BUNGOブンゴ180話ネタバレ感想 究極のルーティーン

漫画

どうもききです。

今回はBUNGOブンゴ180話のネタバレ感想を書こうと思います。

前回野田のヒットにより西欧チームは一点をもぎ取りました。

そして今回は西欧が守備でピッチングは瑛多が務めます。

袴田の提案により最初から全球種を披露して試合を組み立てていくそうです。

ブンゴの場合は決め球は温存していきますが瑛多の時は最初から全部さらす方針みたいです。

瑛多の圧倒かと思われましたが先頭バッターから割と付いてこられます。

それでも普通に三振取れる感じですが2番手の碓井にマグレのヒットを許してしまいます。

袴田曰く瑛多は基本的に打たせて取るピッチングなので格下相手でもマグレは発生してしまうようです。

(マグレというには割と頻繁に起こっている。)

そして3番手は天才にして逸抜の打手川村幸一。

基本的に川村は4番ですが今回だけ3番になってます。

なんでこの順番にしたのか監督の理解に苦しむ…

川村が打者に回ってくるだけで会場は大歓声に包まれます。

会場には数々のスカウトなどが集結しておりメジャーリーグのスカウトが来ていたのには

さすがの近藤も動揺を隠せないようです。

天才とは言え中学生にメジャーリーグのスカウトが来るなど普通はありえないとのこと

川村は打席に入る前に謎のルーティーンを行います。

それが目を瞑った状態で両腕を広げて右手と左手の掌を合わせるというもの

この動作には意味があり両手の掌がピッタシ合ってなかったら脳のイメージと実際の動きに

誤差が生じているとのこと。

(イメージと実際の動きがマッチしていない)

会場の人間は全員川村がホームランを打つことを確信しているようです。

相手がどれだけ規格外の投手であっても10割ぐらい0.1割の誤差も無いほどに

ホームランを打てると信じられるのはさすがにいいすぎですが

川村と同格の野田でさえここまで崇拝されることはありませんでした。

川村はこれまであらゆる偶然を意図的に引き起こしており

失敗したときも狙って失敗したと言っています。

川村にとってはホームラン打てない確率のほうが偶然に等しいのかもしれません。

川村は予告ホームランではなく野田にバットを指して予告バッティングを宣言しました。

おそらく野田がしたように瑛多の必殺球を狙ってホームラン打つ気のようです。

そんな川村を見て瑛多はこれからパーフェクトレコードが途切れるのに随分と楽しそうだなと

殺し台詞を言いました。

瑛多がかっこよすぎてここまで白熱するとは思いませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました