はねバド!71話ネタバレ感想 津幡路vsコニー

漫画

どうもききです。

今回ははねバド!71話のネタバレ感想を書こうと思います。

綾乃vs唯華の試合は綾乃の勝利で決着がつきましたが綾乃にとっては納得のいかない決着で本来であれば土壇場で覚醒した唯華に押されて綾乃が負けでしたが

一点を争う状況で唯華がミスして綾乃はギリギリ首の皮一枚繋がったという結末でした。

唯華は真剣勝負にそんなものは関係ないと言い悔いのない良い試合だったと綾乃の背中を押して去っていきました。

益子に続いて志波姫も破れたことに観客は動揺します。

残る三強は津幡路だけとなりました。

路はライバル二人が破れたことが許せないらしく相手がコニーであろうと絶対に負けられない戦いだと闘志を燃やします。

しかし路は三強の中での強さは一番下。

画像1

果たして路に勝ち目はあるのかという話になります。

志波姫の世代は最強の世代と言われていたようでその中でも三強の強さは突出していたようです。

路が三強で最弱とされるのは強さ以上に他の二人と相性が悪すぎるらしく

他の選手が戦ったら三人共だいたい同じぐらいの強さらしいです。

そしてコニーと路の試合に移ります。

コニーの圧勝かと思われましたがまさかの大苦戦!最初のセットにも関わらずぼろぼろのケチョンケチョンにされてしまう。

 


 

路はなぎさと同じパワータイプでスマッシュを得意とします。

相手が返しにくい絶妙なコース超スピードのシャトルが飛んできてなぎさに匹敵するパワーが加わっているので返すは困難です。

更にコニーは体重が思い重量級の選手なので反射速度と移動スピードは遅いようです。

それでも常人と比べれば速い方ですが綾乃のクラスと比べた場合かなり遅い方らしいです。

路は中量級選手パワーもスピードも兼ね備えておりコニーとってはかなり相性が悪かった見たいです。

コニーもパワータイプではありますがなぎさや路と比べたら一枚劣るみたいで間に合ったとしてもパワースマッシュの飛ばされてしまいます。

路は世界のプロがこの程度か!と煽りコニーはブチギレ。

コニーは10点ぐらいプレゼントしてしまいましたがだいたい分かってきたようで路のスマッシュに合わせてきました。

路はとどめに常人なら絶対に届かない場所にクラスカットを飛ばし完璧に決まったと思っていたらあっさりシャトルが返ってきてビックリします。

路は何が起こったのか分からない様子で呆然と立ち尽くします。

普通なら絶対に間に合わないコースですがコニーのリーチの長さがそれを可能にしたようです。

コニーは世界のプロとか肩書きとか何の価値もないと思っており

相手がプロだからではなくコニー・クリステンだからこそ勝ち目はないと言います。

最後に遊びは終わり宣言をして終了します。

次号は食い殺されるパターンですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました