ブログ魂を込めて書いた記事はアクセスされなければ無価値なのか

どうもききです。

今回は魂を込めて書いた記事はアクセスされなければ無価値かどうかについて議論したいと思います。

一生懸命書いた渾身の勝負記事が全くアクセスされないということがよくあると思います。

逆に適当に書いた記事でもなぜか上位に表示されてニーズがあればアクセスされることのほうが多いと思います。

結局投稿してみないと死に記事なのかどうかは分かりません。

じゃあガチで書いてもアクセスされなかったらその労力は無駄になるんじゃないかって話です。

例えばブログSEO関連の記事を書いてる人はたくさんいます。

高クオリティな記事を書いたとしてもまず間違いなく圏外です。

でも1万記事ぐらい書いてるのに検索下位の人沢山いますよね。

その労力は無駄なんでしょうか?

実はそうでもないです。

例えばワードプレスの場合ページの最後に関連記事が表示されてその関連記事を読む人がいます。

沢山記事を書けばどれかがヒットするでしょう。

そこからページを回遊してもらう必要があります。

もしその記事が本当に面白ければ滞在時間が長くなり回遊率も増えます。

それが結果的にGoogleに評価されて検索順位が上がりアクセスが増えていくという仕組みです。

つまり必要なのは関連記事を増やすことと良質な記事を書くことですね。

質の高い記事を書くことが一番重要ですが

鍵になるべき量が絶対的に必要ということですね。

 

 

 

ブログ半年後PVが0に!アクセスが減少した時に絶対にやってはいけないこと

どうもききです。

今回はブログのアクセス減少についてお話したいと思います

ブログを運営してから半年が過ぎました。
他の方が言われている通り確かに3か月が過ぎたあたりから軌道に乗り始めました。
5か月目は一気に100pvを超えてこのまま右肩上がりだと思っていたんですが、
半年後PVが0まで激減してしまいました。

浮かれていた時に絶望の谷底に落とされたので衝撃が半端なかったです。
理由は言うまでもなく記事の検索順位が急落したこと
自分の場合ほぼすべての検索順位が落ちていたのでもう一瞬でした。

どうやら8月のgoogleアップデートで布順位が落とされたようです。
パンダアップデート、ペンギンアップデートやらブログ始めたときは無縁だったのでまさかこんなことが起こるとは思いませんでした。

googleアリティクスで調べたところ直帰率や滞在時間がgoogleアップデートに関係してるみたいな。

記事の旬が過ぎてもちょろちょろ拾ってくれる方がいるのですが今回でメイン記事が全部死亡。

嫌もうほんとにやめようかと思いました。サーバー代きついですし

こっから立ち上がるのは相当難しいです。

順位が落ちたこと自体はもういいんですよ。新しい記事を更新しても0が動く気が全くしないので絶望しかなかったです。

始めた当初よりひどいですよ。これは

実はこの時重大な過ちを犯していました。

アクセスが減少した時に絶対にやってはいけないことそれはゴミ記事だと思う記事を削除すること

ゴミ記事がgoogleの評価を下げているのではないか?そう思ってしまったんですよね。

ですがそれは大きな間違い。確かによっぽどひどい記事は消した方がいいんですが記事数がそんな多くないなら消すべきではないです。

確かに記事を消したらgoogleの評価に関係があるとはgoogleは一言も言ってません。(ないとも言ってないけどね

確かにそんな記事誰も見ないかもしれませんがクローラーは見ますからね。

もしあなたがゴミ記事だと思っている記事が上位に表示されていたとしてそれを安易に消した場合クローラーが回ってきません。するとどうなるのか

有益とか無益とか以前に反応すらされません。

ゴミかどうかの判定を受ける権利すらないのです。

だから記事数は絶対的に必要です。(まあよっぽどひどい記事は消した方がいいですね。)

有益かどうかはあなたが判断するのではなくgoogleが判断するんです。

だからgoogleは記事を消すべきではないと言ってるんでしょうね。

とりあえず今できることはライバルを分析して次に生かす。

既存の記事に関してはできるだけネットユーザーが食いつきそうなタイトルに変更する。それぐらいですかね。

後はとにかく更新することですね。過去の記事の修正作業をずっとしててもしょうがないです。

自分はゴミ箱に送った記事を全部戻してひたすら更新し続けました。

そうすると光がちょっとだけ戻ってきた気がします。

 

