HOME

AGA薄毛は治らない。ビタミンCが現状を維持する

どうもききです。

今回はAGA薄毛は治らない。現状を維持するにはビタミンCというお話をしたいと思います。

AGA脱毛症や薄毛の原因は男性ホルモンの感受性、悪い生活習慣、ストレス、栄養不足または頭皮環境を悪化させる体質が原因と言われています。

しかしこれらを改善していっても薄毛を改善するのは難しいですし実際1%もいないのが現実です。

まあ完全に自然の中で生活すれば改善する可能性は高いとは思いますが

スポンサーリンク

現在の生活における環境を全て取っ払うことは出来ないでしょう。

その辺はやっぱりストレスが関係してくるんだと思います。

ストレスは薄毛に対して大きな影響を与えています。

このストレスを沈めるために脳からアドレナリンが分泌されますがアドレナリンを出すにはビタミンCが必要です。

ストレスは多い人は沢山ビタミンCが必要で足りないとアドレナリンを出せず体に悪影響を与えます。

薄毛の人にとっては計り知れないダメージとなるでしょう。

このストレス社会で生活する限り薄毛が進行して禿げていくのは運命なので抗うことが出来ません。

改善に全力を注げば必ずしもそうとは限りませんが薄毛の進行でハゲるのはあらがいようのない運命だとした場合

唯一髪の毛の寿命伸ばすまたは現状を維持する効果があるのがビタミンCです。

正確にはプロペシアも男性ホルモンを抑制するので現状維持には効果がありますが今回は細胞での話。

細胞には寿命があって寿命は栄養素とか生活習慣とか改善しても何をしようがどうにも出来ません。

実は細胞はストレスによって死ぬらしいです。

また細胞の寿命はコラーゲンと大きく関係しており

コラーゲンは年齢と共になくなってきて白髪になる現象がそれです。

色素幹細胞だけが死んだために髪の毛事態は禿げませんが通常は毛包幹細胞も死んで髪の毛事態ハゲます。

このコラーゲンの生成にビタミンCが大きく関わってくるんですよね。

また頭皮環境もよくしてくれるので毛根を圧迫する角栓にも効果的です。

スポンサーリンク

まとめると薄毛の髪の毛を現状維持するにはビタミンCと摂取しまくること

育毛剤は現状維持する効果はありませんし逆の可能性もあります。

ビタミンの中ではビタミンBが一番髪の毛に関係してきますが

現状維持ならビタミンCが一番重要ですかね。