ようこそ実力至上主義の教室へ9巻感想考察 坂柳ハニートラップ

どうもききです。
今回はようこそ実力至上主義の教室へ9巻の感想と考察を書きたいと思います。
今回の表紙は橋本と神室ですがメインは一ノ瀬になります。
今回坂柳が一ノ瀬を潰す作戦を実行します。

ザックリとまとめると坂柳が一ノ瀬が犯罪者という噂を流し一ノ瀬は心を折られ学校に来なくなる。
綾小路は神室に一ノ瀬を助けるよう依頼され一ノ瀬の心を修復。
結果一ノ瀬は坂柳を跳ね除け坂柳の作戦は失敗しました。

実際は坂柳が綾小路を釣るために行った行動なので自分で一ノ瀬を潰しといて神室に綾小路に一ノ瀬を助けさせるように仕向けただけになります。(坂柳の作戦を全て教えてついでに一ノ瀬を助けるための答えも教えるというなめ腐ったまねをされる)

全て坂柳の自作自演で無理やり動かされた綾小路は超不機嫌。

あんまりしつこいので綾小路は坂柳の勝負を受けてあげることにしました。
次巻決戦となります。
今回気になる伏線がいくつか用意されてありました。

坂柳のハニートラップ

今回坂柳が山内にハニートラップを仕掛け山内はコロッと色仕掛けに引っ掛かり手ゴマにしてしまいました。
容姿よりも頭脳や実力重視の坂柳が自らのの可愛さを作戦に組み込んでしまうのが予想外でした。

山内を手ゴマにして操り綾小路との勝負で有効活用するっぽいですね。
普通に考えるなら山内をスパイとして操りCクラスを滅茶苦茶にするって感じですかね。

しかし何故無能な山内をわざわざ選んだのか。

確かに洗脳するのは簡単ですがそんなしょぼい作戦で果たして綾小路を倒せるでしょうか?

山内をわざわざ手ゴマにするぐらいなら櫛田か龍園を仲間にすれば綾小路といえど簡単に落とせるはずです。
坂柳も龍園が綾小路に潰されたとほぼ予想していますし龍園櫛田と言えど綾小路を潰すためなら喜んで協力してくれるでしょう。
さすがにそれぐらいの頭は回るはず。

じゃあなぜ山内を使うことにしたのか。
おそらく綾小路の正体を誰にも知られずに綾小路を倒すという縛りルールを自らにかけているのだと思います。

だから龍園が綾小路に倒されたとわかっていてもその話は絶対にしません。

後は手ゴマにしやすかったら誰でもよかったって感じですね。
仮にも最高峰の頭脳を名乗っているのでもうちょっとひねってほしいですね。

綾小路の真の狙い

綾小路は坂柳に踊らされついでに勝負まで受けさせられましたが全て計算通り動いているらしく本当の目的は坂柳を倒すことではないらしいです。

本当の目的は櫛田を退学にさせることだそうです。

坂柳の勝負と櫛田を退学にすることに一体何の関係があるのか路線が違いすぎて意味不明です。

無理やり考えるなら坂柳が洗脳した山内を操ってクラスを滅茶苦茶にするテンプレ作戦を実行→綾小路はその作戦を利用しわざとCクラスをボロ負けされる→ついでに櫛田が退学になるように仕掛ける

ていう展開ならありえますね。

 

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典12巻感想ネタバレ エレノアはセリカより強い!?

どうもききです。
今回はロクでなし魔術講師と禁忌教典12巻ネタバレ感想を書きたいと思います。
今回はセリカがメインの話になります。アルザーノ帝国魔術学園は秋休みでグレンたちは長期休暇になります。

特にやることもないグレンは暇つぶしにAの奥義書の解読でもしようかと思っていたところシスティーナたちに長期休暇一緒に旅行にいこうと誘われます。

グレンは特にやることもなく暇だったので承諾します。
その瞬間突如セリカがグレンの前に現れました。

セリカは突然返ってきて家族水入らずで旅行にいこうと誘われ強引に連れていかれますが横取りされたシスティーナ達は黙っておれず結局システィーナたちも一緒に行くことになります。旅行先はスノリアという極寒の地域になります。

セリカはホテルの予約をとっていて平穏な旅行を楽しむ予定でしたがその頃スノリアには銀竜教団という悪の宗教団体がうろうろしていてそのホテルも宗教団体により占拠されていました。

現在危険という理由でホテルの予約を強制キャンセルされてセリカはぶちぎれて銀竜教団を潰しに行きます。

その後はセリカ無双でホテルを占拠していた銀竜教団は一瞬にして駆逐されました。

指鳴らすだけで爆風をおこしたり一説詠唱のダブルスペル高難易度魔術の乱用など無双という無双で地獄絵図となりました。

今回最も使用される魔術がロードエクスペリエンスになります。その魔術は使用する武器の過去の使用者の技をそのまま継承できるといったもので聖剣を持ったら剣聖の身体能力が得られます。

エリテーテの剣はアセロイエロに砕かれましたが破片でも機能するようで破片をもった状態で普通の武器を使用してもエリテーテの技が使えるようです。
その圧倒的な破壊力で皆がおそれホテルもただで泊まれるようになりました。

スノリアには銀竜祭という儀式があるらしく踊ったり供物を奉納して白銀竜に祈りをささげるといった儀式のようです。

実際は白銀竜に生贄をささげるといった儀式のようですがそれっぽい儀式ということになります。

祭りの最中聖リリィ女学園の生徒と遭遇します。
以前グレンが女装してその学園の臨時講師を務めたのですが聖リリィ女学園の生徒はグレンが男だといまさら知り少しショックを受けましたが女のグレンに惚れていたらしくむしろラッキーといった感じでシスティーナ達のライバルが増えてしまいました。

旅行の間セリカはグレンにべったりでシスティーナ達はグレンといちゃいちゃしたいのにその隙間が全くありません。

そんなときリリィ女学園のコレットがある提案をします。

ホワイトタウンで雪合戦最強決定戦が開催されるらしくその雪合戦で勝利した人が明日グレンと一日デートできるという権利が得るという勝負をセリカに持ち掛けます。

セリカはグレンに彼女ができるのはむしろ母親としては嬉しいことだと考えています。セリカはあっさりその勝負を引き受けました。

雪合戦ではシスティーナ達は全員同盟を組みセリカひとりを複数人で潰しにかかります。

雪合戦のルールでは雪玉を当てる以外の攻撃は禁止でアサルトスペル(攻撃魔法)は完全に使用できなくなります。

魔法でなければ勝ち目があると思っていましたがアサルトスペル以外は使用可能で余裕でセリカはかわします。

更に風魔法で雪を操ったり時間停止魔法を使ったりなどやりたい放題でグレンに彼女ができるのは母親としては嬉しいことみたいなことを言っておきながら手加減無し。

システィーナたちの敗北は確定しましたがやりすぎということで全員失格になりこの勝負はなかったことになりました。

グレンたちが祭りを楽しんでいるなか銀竜教団で事件がおこりました。
銀竜教団のトップの大長老が現れ突然銀竜教団員全員を白銀竜の生贄にささげると言い出します。

銀竜教団と天の知恵研究会は繋がっていましたがエレノアが中間でやり取りをしていました。エレノアは大長老を殺害し屍術で操って銀竜教団をコントロールしていたみたいです。教団員たちは竜の生贄にささげられ竜の供物にされました。
生贄の血肉で封印されていた白銀竜が復活します。

銀竜祭一日目が終了しましたがあるトラブルが発生します。なんでも三日目に行う銀竜降臨演舞のスタッフが突然消えたらしく銀竜降臨演舞を行うことが出来なくなります。その代役でセリカは抜擢されました。システィーナ達も参加しますがセリカがこの演舞のメインになります。

セリカは圧倒的な美貌と舞踊で観客たちは釘付けになりました。そんなとき突然白銀竜があらわれます。ドラゴンシャウト(竜の咆哮)で観客全員が一時的に五感を失うほどの精神攻撃のようです。

竜はセリカを憎んでいるらしくセリカに場所を指定してその場を去ります。
セリカはかつて幼い少女を竜に変えてしまったようです。昔は魔法で大量殺戮をしたりなどの罪を犯していて悪い人間だったようですがその記憶がなく今まで自覚していませんでした。

セリカは罪を償うためにひとり竜に会いにいきました。

セリカと竜の戦いは激戦でしたがセリカのキャパシティは依然と比べて無限ではないので
マナ欠乏症になりました。グレンたちが駆け付けたことでなんとか死を回避します。

そこから全員で力を合わせて竜退治に行きます。
セリカはグレン達を頼り力を借りることにします。
竜と戦えるのはセリカだけなのでセリカメインになりグレンたちはサポートします。