 

googleキーワードプランナー制限解除条件【2018】とppc広告の実態

どうもききです。
gooleキーワードプランナー制限解除について記事を書きたいと思います。
既に知ってる方も多いかと思いますがgooleキーワードプランナーとは月間検索ボリュームを検索できるサービスです。

gooleキーワードプランナー、googleアナリティクス、webマスターツールなど
ブログで集客するうえで欠かせない三種の神器の内の一つです。

無料版では100~1000とか曖昧なデータしか見ることができません。
実際に制限を解除してみたら天と地の差があります。
100~1000ならだいたい半分以下で200ぐらいが多いと思います。
100~1000で100を下回ることはないので安心してください。
最低600ぐらいならまだ救いがあるんですが一か月の検索ボリュームわずか200のために
沢山のライバルと戦ってなんで命削ってブログ書かなあかんねん(笑)ってなりますよね。
狙うなら検索ボリュームが多いキーワードです。

まあそれがわかったから何がどうなるわけでもないんですが
今力を入れている記事。労力をかけている記事(漫画の感想とかだったらたいした労力じゃありませんが)が
需要がある記事なのかどうかがとても重要です。
とても役にたつ記事でも一か月の検索が10とかだったらしゃれになりませんよ。(検索トップなら少なくとも意味はあります)
なので詳しいデータを得る必要があります。

もう一度いいますがそれがわかったから何がどうなるわけでもないです。
穴場なんてありませんから。
ただある程度の今後の方針を決めるためには必須です。

有料版にするには広告を出稿して実際にクリックされて費用が発生すれば見ることが出来るようになります。
だいたい百円以上払えば制限が解除されるようになります。
なので早速なんでもいいからppc広告を出して数百円払ってすぐに制限を解除しましょう・・・・・

って言いたいところなんですがそれがそうもいかねーんですよ(+_+)

広告を貼るには審査が必要なんです。審査して低品質なコンテンツは不承認になります。
つまり広告を表示してもらえません。(なんぼ金払ってもね)

さらにゲスい話をしますね。googleはブログ主がお金を払うことで上位表示の枠を作ってあげて広告で宣伝してあげる
っていうシステムをつくってますが心の底ではgooleは低品質なブログを上位に表示させるのは死ぬほど嫌なんです。
なんぼ金払ってもらおうがgoogleシステムの均衡が崩れるリスクを考えたら害でしかないですよね。

なのでできるだけ目立たないようなところに上位表示します。
恐ろしいことにクリックされなくても検索結果に表示されただけで費用が発生します。
全く意味ないですよね。高品質でキャッチコピーがよければいいんですが(捨て金になります。)150円ぐらいに設定しておくのがお勧めです。

で審査なんですが最悪一週間近くはかかります。Adsenceほどえげつなくはないのでさすがに数日で審査に通ると思います。

審査に通ったら広告が表示できるようになりますがまた問題が発生します。

学習中とかよくわからないステータスが表示されて予算がすくないと無駄に表示するための計算をしだしてさらに時間がかかります。50円とかだと正直+4日ぐらい待つことになります。

で無事広告が表示されてクリックされて100円超えたらようやく制限なしのキーワードプランナーが使える最低条件になります。

その前に言い忘れていましたが実績が見れるのは過去一日前までで当日のデータは除外になります。当日に100円超えても次の日になってデータが更新されるまで使えません。

で次の日データが更新されました。張り切ってキーワードプランナーで検索ボリュームを検索しました。

 

ハイ使えません。

あれ?・・・・・

実はすぐには使えないんです。その日の夕方ぐらいになってやっと使えるようになります。

この辺正直よくわからないですね。個人的には200円はほしいですね。100円だとなんらかの不具合が発生するかもしれません。

個人的なデータですがクリック実績は全く関係ありません。金さえ払えば使えるようになります。

1000円の費用が発生したのに一回しかクリックされてないから制限は解除できないなんていう下衆な話はないので安心してください。

またこの画像見てもらえばわかると思いますが後から広告停止しても使えるのでご安心ください。

すぐに制限を解除したい方、残念ですがなんぼ金払おうがすぐには使えません。

一週ぐらいで使えるようになるとは思うので焦らず待ちましょう。

 

