包茎手術 専門クリニックと泌尿器科の違いについて

どうもききです。

今回は包茎手術で専門クリニックと泌尿器科の違いについてお話したいと思います。

泌尿器科は行ったことがないので主観での比較になります。

泌尿器科のメリットとデメリット

泌尿器科を選ぶメリットですがまず保険適用ができる。(仮性包茎の場合はできない)

費用を安く済ませられることが最大のメリットになります。

だいたい3万ぐらいになります。

ただし仮性包茎を治したい場合は保険適用できないとのことなので専門クリニックを選んだほうがいいかもしれません。

こちらはだいたい10万ぐらいはするんじゃないでしょうか。

後はメリットかどうかは分かりませんが運が良ければ数万できれいに仕上げてくれます。
つまりオプション代払ってなくてもオプションしてくれるってことですね。
(この辺は腕がいいかどうか良心的な医者かどうかにもよるので何とも言えません)

次にデメリットですが

機能面重視なので汚い仕上がりになる可能性が高いです。
もちろん裏筋も切るでしょうし見た目もぐちゃぐちゃかもしれません。

まあ最悪失敗されるかもしれませんね。

次にペニスの麻酔注射が激痛です。
専門クリニックの場合は痛くないようにある程度配慮はするでしょうが

専門ではないのでそこまでのサービスはないかと思われます。

後はオプションがないぐらいですかね。

仕上がりがいいかどうかは完璧運になります。

専門クリニックのメリットとデメリット

次に専門クリニックのメリットとデメリットについて解説したいと思います。

メリットは仕上がりが綺麗、麻酔注射に気を使ってくれる、オプションを追加できるに
なります。

ペニスの形を整えたり亀頭を増大させたり裏筋を残したりなど様々なオプションがあります。

また手術の痛みですが麻酔注射から手術後まで思ったほど痛くなかったです。
金払ってるのでその辺しっかりやってくれます。

次にデメリットですが莫大な費用になるリスクがあります。

といっても別に手術した後に勝手に何の説明もなく100万になったりしません。

悪魔で自分の責任です。

向こうは詐欺師みたいなもんなので上手いことこと口車に乗せて承諾させます。

例えばこのオプションをつけなければチンコが腐るとか根拠のない嘘をついて騙したりとかですね。

この辺は知識がちゃんとあれば引っかかることはありません。

変な間違いがなければ20万以内に収まるはずです。
包茎を治すだけなら6万で可能ですがたった6万で快く引き受けてくれるかどうかはわかりません。

最後にせっかくなので出血大サービスでいいことを教えてあげます。

ヒアルロン酸という亀頭増大のオプションがあるのですがこれが一番えげつない。

一本打つのに20万します。

ヒアルロン酸とは整形とかでよく使われたりします。

水分で皮膚を膨らませたりすることが可能ですがやがて水分は消えていくので永続効果がないのです。

つまり払った金は無駄になります。

また増大だけでなく万能の効果をでっちあげて売ったりしてます。

こういう詐欺はどこの分野でも定番なので気を付けたほうがいいですね。

包茎手術 おすすめ専門クリニック

包茎で悩んでいる方にクリニックでおすすめの専門クリニックを紹介しようと思います。

東京ノーストクリニック

全国展開されているクリニックで地元の専門クリニックで済ませたいという方はオススメ。

無料カウンセリングが受けられる。

吸収糸を採用しており抜糸の必要はありません。

一日で終了なので次回以降通院する必要はありません。

麻酔にかなり気を使ってくれる。
(手術自体は麻酔が効いているので痛くないですがそれでも完璧に効いてるか不安ではあります)

手術自体は麻酔で痛くないですがその前の麻酔注射に関してはそういうわけにもいきません。

包茎手術を受けたほとんどの方が麻酔注射だけはキツイと言っています。

何しろペニスに注射するわけですから相当怖いですね。

東京ノーストクリニックの場合は麻酔注射にも気を使ってくれ注射が痛くないように無料でいろいろしてくれます。

(他のクリニックだと痛くない麻酔注射を受けたい場合追加で5万支払う必要があります。)
(5万のために一瞬の激痛に耐えるか5万払うか究極の選択です。)
(自分だったら払うかもしれません。)

