googleadsense合格のためにやったこと

どうもききです。
今回はgoogleadsenseの広告を貼るまでかかった時間についてお話したいと思います。
私はgoogleadsenseに合格するまで約一か月ぐらいかかりました。
ほとんどの人が述べていると思いますがgoogleadsenseは審査が厳しく合格するまで時間がかかるんですよね。
不合格の通知が来るならまだいい方ですが審査すらされてないパターンもあります。
やり方が間違っていたり審査水準に達していなかったらずっとそのままってこともありえるのでのんびり待てるわけありません。
また2018年でgoogleadsenseの画面が変わっており過去の記事を見ても進め方が全然違うので間違えてると感じてしまうのも無理ありません。
どうやら今は一次審査二次審査が一括で行われてるらしく一次審査の合格通知がきません。
毎日画面を開いてもアドセンスの準備をしています。の画面から進まないので焦る一方です。
自分はワードプレスでテキストの部分にコードを張り付けていたのですが
ちゃんとはれているのかどうかすらわかりませんでした。
とりあえずAdvanced Adsをつかって広告コードを張り付けました。
しかし広告の余白がでないので反映されてるかわかりません。
とりあえず広告の貼り方が間違っているかもしれないのでその辺いろいろ探りました。
次に記事の内容ですね。アドセンスに合格するには最低30記事で1000文字と言われていますが
自分は16記事ぐらいでした。基本漫画の考察とか屑記事を書いてますが地味にアクセス数を稼げるので
アクセス数稼ぎも関係あるかなと思います。ただ役に立たない記事ばかり書いくとgoogle的にはマイナスかと思い技術系の記事を幾つか追加しました。
そして三日後めでたく合格通知がきました。
結局何だったのかわかりませんが、気にせず沢山記事を書くのが重要かと思います。

消防団の活動が嫌すぎる件について

最近田舎の消防団に入団させられましたが活動がウザすぎるのでそれについてを書こうとおもいます。
まず消防団の活動が結構多いです。操法大会とか夏祭りとか秋祭りとか…etc
操法大会前は毎日練習で仕事終わりとかはしんどい。
また新人に対して結構厳しいです。嫌々入団したのにすぐやる気なんか出るわけない。金もくれない。打ち上げ代とか支給品とかコーヒーとかあるのでタダって表現はおかしいですが現金はもらえません。
ただもらってうれしいのはコーヒーぐらい。
支給品(弁当)はパシリ。打ち上げは頭下げてビールついだり人生勉強的な感じです。あと二次会とかは勝手に盛り上がってるだけで面白くない。というか帰りたい。
まあタダだからそこはいいんだけど次の日仕事なのに拘束されてるのが一番きつい。
村の行事とかはまあ良しとしましょう。自分だけ何もしないというわけにもいきません。
活動時間は午前中で終わるものが大半。
ただその後が長い。団内での話し合いとかパシリとか付き合いとかそこがウザすぎます。
人は簡単には変われません。インドア派をアウトドア派に強制するとかどんな拷問やねんって話です。
面白くないものは面白くないしやる気ないものはやる気ない。
仕事でさえやる気ないのに金貰えないどころか害しかない活動にやる気出るわけないでしょ。
あと付き合いとか必要性がわからないですよね。
仕事だったら信頼はあって損じゃないけどそれ以外なら意味はない。
こいつらに酒を注いでいざというときに助けてもらえってことなんでしょう。
お前らに助けてもらわんでも生きていけるように必死に考えてるんだから邪魔しないでほしいね。
早くなくなってくれることを祈ります。