五等分の花嫁96話ネタバレ 文化祭

漫画

どうもききです。

[metaslider id=3289]

今回は五等分の花嫁96話のネタバレを書こうと思います。

96話では2年生ではスルーされていたイベント文化祭が開催されます。

文化祭は最終イベントでこれが終わると受験というか青春事態は終わりを告げます。

二乃は大学への進学を決めたらしく風太郎と同じ大学に行ってイチャイチャライフを送る妄想をしますが

風太郎と同じ大学に行くなど物理的に無理だと突っ込まれます。

姉妹は将来について語り合っていると四葉は学園祭の件で職員室に呼び出されます。

そこで偶然五月と遭遇します。

このシーンは前にも見たようなシーンものすごく既視感がありました。

特に意味はないと思うが…

一方で五月は文化祭という楽しむイベントを前にして元気がない。

五月を心配した四葉は文化祭での食べ物の話をして感心を釣ろうとしましたが無反応。

五月は塾の手伝いがあるといってすぐに去ってしまいました。

五月の夢は先生になることですが志望大学がD判定で己の学力の無さに絶望します。

風太郎に関しては文化祭を楽しむつもりのようですが一花に受験は大丈夫かと心配されます。

三玖は文化祭の出し物でパンケーキを作りたいらしく意見を出したら予想外に賛同されました。

そして四葉にも変化が起きました。

学園祭についての話あいのために教室に行きましたが勉強に紳士に取り組む風太郎を見て一目惚れしてしまいました。

そして一花との会話を思い出します。

一花は最後に四葉に自分のやりたいことをやってほしいと言い残しました。

四葉のやりたいことというのは恋愛的なことを言っているのでしょう。

最近になって突然風太郎のことを意識しだし普通に会話できなくなります。

学級委員なのでクラスの文化祭を盛り上げる必要があり

文化祭は四葉がメインになってくるんじゃないかと思います。

[metaslider id=1836]

また五月にも何か転換期があるかも知れません。

しばらくはこの二人にフォーカスが当たるのではないでしょうか?

「後悔のない文化祭にしましょうね。」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました