漫画感想ブログ

HOME

五等分の花嫁考察 三玖だけ伏線が何もない件

どうもききです。

今回は五等分の花嫁の三玖について考察したいと思います。

三玖は姉妹の中で一人だけ伏線が何もなく風太郎の花嫁である可能性が限りなく薄いです。

三玖が風太郎と結ばれる可能性はあるのでしょうか?

三玖以外の姉妹の伏線

まず他の姉妹の伏線について振り返ってみます。

一花の伏線

五等分の花嫁のタイトルの花という漢字が一人だけ入っている。
風太郎が一花の唇だけ見分けることができた件。
二重人格。

二乃の伏線

結婚式のシーンで二乃に関連するアイテムが出てくる。
花嫁は風太郎のことを風太郎と呼ぶが未だに一人だけ呼び方が決まっていない。

四葉の伏線

姉妹で一人だけ思考回路や身体能力が逸脱している。
最初から風太郎に好意を抱いている。

五月の伏線

風太郎が昔の女の子(零奈)のことを思い出すのは五月といるとき
だけで風太郎は五月にだけ昔の女の子の面影を見る。

三玖の設定

風太郎に最も好意を抱いている。
変装が得意…というだけ。

一花にはテストの点数で負けて二乃では料理で負けるなど自分の
アイデンティティがなくなっていく中風太郎に好きになってもらえる
私になるというセリフでまだ諦めていなさそうにも見えるが

実際は67話で自分を見分けてくれた嬉しさで恋の燃え尽き症候群になっていて
このままフェードアウトしそうな気もします。

ただ三玖の場合勉強や料理を極めることは風太郎を振り向かせることの後付け
でしかなくそっちがメインではないわけですよね。

三玖だけ勉強する理由が他の姉妹と比べて根本からズレています。

それを考えると失恋のショックで勉強しなくなる可能性もありますね。

「フータローに好きになってもらえる私になる」

というセリフ

戦国武将に恋する三玖だからこそ魅力があるわけで恋に恋してしまったら魅力がなくなっとしまうということが言いたいのかもしれない。

深い意味がありそうです。

新着記事