漫画感想ブログ

HOME

五等分の花嫁81話考察 カメラの伏線

どうもききです。

今回は五等分の花嫁81話の考察をしたいと思います。

81話のあらすじ

山の頂上で一花は三玖に変装して待ち構えますが四葉と三玖に見つかり一花は問い詰められますが

一花を説得するために四葉は三玖が風太郎に告白しようとしている事実を口走り丁度そのタイミングで居合わせた風太郎に聞かれてしまいます。

三玖は風太郎への告白を台無しになったショックで放心状態になります。

遅れてやってきた二乃は事の惨状を見て一花が三玖を泣かせたと判断。

二乃は三玖を泣かせた一花が許せなくて二人はガチ喧嘩。

逃げ出した三玖を探すために一旦下山しますがそこで二乃は盗撮されます。

四葉は風太郎と三玖を探しますが五月が既に確保したとのこと。

四葉は風太郎に三玖の告白の話を聞こえていたかどうか確認しますがバッチリ聞こえていたようです。

しかし風太郎は三玖の気持ちには温泉の時点で気づいており一花の変装も三玖ではないと知っていたようです。

四葉は姉妹全員が幸せになれるように手助けしたいといいますがその考えはおこがましいと説教されました。

ホテルでは二乃が盗撮されたと言いいますが幻聴だと馬鹿にされて一旦保留。

部屋に引きこもっている三玖が心配になり全員で様子を見に行き部屋をノックしますが三玖は無反応

どうにか説得しようと試みますがそこで盗撮とおぼしきシャッター音が聞こえて姉妹は悲鳴をあげて全力でその場から逃げ出しました。

悲鳴が聞こえた風太郎と一花はビックリして出てきましたが二人はバッタリ遭遇してしまいます。

一花は偶然のチャンスに明日風太郎と二人きりで話がしたいと打ち明けます。

一方で三玖は悲鳴が気になって二乃に電話をかけますが二乃は明日腹を割って話がしたいと三玖に伝えました。

カメラの盗撮について

盗撮犯は突然トイレに行くと言って消えた前田と思われる。

ただ気になるのはこのカメラの伏線が一体何を意味しているのか。

五年前に風太郎が持っていたカメラと何か関係があるんじゃないでしょうか。

というか五年前と完璧流れが一緒なので関係はあります。

腹痛→トイレ→盗撮

風太郎はカメラを眺めただけで近くにいた女性に盗撮と疑われ

子供相手なのにおとなげなく執行されます。

それを救ったのが零奈だったんですよね。

ただ前田が盗撮したのかメインストーリーと何の関係があるのかはまだよくわかりません。

今回の盗撮は無罪でもなんでもないし…

風太郎と結ばれるのは四葉かも…

五年前の伏線に風太郎と四葉が結ばれる可能性があるものが存在します。

五年前に風太郎が気になる女の子に竹林という子がいましたが別の人と結ばれていて学級委員長でお似合いというセリフが出てきます。

まさに現在の風太郎と四葉に当てはまります。

72話の学級長の噂で既に伏線回収されていたのかもしれませんが

五年前からのデカイ伏線なのに噂で終わってしまうのはやや消化不良な気もします。

ここでカメラの伏線持ってきたということは強引に四葉の話に持っていきたいっていうメッセージにも思える。

関連記事