東京ノーストクリニックの場合はその辺タダでやってくれます。

包茎手術体験談 痛い?痛くない? 東京ノーストクリニック

どうもkikibloです。

東京ノーストクリニックで包茎手術を受けたのでその体験談を書きたいと思います。

自分は泌尿器科ではなく専門クリニックで手術を受けました。

泌尿器科のほうが保険が効いて3万で手術を受けることができますが

機能面だけを重視とか書かれてていろいろ不安になりました。

一番不安なのはやっぱり手術の痛みとかですよね。

ペニスの麻酔注射の痛みとか術後の痛みを軽減したりとか

正直保険適用でそこまでやってくれないので

専門クリニックに決めました。

東京ノーストクリニックを選んだのは家から近かったのもあるけど

抜糸の必要がない吸収糸を使用されていることや最新麻酔技術などで

包茎手術の苦痛を軽減できるところに魅力を感じました。

自分は重度の真正包茎だったので手術の痛みに不安を感じている方は参考になるかと思います。

カウンセリング

クリニックで受付を済ませたらカウンセリングが始まります。

カウンセリングだけして手術は別の日にって人もいますが当日に手術することも可能です。

(自分はもう一度行くのもしんどいのでそのまま当日に手術しました。)

事務室と手術室があり事務室で契約書などを書いて手術室の準備が整うのを待ちます。

準備が整ったら呼ばれて手術室に連れていかれます。

手術室に入ったらまず症状をチェックします。(パンツを脱いで下半身裸の状態でベッドに寝ます。)

チンコの状態を確認しその後グリグリ触られました。(真正の場合包皮と癒着している可能性があるので痛覚などをチェックします。)

そして先生が深刻な顔で語ります。

残念ですが重度の真正包茎です。早く手術しないと陰茎癌のリスクがあります。陰茎癌になるとペニス全部切らないといけなくなります。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・」

え?マジで?

先生が言うには包茎は二十歳過ぎるまでに治しておかないと包皮が癒着してどうにもならないらしい。(簡単に言うと亀頭と包皮が融合してしまうということらしいです

自分はこの時26歳だったので完全にアウトですね。

先生は語ります。

「重度の真正包茎なのでかなり難易度の高い手術になります。ですができるだけベストな治療を施します」
(その言葉には失敗する可能性が高いというニュアンスが含まれている気がするのですが大丈夫なんでしょうか!?)

その後手術の内容の説明をされます。

環状切開という手術で一周ぐるっと皮を切ってしまうそうです。

【費用について】

費用に関してですが包茎を治すだけで6万かかります。

web予約で一万円引きとか学割とかあるので保険適用とそんなに変わらないと思います。

オプションは10万かかったりするので不要であれば必ず断りましょう。

これはどこのクリニックでも同じでオプションは普通に高いです。

向こうも商売なので必ず進められます。

包茎で亀頭が圧迫された影響で血流が悪くなってるので今後亀頭は大きくならないとかそれを治す技術料が必要だとか言われたりしますが断って大丈夫です。そんな根拠はないので

むしろオプションを受けたいっていうマゾの方は別にいいんですけど…

目的を再度確認しましょう。

目的は悪魔で包茎を治すこと。

できれば痛くない治療でそこそこ綺麗な仕上がりの方がいいですよね。

泌尿器科の場合機能面重視で失敗される可能性や亀頭がぐちゃぐちゃな形になるリスクがあります。

しかし専門クリニックはプロなので安心できます。

メリットはそこだけで十分なのです。

手術開始 麻酔の痛みは?

