HOME

[ブログseo]レッドオーシャンは避けるべきではない?

どうもききです。

今回はブログのseoでレッドオーシャンは避けるべきでないというお話をしたいと思います。

個人的にブログにおいて一番重要なのは検索結果に上位に表示させることではなくアクセス数を増やすことだと思います。

レッドオーシャンとはアドセンスのクリック単価が高額体だったりして強いライバルが大量にいるキーワードの海原のことです。

アクセスを増やすにはレッドオーシャンを避けてライバルがいないブルーオーシャンを探すことだと言われていますが確かにブルーオーシャンは存在します。

スポンサーリンク

しかし100個も200個もありません。

検索ユーザーの数は億単位ですがレッドやブルーに限らず1日の検索ボリュームが1万を越えるキーワードがそもそもほとんどないんですよね。

レッドでなくてもそもそも上位表示自体難しいです。

ブルーオーシャンなら検索順位を落とされにくく一つの記事で100アクセスを稼げます。

しかしアドセンスで生計立てれるぐらい稼ぎたい場合1日1万pv以上は必要になります。

ブルーオーシャンを100個見つけるのは至難の技です。

ならばレッドオーシャンでもキーワードをずらしてアクセスを稼ぐしかありません。

肝心なのは1日の検索ボリュームです。

検索ボリュームはキーワードプランナーなどのツールを使って調べられます。(それを使ってもブルーオーシャンやお宝キーワードは見つかりません。)

大体月間の検索ボリュームを調べられますがほとんどのキーワードはそれを30日で割った場合わずか数人になります。

レッドオーシャンで僅か数人を争うために血みどろの戦争をしてるわけです。

そら無理ですわって感じ。

一番アクセスを稼ぎやすいのはやっぱりトレンド記事ですね。

特化型は稼ぎやすいとか言ってる人がいますが特化型は上位表示以前に人が少ない。1000記事は書かないと物理的に無理ですね。

次に着目すべきはビッグキーワードです。

その記事のビッグキーワードとなるキーワードの月間検索ボリューム1万以下だったらかなりの苦行を強いられます。

もちろんビッグキーワードで上位に表示することは絶対に不可能です。

しかしビッグキーワードの検索ボリュームが多ければ多いほどそこから拾えるスモールキーワードが沢山あります。

まずはその記事のビッグキーワードの検索ボリュームが大きいことそしてそれに関連するスモールキーワードを沢山記事に盛り込めばたとえ上位に表示されなくてもおこぼれを貰える可能性が高くなります。

そしてアクセスを稼ぐための秘訣としては記事を沢山投稿することです。

結局の所それしかない。

よく大量に記事を作っても意味はないと言われていますが個人的な見解で言えば全然意味はあると思います。

確かに何も意識せずに1000記事書いて内容がスカスカだったらそうなりますが

こういった部分を意識して1000記事ぐらい書けばレッドオーシャンでも1日1万pvぐらい稼げるようになるでしょう。

もちろん文字数が多いほうがいいですが心が折れますし上位に表示されるのはもっと未来の話です。

スポンサーリンク