ロクでなし魔術講師と禁忌教典13巻感想ネタバレ

どうもききです。

今回はロクアカの13巻の感想を書こうと思います。

今巻はリィエルがエーテル解離症(魂と肉体が解離してしまう病)になり開始早々に倒れもう寿命だから助からないと診断されてしまいます。

エーテル解離症は魂を解析できれば治せるらしいですがリィエルの魂は複数の異なる絵のパズルのピース(複数の人間の魂の一部)をごちゃ混ぜにして無理矢理一枚絵に完成させた魂で解析不可能とのこと。

というかそもそもクローンの身でありながら高不可の魔術を今まで使ってきて生きているのが不思議なぐらいだったということですね。

魂の解析にはセフィラマップという魂の設計図が必要みたいです。しかしリィエルの魂は身元不明の複数の人間の魂の一部をそれぞれ合成されているのでその身元不明の魂のピースを全て揃えないといけないらしく

グレン達は死ぬ気でリィエルを救う方法を探しますが物理的に不可能という事実に気づきます。

グレンが諦めようとしたその時帝国宮廷魔導士特務分室の人たちが現れリィエルをさらっていきます。

グレンはそれを止めようとしますが圧倒的実力差で封殺されます。

そしてグレンの前に現在の特務分室室長でイヴの後任のサイラスが登場します。

サイラスはグレンにアルベルトの討伐を命令します。

いきなり特務分室が現れリィエルをさらいアルベルトの討伐を命令されたグレンは意味不明すぎて混乱します。

どうやらアルベルトは女王暗殺しようとしさらにバーナードとクリストフを殺めたとのこと

かつての戦友が血迷ったという情報をグレンは信じられませんがたとえ真実であったとしてもリィエルが死にかけの状況でアルベルトごときに構っている場合ではありません。

しかしサイラスはアルベルトの討伐に成功すればリィエルのセフィラマップを提供するといってきたので仕方なくグレンはアルベルトの討伐を引き受けることになります。

新ヒロイン?イリアイルージュ

今回新しく女性キャラクターが登場しました。
グレンが元軍時代の同僚でセラと同じくグレンを支える存在の一人だったそうです。

執行No.18月のイリア・イルージュと名乗っておりグレンの後輩でロリ系の美少女キャラ新しいヒロイン‥と思われていましたが実は敵キャラでヤンデレキャラでした。

彼女の能力は幻術魔法で世界に幻術をかけて全人類を幻術の世界でコントロールできる能力。

他の漫画で例えたら無限月読+鏡華水月ぐらいの規格外の能力。
間違いなく作中最強かと思われます。

アルベルトの実力

アルベルトは英雄並みに強いですが実は特務分室で唯一固有魔術(オリジナル)を持たず使用できるのは一般的なアサルトスペルだけのようです。
(千里眼みたいなのはオリジナルではないらしい)

