学ぶ 和太郎はみんなに学ぶことを教えている 四葉の体をつかむ:ばか、私はあなたに何百回も教えた。

エリナ:関係が変わらないのはつまらない。

三笠は学校に行くつもりはないが、みんなと一緒に座っている。 和太郎:東京大学に行きます。 だから私はもうあなたと一緒に暮らすことはできません。

全員:気にしないでください。四葉:どこにいてもあなたをサポートします。あなたも私に同じことをします。

ミカサとニノ:さあ、どこにいても、あなたのところへ行きます。 最後の4人の姉妹が別れを告げた後の涙 武田と太郎は駅に現れ、おそらく大学のインタビューに行くため 和太郎「私は一人じゃない」 次の期間が終わる前に勝つ 義華は主演のテレビシリーズを作りました 胃薬カバー付きのもの 風太郎と四葉、二人の想いはようやく結ばれた——。 ピピピピ(目覚まし時計の音) ガッ(風太郎の手が目覚まし時計を止める) 風太郎「夢か

スポンサードリンク