契約書にサインをしたらいよいよ手術スタートです。

覚悟して来たけど今更になってめちゃめちゃ怖くなってきた…

想像と現実では全然怖さが違うんですよね。

ちんこさわられた瞬間に突然恐怖という悪魔が降臨しました(;´Д`)
(感情という心の蓋が突然開かれた感覚です)

とりあえず麻酔からスタートですね。

包茎手術における最大の不安それは麻酔注射をチンコに打つことです。

いきなり注射打たれるのかと思っていましたがそんなことはなく最初は表面麻酔です。
(注射による痛みを麻痺させるための麻酔)

これには個人差があり人によっては30分ぐらいかかったりします。

一定時間が経過したら痛みのチェックとか麻酔がちゃんと聞くように入念にやってくれます。
(痛いとか絶対に嫌なのでじっくりゆっくりやってください)

麻酔がちゃんと効いたら次はいよいよ本麻酔(注射の麻酔)をします。

5本か6本ぐらいペニスに注射打たれましたが表面麻酔のおかげで全然痛くなかったです。

他のクリニックの場合は痛くない注射をするだけでも5万かかるそうです。

それをタダでしてくれるっていうのは有難い。

包茎手術を受ける前に手術の体験談とか調べてたんですが実際手術自体は痛くないけど麻酔の痛みだけは避けられないらしい。

まあ一瞬とはいえチンコに注射打つわけですからね。

自分その立場なら5万払ってたかもしれん。

【手術ペニス切る編スタート】

最初と同じように痛みのチェックをしてから包皮を切る作業に入ります。

痛みは他の方が言われているとおり全然痛くなかった。
嫌それどころか触覚すらなかったです。

チンコを触られているかどうかすらわかりませんでした。

ただそれでも緊張は止まりません。

なんか局部の辺りからペチンッ!ペチンッ!とペンチみたいな音が聞こえるんですよ。

先生が喋ります。

今結構痛いことしてるけど大丈夫ですか?
かなり出血してますよ

もし痛かったら大変なことになってますよ!?

15分後…

無事手術が終了しました。

手術の難易度が高いとか自信ないみたいなこといってましたが、

失敗などなく完璧に直してくれました。

術後の痛みはどれぐらいか? いつまで続くのか

手術後最初の内は麻酔が効いているので全然痛くないですがこれから時間が経つにつれて麻酔がきれて徐々に痛みが増してくるとのことです。※痛みに関しては個人差があるとのこと

1時間ぐらいで完全に麻酔がきれて後絶望的な痛みに襲われ痛みのピークを過ぎれば大丈夫とのこと(だいたい4時間ぐらい)

ここからが本当の勝負です。

クリニックでもらった痛み止めと化膿止めを飲んで帰ります。

ネットで調べた限りでは

・手術後が滅茶苦茶痛い。
・生涯で最高クラスの痛み
・うずくまってしまうぐらい痛い

など言われてますね。

自分は車通勤だったのですが駐車場がクリニックから徒歩30分ぐらいの所に止めており駐車場までたどり着けるのか不安でした。(そもそも運転できるのか?)

手術が終わった後クリニックで30分消費してるので猶予があまりありません。

10分後かなりヒリヒリしてきました。

20分後無事駐車場までたどり着きました。まだ例の激痛は起こらない

1時間後…

2時間後………

あれあんま痛くなくない!?

正直言うほど全然痛くなかったです。

自分は重度の真正包茎でしかも手術中かなり出血してるとか嫌なセリフがあったので覚悟してたんですが全然痛くなかったです。

先生の腕がよかったのかもしれません。

完治するまでどれぐらいかかるか

完治するまではだいたい1か月ぐらいかかりますね。
痛みだけなら2週間ほどすれば問題なくなります。

糸は吸収糸なので抜糸の必要はありません(二回目通院する必要もありません)