膨大な魔力と頭脳、分析能力、冷静な判断力などそれだけで人外並のスペックを持っており一般的な軍用魔術を極限まで使いこなすことで相手を圧倒しているようです。

また狙撃の腕は凄まじく神のエイム力とコンマ0、1秒の隙さえも正確に捕らえることができます。

威力も桁違いでライトニングピアスだけで魔神を殺せるぐらいなので魔術とか以前に既に人間のレベルを越えています。

バーナードいわく唯一セリカを越える存在と言われるほど

亜人13巻ネタバレ感想

どうもききです。

今回は亜人13巻の感想を書こうと思います。

今回は最終ウェーブで佐藤が二時間で国の重要機関をすべて沈黙させると宣言します。

その作戦とはジェット機の自爆テロを繰返し国の総理大臣とか国のトップに君臨している人物を全滅させて国を機能停止にすること。

佐藤はジェット機で飛ぶ前に腕を切り落とし自爆の際に自分の肉体を粉々にして腕から転送します。

自爆テロと瞬間移動を繰り返しているわけですね。

永井はジェット機から飛ぶ佐藤を見たときに服の血痕を目にしたことでまた転送を利用した作戦をする気だと一瞬で看破しました。

そして転送の法則を既に知っている永井は佐藤に対して恐るべき粛清の方法を思い付きます。

それは佐藤を地中監獄に永遠に幽閉すること。

転送の法則では再生する場所に障壁があった場合その空間を削り取ります。

ただし肉体再生に必要な空間だけを削り取るので肉体と空間の余白は0になってしまいます。

地面の中に転送されたら呼吸は出来ないし何もできない。正に亜人ならではの狂気の処刑方法ですね。

さすがに40秒の間に腕を奪ってマンホールにぶちこむのは無理だと思いますが腕の切り口をコンクリの地面に突き刺せばそれだけで終わりますね。

今巻は死ねる有り難みを感じさせられる巻でした。

ぐらんぶる最新話49話感想ネタバレ栞ちゃん編完結

どうもききです。

今回はぐらんぶる最新話50話の感想を書こうと思います。

前回までのあらすじで伊織はパラオでダイビングするために実家の旅館までパスポートを取りに行きますが妹の栞に保管されなかなか返してくれません。

そんな中オタク外国人留学生が伊織の実家の旅館に宿泊し栞がオタク外国人にストーカーされるという状況になりました。

伊織はこれを利用してわざとストーカーを泳がせ最後に栞を助けることで恩を売り最終的にパスポートを返してもらうという作戦を立てました。

オタク外国人留学生は三人で女性一人(カリーナ)男二人で男の方は美少女のコスプレをした厳つい顔をした変態でカリーナの方は清楚で礼儀正しい女性でした。

最初男二人がストーカーかと思われましたがカリーナが三人の中でもっとも危険人物であると判明します。

三人とも青色スプリングというギャルゲーが好きでそのゲームに登場するきららという女の子が栞とうり二つらしく(具現化と言っていいほど)栞を使って現実で二次元の妄想をしようとしているようです。

伊織はどれぐらい似ているのか気になり調べたら18禁ゲームだったらしく兄として本気で妹を心配し妹に危害を加えようとする変態3人(耕平も含めて)とバトル(格闘)することになります。(外国人二人は空手十段ぐらいの強さ)

一方女性陣(千沙、栞、カリーナ)は温泉に漬かりますがカリーナの妙な視線に栞は違和感を感じます。

カリーナは栞を変態的な眼で見ながらリアル青色スプリングを妄想しているようです。

寒気を感じた栞は千沙に助けを求めますが普段変態どもの視線に慣れている千沙はノーダメージでした。

部屋に戻ると外国人二人と耕平が倒れていました。

激しい格闘の末伊織は勝利したようです。

後から栞は監視カメラの映像で一部始終を確認します。

 

そこには伊織が妹を思い戦う姿が描かれていて栞は素直に感心していました。

しかしそれが決め手にはならずパスポート返してもらえませんでしたが後からカリーナが伊織と結婚したいと言い出します。

どうやら栞を義妹にするために伊織と結婚したいみたいです。

カリーナはしばらく日本に滞在するみたいで危機感を感じた栞は伊織にパスポートを返しどうぞパラオにいって来てくださいと言って終了します。

これにてパスポート奪還編は完結ですね。

またしばらく栞ちゃんは登場しなくなるので寂しいです。

クソ兄貴というセリフは何回でも聞きたいです。

このすば15巻感想ネタバレ最終章へ

どうもききです。

今回はこのすば15巻の感想を書こうと思います。

前回セレナという魔王軍の幹部が登場しアクアの地位と名声が全て奪われました。

今回はセレナを倒しアクアの地位を取り戻すのが目的になりますがセレナは想像以上の力を秘めていました。

女神の信仰心と分配法則について

セレナは傀儡魔法や復讐魔法といった大きな力を扱えますがそれはセレナ自身の力ではなくセレナが信仰している邪神レジーナの力を与えてもらっているようです。
女神(邪神も含め)は信者が多ければ多いほどパワーアップします。

逆に女神は信者全員に自分の力を分け与えます。信者の側は逆に信者が少なければ少ないほど信仰によって得られる恩恵が大きいようです。

レジーナの信者はセレナしかいないので恩恵を独り占めしたことによって大きな力を得られました。

傀儡魔法は他人に恩を売るのと引き換えにその人を隷属させることができる能力。
自分が死んだ場合傀儡にされた人たちも全員死にます。

復讐魔法は自分に与えられたダメージををそのまま本人に返す能力。
自分が死んだ場合自分を殺した相手も死ぬ。

死の魔法デス

セレナは幹部としての戦闘力は最弱ですが相手を一撃で殺せる魔法を持っています。
デスという強力な魔法が登場しましたがハリポタのアバダケデブラ並みに協力な呪いで相手を一撃死させることができます。

