漫画ダーリンインザフランキス二巻感想

どうもききです。
ダーリンインザフランキス二巻の感想を書きたいと思います。
相変わらず矢吹先生の作画は完璧ですがアニメで内容を知ってる分面白さ半減です。
そんな二巻ではありますが今巻はアニメとは内容が若干異なります。
異なるといっても流れとしてはそこまで変わってません。
所々カットして詳細にって感じです。
まずみつるとゼロツーが乗るシーンでルート分岐します。
ミツルがゼロツーにパートナー依頼しますがヒロがいいや俺が乗るっていって
その後のシーンは大幅になくなります。ミツルが死にかけるところからゼロツーが連れていかれてヒロが引き留めるシーンまでがなかったことになります。
次にちょっと物語が詳細化してます。ヒロは今は落ちこぼれですが実は神童らしくステイメンの適正数値は規格外の怪物らしいのです。
だから逆にストレリチアぐらいじゃないと使いこなせないみたいな話をしてました。
後はほぼ一緒です。
化物語も漫画化しましたがこれが漫画の醍醐味って感じがします。
アニメだと詳細な部分まで作るには限界があるんですよね。
それが漫画とアニメの違いだと思いたい。
以上感想でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)