[AdSense]スマートプライジングで単価が下がる原因と対策、解除方法

どうもききです。

今回はGoogleアドセンスのスマートプライジングについてお話したいと思います。

スマートプライジング(通称スマプラ)とは広告をクリックした後の滞在時間などによって単価が変動するというものです。

仮にブログ訪問者が広告をクリックしたとして即離脱されたらクリック単価は1円とかになってしまいます。

それだけでなく永続的にスマプラの効果は持続しその時に発生したクリックだけでなくブログ全体、クリック単価そのものが大幅に引き下げられてしまいます。

スマートプライジングが発生してしまう原因について

基本的な原因としてユーザーの誤クリックや悪戯クリックで広告をクリックされた後即離脱されることによって

ブログ全体の評価を下げられてしまうというのは簡単に想像できると思います。

誤クリックについては広告の配置を変えることで対処できますが

悪戯クリックについてはどうしようもないというのが現実です。

ですが個人的に一番可能性が高いのは誤クリックでも悪戯クリックでもなくなんとなく広告に興味を持ったユーザーがユーザーの意思でちゃんとクリックされたけど

内容が微妙だったから即離脱したと考えるのが一番濃厚だと思います。

勿論誤クリックや悪戯クリックも含まれていると思いますがスマホの場合でもしっかりタッチしないとクリック判定されないし

悪戯クリックに関してもそんな頻繁に他人のブログを潰してやろうと考えるほど暇な奴はいないでしょう。

悪戯クリックは不正クリックに該当しますが現在のGoogleアドセンスは不正クリックで他人のブログをスマプラで苦しめることは可能ですが

AdSensアカウント事態を潰すことは出来なくなっているようです。

つまり普通にクリックされて普通に即離脱されたからスマプラが発生したと考えられます。

誤クリックと悪戯クリックはそれ+α程度だと思います。(Googleに一応報告ぐらいはしておいた方がいい)

ではスマートプライジングが発生してしまうのは時の運でどうしようもないのでしょうか?

実はある広告が原因でスマートプライジングが発生している可能性が高いです。

スマートプライジングの原因はテキスト広告

アドセンスの広告には5つの広告タイプが存在します。

テキスト広告、リッチメディア広告、画像広告、アニメーション画像広告、そして関連コンテンツ広告。

この中で最もクリックされている広告がテキスト広告とリッチメディア広告です。

テキスト広告の特徴としてクリック単価が安いです。(だいたい画像広告の半分ぐらい)

ぶっちゃけ単価が安いので画像広告だけでいいんですが

広告オークションで単価を引き上げるためにテキスト広告はブロックしてはいけないというのはよく聞きますよね。

自分のブログのデータでは画像広告のクリック単価は超高いですが全くクリックされずテキスト広告は単価が安いのにたいしてクリック率が高いです。

これが何を意味するのか。

テキスト広告とは文字通り文字だけの広告ですが別の言い方をするならとても抽象的な内容の広告と言えるのでクリックされやすいです。

例えばアフィリエイトで100万というようなテキスト広告を見たことがありますよね。

このような広告は非常に興味がそそられる内容ですが抽象的であり画像広告と比べて全く中身が見えてこないためとりあえずクリックしてみるというのが人間の心理です。

抽象的であるが故に自分の意思でクリックしてますが半分自分の意思ではない

自分に例えてもそれで即離脱してしまう光景は簡単に思い浮かべることが出来るでしょう。

それがスマートプライジングの最大の原因。

次にリッチメディア広告というものについても触れておきたいと思います。

リッチメディア広告は見た目は画像広告と対して変わりません。

ただし画像広告と違ってとてもクリックされやすいです。

リッチな見た目でユーザーにクリックされやすいような設計になっています。

スマホゲームの広告などがそれに該当します。

ただしクリック単価は滅茶苦茶安い。

スマートプライジングが発生していなくてもデフォルトでクリック単価2円とか

とにかく激安広告が多数存在します。

そのためスマートプライジングと見分けがつかず本当の問題を隠してしまっています。

リッチメディアも即離脱が無いとは言えませんが‥‥あるかもしれないけど

少なくとも抽象的ではないので即離脱スマプラ事態を発生させるほどではないと思えます。

むしろそこまでいくとどうしようもないというかジャンルそのものの問題となってきます。

上位に君臨している同業者が未だに更新しているなら自分だけが圧倒的についてなかったということでしょう。

スマートプライジングを解除するには

スマートプライジングは永続的なもので一度Googleに引っ掛かってしまうとその時発生した駄目なクリックだけでなく通常のクリック単価事態が下がってしまいます。

スマートプライジングを解除するにはその後しばらく駄目なクリックは無くしちゃんとしたクリックを増やす必要があります。

そのためには広告の数を減らし誤クリックなどを発生させたい配置にする必要があります。

具体的には広告は記事下のみにする。

最後にスマートプライジングを発生させるであろう広告をブロックする。

具体的にはテキスト広告を全ブロックする。(もはやオークションどころではない)

多分それでほとんどクリックされなくなり通常の単価も激減するでしょう。

しかしスマートプライジングを解除するために一旦利益を考えるのを止める必要があるのではないかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)