ブログ統計情報

五等分の花嫁115話ネタバレ 姉妹の縁を切らせてもらうわ?

2020年5月16日

スポンサードリンク

五等分の花嫁115話ネタバレ考察です。

115話は来週の水曜日発売になるので個人的な考察をまとめました。

五等分の花嫁115話ネタバレ

祭りで付き合うカップルは本当に多いというのは本当か

私はそんなことはないと思うが

●君が持てないだけだよ

一花「お待たせー」

風太郎「こんな早くから呼び出すなよ」

一花「学校内し教師もないから一息つきたいの。
心配しなくても四葉にはフータロー君と遊びにいく連絡はしておいたよ。」

「私回りからは大人と思われているみたいで
こうやって遊んでくれるのはフータロー君だけだよ」

「可能であれば君はそのままでいてほしい
君のそういうところに引かれたんだから
あこれいったら四葉に怒られちゃうね。」

フータローは一花の発言にまだ自分達は付き合っていないと訂正した。

四葉は告白はしたがまだやらなければいけないことがあると言って告白を断る

一方で裏では四葉と二乃がケンカをしていた。

四葉は二乃の精神状態を心配して摂食し謝ろうとしますが

二乃は四葉の態度に激昂

二乃「私はあんたにだけは心配されたくないわ。」
「私がフー君好きなのは知っていたでしょう。」

四葉「心配するよ二乃は大切な家族だもん」

二乃「ここまでね。」

「このままの関係が続くなら姉妹の縁は切らせてもらうわ」

一花が家に帰ると五月が勉強をしていて

他の姉妹は誰もいなかった。

一花はフータローと四葉の現状を五月につたえる。

五月「上杉くんにはこうなってほしいと望んでいた。」

「応援して祝福もしてあげたい」

「しかし他の姉妹のことを考えると素直に祝福はできません。」

その頃フータローはたぬき相手に告白の練習中。

その頃四葉は海岸で何かを決意していた。

二乃の言葉が四葉の脳裏によぎる

そんなとき三玖に声をかけられる

三玖「そんなところにいたら風邪引くよ」

四葉「三玖」

三玖「四葉」

「私は四葉」

四葉「どういうこと」

三玖「Googleで調べて」

「私以外が選ばれた場合こうすると決めていた。」

「私が四葉に変装してそのままフータローと付き合う。」

「どう?」

四葉「ダメじゃないかな。論理的に」

五等分の花嫁115話考察

五等分の花嫁が14巻で終わってしまうということで残り9話ぐらいになるので四葉エンドほぼ確定で

五月の恋愛は見れないまま終わってしまう可能性が高いです。

しかしまだ四葉で100%確定とは言いがたいものがあります。

花嫁は鐘キスの後結婚式までキスをしてはいけないので風太郎にキスをしていない五月と風太郎にキスを認識されてない四葉が残ります。

つまり五月がキスしない限り最終局面まで結果はわからないことになります。

また四葉は姉妹の中で温泉旅館で鐘キスをする必要性が皆無で一番謎です。

一方五月はお悩み相談でお礼でほっぺにキスしようとしていた可能性があり

階段でのかかとシーンや風太郎のあの反応は無視できない部分ではあります。

四葉夢落ち説

四葉はスマホを忘れて保健室に向かいますがあの辺りから全て夢だったのではないか。

そもそもなんで外にいたのか。

四葉は風太郎に選ばれて外に逃げてきましたが

文化祭終了アナウンスの時点で風太郎がドアを開けようとしていてその時点で四葉は外にいるのに風太郎は四葉の教室の扉を開けた。

また五月が上杉君…と言っているシーンがあり風太郎は五月の扉を開けた可能性が高いでしょう。

ただオレンジジュースの件があるので四葉の優位は揺らぎませんが風太郎が開いた教室は四葉の教室だったのかという疑問が残ります。

五月皆勤賞

五月は姉妹の中で一人だけ第1話から最新話まで全ての話に登場しているとのこと。

この辺に鐘キスのヒントがあるのではないかと思います。

二乃の投げキスシーンで風太郎は二乃の唇を見て鐘キスは二乃なのか?という反応をしていましたが

あれは実は五月を見てまさかなと言っていたんじゃないかと思います。

まとめ

残り話数は少ないですが結局最後までわかりません。

風太郎の運命の人だけで言うなら四葉

鐘キスだけで限って言うなら五月のほうが伏線は多いです。

ただキャンプファイヤーは四葉なので疑問は多いですが四葉で確定かと思います。

今からでも鐘キスと花嫁は関係ないと強引ながらできなくはないのかと思います。

スポンサードリンク