手術後の痛み事態は大丈夫でしたがその後のリハビリはほんとに辛かったです。

包帯巻き直すだけでも滅茶苦茶痛いは小便するだけでかなり苦労するはで大変でした。

しかもこの状態で仕事中走り回らないといけないですからね。

デスクワークの人でさえ辛いとか言ってる人もいますがこっちはそんなどころじゃないですよ。

最後に

最初は手術とか怖いので一生真正包茎のままいきなり生きていこうかと悩んでたんですが
実際包茎が治ってめっちゃスッキリしました。

一生セックスとかできないとかの問題もありますが一番怖いのは陰茎癌のリスクですよね。
こんなん背負って生きていけませんよ。

東京ノーストクリニックを選んで本当に良かったと思います。
抜糸したくない。できるだけ痛くないように済ましてほしいって方は
東京ノーストクリニックおすすめです。

包茎手術 体験談 ブログ

どうもききです。
包茎手術をして二か月経過しました。
自分は大金使って手術しましたが(詳しくはこちらをご覧ください)
今思えば機能面だけでよかった気もします。
大金払えば仕上がり完璧と言われていますが彼女に見せたら玩具みたいと言われてしましました。
もうショックで訴えたいぐらいです。
包茎の手術をしてよかったことがあるとすれば陰茎癌にならなくて済むこととセックスができるようになった
ぐらいですね。まあどう考えても割に合わないど
あの時は手術の恐怖で冷静な判断を下せませんでした。
このまま手術しないで年をとれば完全癒着して手術事態できなくなる。
陰茎癌になるとか言われて費用は100万とかいわれました。
正直セックスよりもそっちの方がデカいのかもしれません。
手術自体は痛くなくて金よりも成功してよかったとその時は思いましたが
後々考えると失った金の方が痛すぎます。
真正だったからしょうがない気もしますがほんとに笑えません。
しかもその後クレジット契約で利子が倍に倍になり地獄でした。
後手術した後のリハビリはほんとに辛かったです。
自分は工場で動き回る仕事なので擦れるだけで痛いので走れません。
ヒアルロン酸を打てば皮膚が強化できると言われましたが
まったく効果なかったですね。
リハビリでけでなく借金もなんとかしないといけないし大騒動でした。
今回の件で包茎に悩んでる人に後のアドバイスできることがあるとすれば泌尿器科に行くことですね。
失敗しても金は安く済みます。
そして真正の人はもう諦めてください色々と。
失敗率は高いんで何かしら後遺症は残るでしょう。
癌とかになるよりそっちの方がリスク高いかもしれません。
なので諦めて覚悟決まったらとにかく安く済ませましょう。
手術が痛い病院痛くない病院等不安はあるでしょうがまず金を第一に考えないといけませんね。

包茎手術は絶対にしないほうがいい理由

どうもききです。
前回の記事で包茎手術の体験談を書きましたが今回は後日談というか人生終了したので聞いてほしいと思います。そして包茎手術は真正であってもしない方がいいと思います。してもいいけど泌尿器科で失敗覚悟で安値で手術するのが一番でしょう。
衛生面のリスクもありますが手術で人生終了するリスクのほうが高いからw
自分の場合は尿障害は残りました。後遺症は何かしら確実に残ると言っていいでしょう。
20歳すぎたら包皮と亀頭が癒着してより後遺症が残りやすいかもしれません。
ただ高校生で親に相談していくのが一番だと考えます。
さて前回かかった費用を見せましたが実際には300万近くの金を失いかけました。
なぜかというと包茎手術を高額で受けた場合クレジットカード会社とローンを組まされます。
そうすると元金と同額の利息を支払うことになり結果的に倍支払うことになります。
この辺はすぐに一括に変えてもらい対処すれば助かる場合もありますが振り込め詐欺にかかってたら完全終了ですね。
そして親にばれる件ですが100%ばれますね。なぜなら病院は配慮して送らないけどクレジット会社は送るからね。自分は家を追い出されました。
わかりますか?包茎手術が人生に与えるダメージは計り知れません。
まず仮性包茎の人は絶対しない方がいいです。そして真正包茎の人は女抱けなくてもいいなら無理に手術しなくてもいいと思います。やるとしたらクリニック。その代わり痛いかもしれないし失敗率は専門クリニックよりも高いかもしれませんがそれでも専門はやめとけって思います。
衛生面のリスクとか陰茎癌のリスクとか言ってるだけであるかないかわからないしね。
以上でこの話を終わりにしようと思います。ご清聴ありがとうございました。

