漫画感想ブログ

HOME

BUNGOブンゴ181話ネタバレ感想片手ホームラン

どうもききです。

今回はブンゴ181話のネタバレ感想を書こうと思います。

今回はついに天才河村幸一とのバトル。

野球IQが高い袴田と瑛太は既に研究しており河村は安打100%ですがインハイだけはヒット売っていないというデータがありました。

しかし攻略不可能と言われる河村に対してただ苦手コースに放っただけでは空振りさせられません。

しかし相当洗練された球を完璧なコースに放り込めばさすがの河村も崩れるのではないかと二人は判断します。

瑛太はインハイギリギリの完璧なコースに抉るようなストレートを放ちます。

袴田も今日一番の完璧なボールだと称賛します。

しかし河村は逆に最初からインハイを狙っていたようであろうことか片手でかっ飛ばします。

さすがの瑛太も何が起こったのかわからないという表情で固まります。

片手で打たれてしかも入ってしまうという結末でした。

河村は野田より自分のほうがはるかに打者として優れているという事実を石浜に見せつけたかったようです。

近藤は河村の打撃を野田の模倣の上位互換だといいました。

しかし河村が片手でホームランできたことにはカラクリがあって1から3回戦でインハイに来たボールをおえてこの試合の伏線として打たなかっただけらしい。

しかしそれでも常人にマネできるものではなく見事すぎるバッティングだと称賛。

そして瑛太の自信は一瞬で崩れ去りました。

河村が負ける伏線だとおもってましたがここから成長して限界を越えて河村を越えるってパターンみたいですね。

関連記事