Googleアドセンスで広告がクリックされない原因

どうもききです。

今回はGoogleアドセンスでクリックされない原因についてお話したいと思います。

一般的には100pvで1回クリックされる計算の場合ページCTRは1%となります。

100pvで1クリックという変な方程式が広まっせいで

アドセンス始めたばかりの人は100pvで高確率で一回は広告をクリックされると誤った認識をしている人が多いですが

スポンサーリンク

実際は全くクリックされないのが普通です。

自分は始めた時はCTR0.1%とかえげつない数字が普通でした。(1000pvで一回クリック)

むしろCTR1%という数字は滅茶苦茶いいほうです。

自分自身に例えても他人のブログを閲覧しているときに広告をクリックしようなんてまず思わないでしょう。

しかしそれでもCTR0.1%はさすがに低すぎると言えるでしょう。

1%以上は難しいですが平均的に見てもだいたいの人は0.5%以上はいってて普通です。

ではどうすれば改善できるのか。

広告の配置

まずは重要なのは配置ですね。

一番広告がクリックされやすい場所は記事下です‥‥はい。

配置に関してはそれだけで十分で逆にもうそれ以上は何もしなくていいというかしないほうがいいというか。

アドセンスにはスマートプライジングというものが存在していて誤クリックと悪戯クリックが多いとブログに掲載される広告のクリック単価を大幅に引き下げられます。

話に戻りますが記事下以上に最もクリックされやすい位置は記事内の5~10行目あたりになります。

しかし記事内の配置はおすすめできない。

何故なら誤クリックが多数発生してスマートプライジングに引っかかるからです。

自分は昔記事内5行目と記事下に広告を配置していてCTRが最大で2%にも上りましたがそのあとスマートプライジングで平均クリック単価1円とかがずっと続くという悪魔の日々を送りました。

スマートプライジングは病のようなもので発病しやすく完治に時間がかかるのでシビアにかかったほうがいい。

たとえクリックされなさすぎてむしゃくしゃしてもスマートプライジングだけは全力で回避すべきですね。

ちなみに見出しの上もクリックされやすいと噂されてますが自分は全くでした。

広告のブロックを全て外す

アドセンスの広告はユーザーの趣味に合わせて表示されており表示される広告をいじる必要がない。

自分のブログのテーマと全くマッチしていない広告が表示されてるからクリックされないという説はなくはないですが

ブロックしてもユーザーにマッチした広告が表示できないとかで広告の表示回数が減るだけでクリック単価も下がり悪循環です。

関連コンテンツ広告を使う

関連コンテンツ広告とは関連記事と織り混ぜて関連記事枠に広告を表示してくれる機能なのですが

この機能が以外にも効果的でクリック率をアップさせることができます。

それだけではなくブログのテーマにマッチしていてクリックされやすそうないい広告を表示してくれます。

もうこれに尽きるんじゃないかといった感じですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)