デッドチューブ10巻感想ネタバレ

どうもききです。
デッドチューブ10巻感想を書きたいと思います。
今回は真城とジャスティスメンの対決になります。
前回デッドチューバーのトップであるまじめ係長(ヒカキンのぱくりみたいなキャラ)がジャスティスメンによって処刑されました。
水野もまじめ係長をかばったためレイプされて重傷を負います。(仲間のまっちょんも制裁されます。)
町谷は自分が仕組んだこととはいえジャスティスメンや動画を見て笑う視聴者に腹を立てます。
そして町谷はジャスティスメンと視聴者すべての処刑を計画します。
いぬやしきのようなパターンで動画を見て笑ってる視聴者をバッサバッサと真城が処刑していきます。
そして生中継中にジャスティスメンと真城のバトルを予告します。
視聴者は人外同士の決戦にワクワクさせますが真城そのバトルは動画では配信しないといいます。
決戦日時と場所を伝え見たければ自分たち見にで来いと伝えます。
そして決戦日沢山の人が訪れます。
そこで町谷が現れあるゲームを視聴者に提案します。

真城かジャスティスメンどちらか勝つと思う方に命をベットし負けた人は死刑勝ったほうは生きて帰れる(スマホで動画を撮影して配信し大金を得られる)
というルールになります。視聴者たちは全員ジャスティスメンにベットします。
そして真城とジャスティスメンのバトルが始まったわけですが最初のほうは互角の戦いを演じわざと真城は負ける演出をします。
その後何度かベットの切り替え可能な宣言をしますが視聴者は動きません。
ここで演出は終了し真城は本気を出します。(今まで手を抜いていた。)
最初は互角の戦いでしたが圧倒的実力差でジャスティスメンは倒されます。
そしてその後ベット交換のラストチャンスを与え視聴者はしらけ全員真城にベット交換します。
そしてジャスティスメンが戦闘不能になった瞬間真城は降参を宣言し視聴者全員の処刑が決定しました。
町谷は全員処刑すると言っていたので元からそのつもりだったのでしょう。

今回一番悲しかったのがジャスティスメンと真城の戦闘力の差が圧倒的だったことです。
六式みたいな武術が使えるので苦戦するんじゃないかと思っていましたが。
町谷的にはどちらが強いかなど考えるまでもなく真城でジャスティスメンがどれぐらい強いかなど最初から眼中になかったように思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)