相手に人差し指を剥けてデスと唱えれば相手は即死しますw

この力はレジーナの信者が自分一人の場合にのみ使用可能で

その威力は女神であるアクアでさえ一撃で死亡させるほどのようです。

しかしカズマがレジーナの信者になったことで無力化されてしまいました。

このすば最終章へ

長く続いたこのすばですがとうとうクライマックスが近づいてきました。

アクアが天界に返らなくてはいけなくなり問題を先送りにしていた魔王をアクアの事情によりすぐに倒さないといけなくなりました。

カズマは今の暮らしを気に入っていたようでアクアに返ってほしくないと説得します。

アクアも今の暮らしを気に入っており天界の暮らしは特に楽しいことはないそうです。

ただそれでもアクアはどうしても帰りたいようです。それが神としての使命のようですね。

魔王の幹部は残り二人らしくそろそろ終わりが近づいてきました。

次回は魔王の娘がついに登場ですかね。

GIGANT2巻感想ネタバレ破壊神

どうもききです。

今回は漫画GIGANT2巻の感想を書きたいと思います。

1巻ではAIがシンギュラリティに到達してターミネーターみたいなことになるみたいな話でした。後パピコとの恋愛ですね。

恋愛とSFサスペンスが無関係すぎてどっちがメインなのか何がしたいのか謎の漫画ですがかなり面白いです。

2巻では世紀末サイト(具現化してほしい世界の滅亡を予言し投票数する。投票数が最も多い未来を具現化する)に更に拍車がかかり街ではドラゴンが飛び回ったり投票者全員に1000万が振り込まれたりなどどんどんエスカレートしていきます。

そんな中とうとう人類滅亡系の予言が投票されます。

予言の内容は破壊神が降臨し東京の人口が100万人になるまで人間の数を減らすという内容でした。

破壊神によって街は滅茶苦茶破壊されたりしますが主人公のピンチにパピコが巨大化して助けにいきます。

どうやら巨大化能力はAIと戦うために授けられた力みたいですね。

 