包茎手術体験談 オプションや実際にかかった費用

どうもききです。
今回は最近専門クリニックで受けた包茎手術の話をしたいと思います。
私は真正包茎でして真正包茎とは包皮が亀頭に完全に被さってしまっている状態のことをいいます。
本来なら高校生ぐらいの時に剥けていないおかしいらしいです。
成人してしまうと包皮と亀頭が癒着してしまって自力で剥くのは不可能でとか、
時間が経てば経つほど融合してしまうので年齢が30過ぎてしまったらもうやばいレベルって話をされました。
真正包茎は保険適用できて手術費用数万で済みますが(仮性は適用できない)専門のクリニックだと保険適用できずさらに高くなります。手術が難しければ難しいほど高いってことですね。
では実際の見積もりについて話をしていきたいと思います。

見てもらったらわかる通り包茎を治すだけなら6万で可能です。
しかしそれ以外のオプションは全て10万超えます。
ツートンカラーとか傷跡はまあセフレいない人や彼女作る予定ない人なら無しでもいいでしょう。
しかしそれ以外の項目は削ったら確実に後遺症がでることになります。
主に性感帯の感度がなくなるとかそれ以上に面倒なことになる可能性があります。
では次に重要な項目について話をしていきます。

裏筋の調整について

裏筋とはザックリいうと性感帯のことです。この項目を削ると性感帯の感度が大分落ちます。
機能には支障ありませんが簡単には外せません。

癒着剥離とは

真正包茎の人は常に皮をかぶっているため内部で亀頭が圧迫されます。
そのため血行が非常に悪くなっています。その血行をよくするってことですね。
血行が悪いままだと何が起こるのかは知りませんがいいイメージは沸きません。
これも外しにくい項目。

ヒアルロン酸注入について

これがある意味一番重要な項目。究極の選択です。
ヒアルロン酸注入をペニスに注入することでペニスを大きく立派にすることができます。
見てもらったらわかるとおり全体の費用の半分を占めています。
金に余裕がない人やセフレや彼女がいない人はそこまでしてする必要性ないと感じるかもしれません。
ペニスは剥ければ勝手に成長していくという説もあるのでやる必要は全くないという話もあります。
しかし話はそう単純ではありません。亀頭は剥けた状態だととても痛いです。
普段皮が被っているので亀頭の皮膚はとても弱くパンツが擦れただけでも激痛です。
それを剥いては戻す作業を繰り返すことで亀頭は強くなっていきます。
しかし手術してしまうと戻す皮がありません。ずっと痛覚になれるトレーニングをしないといけないわけです。
そこでヒアルロン酸の出番。ヒアルロン酸を注入することで痛みの部分を強化できます。
1本20万打てば打つほど痛くなくなります。
痛みを金で解決できるってことになります。
実際そんな痛くなかったです。トランクスでも全然余裕でした。
しかし何事にも個人差というものがあります。効果があったのかどうかは比較対象がいないのでなんとも言えません。医学的根拠もありません。
この項目に関してはほぼ詐欺に近いですね。しかし仕事しているあなたはその激痛に数か月耐えられますか?耐えられませんよね?地獄を耐える覚悟があるなら払わないのも一つの選択肢。
機能面やデザイン面に関してはする必要性は全くないです。この件に関しては絶対予備知識をもっておいて
じっくり考えてから行ったほうがいいです。

手術中手術後の痛みについて

最後に手術中手術後の痛みについてお話ししたいと思います。
手術中は麻酔のおかげで全く痛くなかった。触覚事態消滅しているので何されてるかわからないレベルでした。注射に関しても最初に正面麻酔を打っているので普通の注射よりも痛くなかったです。
手術後に関してもヒリヒリしただけで大して痛くなかったです。痛み止め飲むまでもありませんでした。
これに関しては個人差があるのでなんとも言えません。激痛と言っている人もいます。ただ他の人もいわれているように二週間は苦しみました。

何も触れなければ痛くないですが触れるとかなりいたいです。
また尿道が腫れているのか全然おしっこがでなくて排尿だけでもかなり痛いです。
手術の痛み事態は大丈夫でしょうが術後のリハビリがかなり苦しいですね。
今はなんともないですが本当に治らないかと思いました。

完治に3か月はかかりました。予想よりも長かったです。

以上で話は終わりです。手術を考えている人はある程度予備知識をもっておいてください。