ルミアはアルスマグナでセリカのキャパシティをあげシスティーナは魔力切れのバックアップ
リィエルとグレンは周りの雑魚を一層します。

セリカはえげつない攻撃をくりだしますが竜はノーダメージ
そこでロードエクスペリエンス×イクスティンクションブレードを発動します。

イクスティンクションレイを剣の形に収束させたのがイクスティンクションブレードになります。

最終的にどの魔法もきかなかったのですが最終的にセリカがドラグイニッシュを思いだして一撃で倒しました。

ドラゴンは少女の姿にもどりセリカが責任もって育てることになりました。

だいたいあらすじというかほぼネタバレになります。

大導師フェロード登場

天の知恵研究会のトップである大導師がついに出てきました。名前はフェロードで容姿は若い美少年でした。

彼は運命を好んでおり計画の邪魔者を排除するとかいう考えは嫌いみたいです。
グレンが勝手に転んでくれて勝手に絵図が完成すると考えているようです。

エレノアはセリカより強い!?

聞き捨てならないセリフが登場しました。

エレノアはセリカを排除しようかとフェロードに提案しますが却下されます。
しかしフェロード曰くエレノアが本気でやろうと思えば全然できるみたいです。

でもアルベルトに手も足も出なかったのにいきなりセリカ倒せるとか言われても、

アルベルトより百倍ぐらい次元上なんですが向こう(セリカ)(;’∀’)

正直な感想

個人的には今回ちょっとだけ微妙だった気がします。

自分セリカ推しじゃないから(´;ω;`)

まあ普段より黒魔というかすごい魔法が多いですね今回。
普段は日常が面白いけど今回は魔術戦が面白いです。
序盤はセリカが無双しすぎてわけわからんことになってましたからね。

個人的にはシスティーナとルミアの恋バナが聞きたいんだよ。

そっちがメインで天の知恵とか正直どうでもいい。

以上で感想を終わります。

ようこそ実力至上主義の教室へ8巻ネタバレ 高円寺の謎が明かされる

どうもききです。
ようこそ実力主義の教室8巻の感想を書きたいと思います。
今回の話は林間学校で1年から3年を混ぜた特別試験になります。

試験の内容について

試験の内容ですがまず1学年男女別で10から15人のクラスごちゃ混ぜにしたグループを6個つくり
それぞれのグループの責任者(リーダー)を決めます。ただし最低でもニクラス混ぜて作らないといけない。
そのあとそれぞれの6個のグループを3学年で合計した大グループを作ります。
試験の成績は一位から六位まであり一位から三位までが報酬をもらえるグループ
それ以下がペナルテイを食らうグループとなり最下位グループの責任者は退学になります。
責任者はリスクを負いますが優勝したグループの責任者のクラスの報酬は倍になります。
グループが入賞したとき得られる報酬はグループの全員に付与されたとえば報酬がクラスポイントが3だった場合そのクラスに存在しているクラスの人数×3になります。
さらに3クラス混合グループだった場合報酬は二倍4クラス混合グループだった場合三倍になります。
この辺結構めんどくさいです。グループ決める時点で心理戦が始まってるわけですね。
ライアーゲームに近い感じです。悲しいことに綾小路君は南雲先輩と同じグループ。さらに高円寺も同じグループなので問題は山積みです。そして南雲の小グループは自分以外のメンバーが下位クラスの雑魚メンバーという意味わからん戦略を打ってきます。
試験の結果は最終日にテストを行い決定します。
それまでは林間学校で自然生活をしながら道徳とか座禅とかの教育を受けます。
今回は男女別の試験になるので全く出てこないわけではないですがラブコメ的要素はなくて頭脳メインって感じです。それでも全然面白いことは面白いですが女の子の華が無いのでその辺はなんとも言えません。

高円寺について

今回は高円寺というキャラクターを掘り下げた描写があります。女の子や龍園はそんな出てこないのでもうこいつが今巻のおかずみたいなもんですね。
高円寺は自分がルールなので連帯責任であっても彼を縛ることはできません。能力は高いですがAクラスに興味ないのでペナルティを食らおうが関係ありません。
そんな高円寺ですが驚きの新事実が明かされます。南雲に高よって高円寺の作戦を暴露されました。どうやらプライベートポイントを現金で買い取って2000万ポイント貯める計画だったようです。2000万ポイントとは学校に払えばAクラスに無条件で上がれる額ですね。一様裏行為なので南雲に暴露されっ使えなくなりました。しかし高円寺は次期社長なので別にAクラスどうとか退学とか進路には関係ありません。
結局は強者の戯れで遊んでるだけのようにも思えます。