はねバド!最新話69話ネタバレ感想

どうもききです。

今回ははねバド最新話69話の感想を書きたいと思います。

前回羽崎が覚醒して残りは圧勝かと思われましたが、志波姫との戦力差はあんまり変わらず五分五分といった状況です。

志波姫のプレイングは今までと同様ですが羽崎の覚醒に揺さぶられることもなくミスのない完璧なプレイを追求します。

志波姫の精神力は無敵でhpギリギリの状態であっても絶対にミスは起こらないらしいです。

しかし若干羽崎が上手で徐々に押されぎみです。

志波姫はミスなどがないようにプレイングすることだけを考え後は運任せ。

しかしそれでは勝てないと同級生に怒られ終盤で考えを改めます。

志波姫は記憶を元に覚醒後の羽崎の変化を分析しカットスマッシュを打つ時の癖などを解析し対策案を研究します。

そしてついに羽崎のカットスマッシュを完璧に返すことに成功しました。

志波姫は頭脳では直観についていけないみたいなことを言ってましたが今回は未来を完璧に読んでるので羽崎の直観が働く前にいくらでも対策をうてることになります。

羽崎の圧勝かと思われましたが再び志波姫が有利になりました。

後10点ぐらいなのでまだ2話ぐらい引っ張りそうです

おすすめリョナ漫画3選 超グロテスク

どうもききです。

今回はおすすめのリョナ漫画を3つ紹介したいと思います。

リョナとは猟奇オナニーの略でザックリ言うと二次元で女の子が苦しむシーンをオカズにしてオナニーすることです。

今回紹介するのは女の子がグロテスクに死んでいく系の漫画になります。

その中でもトップクラスで画力が高い3選を紹介したいと思います。

1位たとえ灰になっても

漫画の種類はデスゲーム系の漫画になります。

金に困って人生終了しかけの人たちが天使によって突然死させられ異世界に転生します。

転生した人たちは前世の性別に関係なく全員ロリ巨乳の女の子に転生します。
その人たちで最後の生き残りをかけてデスゲームをします。

勝者は9999億を手にいれた状態で前世でニューゲーム。

敗者は天使に超グロテスクなおしおきをされます。

グロテスク漫画の中でもトップクラスで画力が高く高クオリティなリョナ漫画を創造するためだけに技術を注がれたような漫画。

二位恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせが来る頃に

恋愛デスゲーム系の漫画になります。

主人公は妄想大好きなキモオタの主人公で学校にいるトップクラスの美少女達が自分のハーレムでいちゃいちゃするというありえない妄想をしながら日々を送っていました。

ある日主人公は道端で魔神の瓶を拾い中から魔神を解放してしまいます。

魔人は封印を解いてくれたお礼にどんな願いでも叶えてくれるといいます。
主人公の願いは理想のハーレムを作ることで魔人はそれを叶えた上で
ヒロイン達に対してのデスゲームを開催します。

次の日例の美少女達が主人公のハーレムになるという妄想が具現化し素直に喜びます。

しかし実際は具現化したわけではなく魔人が美少女達を影で脅し主人公を満足させなかったら無限地獄に落とすと宣言したことによりキモオタの主人公と嫌々ながらいちゃいちゃするハメになってしまいます。

仮に主人公に対してキモイって言っただけでそのヒロインは無限地獄に落とされます。

無限地獄の刑は処刑と復活を永遠に繰り返すという恐ろしい刑になります。

可愛い絵が沢山出てきますがやってることはかなりえげつないです。

三位デッドチューブ

ユーチューバーを題材にした漫画になります。

裏サイトで犯罪でもなんでもありの動画投稿サイトがあり再生数さえ稼げれば軽く大金を稼げ動画を作る際に行ったすべての犯罪は帳消しになり逆に再生されなくれば犯罪を行ってなくても人生終了になります。

というデッドチューブという裏ユーチューブが出来たことにより町は無法地帯になってしまいます。

犯罪でもなんでもありですが一番再生数が稼げるのはエロなのでみんなレイプ動画を撮り出します。

主人公町谷はカメラで美しいものを撮るのが趣味でしたがある日突然真城という美少女に誘われデッドチューブに巻き込まれることになります。

真城というヒロインは未来日記の由乃を彷彿とさせるような狂気ヒロインです。

生身の人間で人外クラスの戦闘力を持ち町谷に敵対する存在を次々と殺していき町谷はそれを撮影して動画に投稿するという感じの内容になります。

結構凌辱シーンが多い漫画なのでオカズどころか気持ち悪くなってしまうかもしれません。

 

 

ゴブリンスレイヤー ゴブリンチャンピオン強さ解説

どうもききです。

今回はゴブリンスレイヤーに登場するゴブリンチャンピオンの強さについて解説したいと思います。

ゴブリンチャンピオンとはゴブリンの上位種で小鬼の英雄と呼ばれ強さは銀等級と互角とされています。

実際の強さ


実際の銀等級冒険者では話にならないぐらい戦闘力はかなり高い。

ただパワーが強くデカいだけではなく直観力も優れており知能も高い。

ゴブリンスレイヤーの暗殺を瞬時に察知し手下を盾にしたりなどゴブリンらしい戦いをする。

ゴブリンは戦闘力が弱く頭が悪いが戦闘経験を積み学習します。

集団になることで大きな力を発揮します。

その中に滅茶苦茶強いやつが混じっている状態なのでさらに難易度増します。

ただ単純な強さだけで言うならオーガとかのほうが普通に強いと思います。

チャンピオンは再生能力を持たず特殊能力もありません。

ゴブリンスレイヤーとの戦闘では片目潰されただけで撤退してしまいました。

狡猾で残忍

チャンピオンは強いだけでなく他のゴブリンと同じく狡猾で残忍です。

ゴブリンスレイヤーが倒れた後女神官を捕まえ痛めつけます。

女神官の腕を噛みちぎったりベロベロなめたりなど。

女神官はレイプ目になるまで凌辱され意識を失いかけた瞬間に腕を噛みちぎり意識を覚醒させるという極悪プレイを披露しました。

リョナに関しては天才的です。