bungoブンゴ190話ネタバレ チート

どうもききです。

今回はbungoブンゴ190話のネタバレを書こうと思います。

瑛太の覚醒によって藤ヶ丘打線は三振の屍連ねる一方ですが

そもそも変化球の正体が分からなければ対策のしようがないということで皆浦は変化球の正体を探ることに専念します。

変化球の正体はジャイロスライダーであると判明しますが

スポンサーリンク

会場にいるごく一部のトッププレイヤー達は瑛太のヤバさを理解します。

すごいと言うよりみんな惹いている感じで中学生の投手が投げるなどあってはならない禁忌の如く‥

皆浦はジャイロスライダーの特性を解説します。

途中までストレートでバットを振る直前で急変化するらしい。(赤トンボールやんけ‥)

ざっくり言うと打つのはほぼ不可能。

近藤はジャイロスライダーを変化球というより魔球だと言っており

チートすぎてプロ野球選手が皆使い出すぐらい強いみたい。

皆浦曰く弱点と言えるものはないらしくあえて言うなら習得が難しいのが弱点。

また投げミスしたら即ホームランの危険性が高いためここぞという場面で使うような球ではないようです。

弱点はそれぐらいてジャイロスライダーを打つ方法はそもそも存在しないようです。

ただ瑛太の場合投げミスしたら変な回転がかかって更に厄介な変化球となるようです。

皆浦は瑛太の投球に戦慄し河村を見ます。

河村はルーティーンを何度も行いますが打てるイメージが全く沸いてこないと焦りだします。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)