南雲vs堀北について

今回は南雲と堀北兄の対決がメインになりますが対決の内容は単純にシンプルに試験の点数で競います。
プライドをかけた戦いということになりますが、南雲が下衆すぎました。外野を巻き込まないという約束で堀北は南雲の対決を受けました。
南雲は龍園みたいな性格が悪いキャラですが仮にも生徒会を務めておりサッカー部の主将も務めています。敵でありながらそれなりに絶対の信頼がありました。
しかし南雲は早々にプライドを放棄し堀北の愛人というか恋人的存在である元副会長橘を潰すという作戦を発動します。三年Bクラス以下は堀北に勝てないまま卒業したら人生終了状態ですが南雲のおかげでAクラスに上がれる可能性が出てきたので喜んで堀北潰しに協力します。
堀北は最初から読んでいましたが南雲には二年間生徒会を共にしてきて卑怯な手はけして使わないという絶対の信頼があったのであえて警戒しませんでした。むしろ警戒させることが目的で裏の裏まで読んで失敗させる作戦だと思っていましたが本当にやりやがった。という結末に終わりました。

今回綾小路は軽を使って南雲の動きを調査しますが結局何もせず堀北が潰れるのを傍観するだけして終わりました。未来が全部見えてましたが何もしないっていう珍しい回ではありましたが折角調査して答えまでたどり着いたのにもったいない感はありますね。
今回男ばっかりだけどなかなかかなり面白かったです。特に石崎と幸村の友情には不覚にも感動してしまいましたあんなモブみたな連中が感動のストーリーを見せてくれました。
高円寺と龍園に関しては爆笑でしたね。
ただ面白かったけど美少女の華がない。ちょっとはあったけど数ページほどですね。
次巻はもうちょっと女の子出してほしいです。

ようこそ実力至上主義の教室へ8巻試し読み感想

どうもききです。
5月25日発売予定のよう実8巻ですが公式ページで試し読みがあったので読んどきました。
今回の独白は堀北学で堀北の兄貴ですね。堀北は努力家でスペック事態かなり高いですが特に目標はなくなりたいものはないらしいです。ただ堀北の模範として生きることが存在目的みたいな感じでした。
だから堀北を良く思っていないのかもしれません。
そして本編ですがDクラスはいつの間にかCクラスになっていました。
いままでDクラスって呼んでたのをCクラスって呼ぶわけですからややこしくなると思ってましたが、
さすがにこれ以上Dクラスで引っ張るのは無理があったんでしょう。
今回の特別試験は山奥で全学年対抗の特別試験のようです。
ニ三年とか南雲含めまったく興味ないんですが前回まで神面白かったけど今回は面白いかどうか不安です。
一つだけ興味があるとすれば高円寺ですね。今回彼に動きがあるみたいです。
ここまできてタダの変態で終わらすのはもったいということでしょう。
二三年には興味ないけど可愛い子には興味あるからそこだけ楽しみですかね。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない6巻感想

どうもききです。
俺が好きなのは妹じゃない6巻感想を書きたいと思います。
前回涼花が裕と同じ高校に入学することになりましたがそれはまあおまけって感じで今回の話のメインは涼花のラノベの新作の取材になります。
今回恋愛ラブコメ祭りをやるので新作ラノベのお試し版みたいなものを出せと担当に言われます。
その祭りで氷室と何かを賭けて勝負することになります。
涼花にとっては負けられない戦いであり負けたら兄をもっていかれます。
涼花は現状に危機感を感じており妹の立場である限り氷室には勝てないことを悟ります(恋愛的な意味で)
なので新作ラブコメは妹系ラブコメは封印し涼花を妹じゃない設定で書くことになります。
涼花を妹じゃなく彼女という設定で取材することになるので涼花は家を出て寮で生活し裕は涼花と付き合っているという想定で生活しなければならなくなります。
まあ彼氏彼女の設定でデートしたりいちゃいちゃするのが今回のお話でした。
今回もなかなか面白かったです。自分は氷室というキャラはそんな好きなキャラじゃなかったけど今回で評価が少し変わりました。
基本このラノベは涼花というキャラクターが圧倒的なので他のサブヒロインはあんまりって感じでした。
しかし時間が経つにつれてキャラクターの味がわかってくるのかもしれません。氷室は理不尽系ヒロインとして今後もパワーアップしていってほしいですね。
以上で感想を終わります。