 

ブログ開設から二か月半経過。現実を知る。

どうもききです。
今回はブログを開設してから二か月半経過したので結果を報告したいと思います。
もうすぐ運命の三か月が経過しようとしていますが。あまりに酷い結果なので愚痴ろうと思います。
記事数は現在70記事ですが最初に比べて全然アクセスが伸びません。
最初の一か月の勢いはどこへ行ったった?って感じ
現在の平均アクセスは30ぐらいですがそれでもかなり不安定でいつゼロショックがおかしくないレベル。
しかも問題はそこではなくアナリクスで調べた結果割と上位表示されてるのにこの結果っていうね。
とりあえずグラフを見てほしいです。これぞまさに絶望の結果ですね。

いやゴミにしては全然いい方かもしれないですけどね。普通は0に等しいですからね。
最初のころは1日のアクセスが5人でも全然うれしいぐらいでした。
しかしそろそろ笑えなくなってきましたね。この動く気配が全くないアクセス数に
まじで一生無理なんじゃねって感じです。
今は漫画の感想を惰性で書いて首の皮がぎりぎり繋がってる状態です。
だってしょうがないじゃないですか。肝心の勝負記事が全然上位に来ないんだもん。
適当に繋ぎで作ったものがたまたまヒットする世の中ですからね。
とりあえず分かったのは漫画系の記事は割と上位が緩いけどアクセスは増えないってことですかね。
調べた結果最上位の検索結果の表示回数は1000ぐらいですからまあ1万とかいってる奴の意味が分かりません。
最上位の人たちのアクセス数の限界が4000みたいなのでそりゃ無理ですよね。
とりあえず雑記1000記事目指して頑張ろうと思います。
数打っても当たらないってみんな言ってますが誰も立証できないのでいってみるしかありません。
てかそれしか方法ありません。
唯一怖いのがパンダですかね。そこだけなんとか回避したいです。

ブログのSEOについて。掲載順位を一瞬で上位に上げる方法

どうもききです。
今回はブログの掲載順位を簡単に上げる方法を解説したいと思います。
この方法を使えば文字数1000まで無理に頑張る必要はありません。
ドメインパワーも関係ないですね。
ただし上位にいこうが価値のある記事でなければ結局アクセス増えませんが😭
ついでに任意の記事を上位の持っていけるわけではありません。
悪魔でもユーザーの需要に無理に合わせる形になります。
この方法を使う前にとりあえず雑記記事でいいので幅広い分野で記事を書きます。
次に必要なのがgoogleウェブマスターツールの検索アナリクスです。
この検索アナリクスを使うとユーザーがどのような検索キーワードで自分の記事までたどり着いたのか
またキーワードごとの検索順位を知ることができます。
この機能を使ってユーザーの需要を調査することが出来るわけです。
この中で注目してほしいのが表示回数。
表示回数とはアクセスはされなかったけど検索結果には表示されたことをいいます。
この値が大きいほどそのキーワードに関する需要が大きいということになります。
次にかすりキーワードというものが存在します。
かすりキーワードとは惜しいキーワードもしくは全然関係ないキーワードで検索結果に表示されたものを言います。
このかすりキーワードをタイトルにダイレクトで入れることで割とすぐにインデックスされプラス検索されやすいので
上位表示されるまでの道のりが大分早いです。
ただしこの方法を使ったとしても簡単には成功できません。
実際自分は上位に行ったところでその記事の総アクセスは表示回数の10分の1ほどです。
しかもおいしいかすりキーワードはそうホイホイ出てくるものでもありません。
需要が大きいかすりキーワードが多ければ結構アクセス増やせるとは思いますが。
一様成功のための必要なピースの一つなのは間違いないと思います。
実際上位表示されてるものは1000文字超えてないものばかりです。
魂で書いた記事をほぼ圏外という悲しい結果です。
滞在時間とか考えると文字数多い方がいいのは間違いないですが、その記事が上位に行くかどうかは結局わかりません。
ユーザーの需要をいかに解析するかが成功のカギになりそうですね。