Googleアドセンス6月でクリック単価は回復するのか

どうもききです。

今回はGoogleアドセンスの6月のクリック単価の報告をしたいと思います。

4月5月のクリック単価は悪魔のように低いと言われており

自分も大打撃を食らいました。

6月は決済の月とかでクリック単価高くなるようで6月からクリック単価は回復してくる。

実際どれぐらい変わるのか。

まず広告の量が増えた気がします。

だいたい1日3000pvなら一つの広告ユニットで3000回表示されてないとおかしい計算になります。

別の言い方をするならpv数=広告表示回数で広告表示回数がpvを下回ってたら致命的な状態。(広告掲載率とかいじってないなら)

何が致命的か分かりやすく言うとオークションで商品が1円出費されていて一人しかオークションに参加していない状態。

広告ユニットとは別で広告タイプというものがあり広告タイプとは画像広告とかテキスト広告とかいうやつです。

画像広告がクリック単価が高くてテキスト広告はクリック単価が低い。

激安広告はオークションのための礎であり安い広告をブロックするのはオススメしないとよく聞きます。

広告タイプは全部で5種類あるのですが

例えで言うと1日3000pvなら画像広告+テキスト広告+その他=3000が広告表示回数になるけど

4月5月はその他2900で画像が100って感じだったんですよね。

6月は画像広告は割りとクリックされるようになりました。

結果から言いますと6月は大分マシになったって感じですね。(良くはない)

平均クリック単価が10円以上で1000pvで10回以上はクリックされるようになりました。(10円でもマシなほう‥)

4月5月はクリック単価2円とか4円でクリックもされないというえげつない状況でしたから

4月5月クリック単価とか以前にもう表示される広告事態が何の魅力も感じさせないものばかりで

そもそも表示される広告が少ない

6月は広告が増えて魅力的な広告が表示されたように思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)