五等分の花嫁73話ネタバレ感想五月の無謀

どうもききです。

今回は五等分の花嫁73話のネタバレ感想を書こうと思います。

前回突如現れた風太郎の自称ライバルを名乗る武田が五つ子の家庭教師を変わってやると行って来ました。

風太郎は武田など眼中になく聞き流します。

五つ子の家では久々に家庭教師を再開し全国模試の模擬試験の答え合わせをしました。

スポンサーリンク

全員バイトを始めたので多忙ですが五月だけ未だに働いていないので地味に攻められます。

ニ乃は風太郎に色目を使いますが三玖に邪魔されブチギレしますw

そんなこんなで答え合わせをしますが結果は全員赤点でまた振り出しに戻ったと風太郎は絶望します。

やはり全員バイトが忙しくあまり予習してなかったみたいな。

そんな時思わぬ来客がありました。

中野父と武田が登場し意味が分からなすぎて全員困惑します。

中野父は家庭教師を武田に変更すると突然言い出しました。

勿論姉妹は納得出来る筈がありませんが中野父曰く風太郎は徐々に成績を落としてるみたいで武田に抜かれたそうです。

風太郎の成績が落ちたのは五つ子の面倒を見ていたせいですがそんなものは関係なく新たな学年一位となった武田に家庭教師を一任したいと滅茶苦茶なことを言います。


 

五月は父が風太郎を解雇したいのはただの好き嫌いで学年一位で無くなったからというのは名目でしかないと分かっており父のやり方に納得出来ない五月は自分が学年一位になると無謀なことを言い出し一瞬時間が止まりましたw

中野父はほぼ不可能だと分かった上でそれをクリアできたなら何の問題もないと言いますが三玖が五月の暴走を阻止し頭を冷やさせます。

滅茶苦茶ですが中野父の言っていることも一理あり風太郎が優秀でなかったから解雇するという名目ではなく

五つ子の面倒を見ていたために実際成績を落としてしまったということは風太郎は天才ではないので今後の風太郎の人生の可能性を潰してしまうということを姉妹に理解させることが風太郎を辞めさせる理由として効率が良かったようです。

姉妹は少し罪悪感を抱きますが風太郎は今の仕事に誇りに思っており辞めるつもりはないといい姉妹は安心します。

現在はほぼボランティアみたいなもんで中野父も給料を払うつもりはないので忠告ぐらいはしたかったのかも知れません。

タダ働き人生を賭けるのだから正気かどうか疑う気持ちも分かりますね。

そして風太郎は中野父を納得させるために全国模試で一位を取ると宣言します。

それをクリア出来たなら中野父は風太郎を家庭教師として認めるそうです。

風太郎にとってもこれはチャンスで現在はほぼボランティアですが本来の目的は借金返済でゴールインしたところで何の意味もないんですよね。

やはり借金返済するためにも中野父に正式に雇ってもらうべきでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)