包茎手術 専門クリニックと泌尿器科の違いについて

どうもききです。

今回は包茎手術で専門クリニックと泌尿器科の違いについてお話したいと思います。

泌尿器科は行ったことがないので主観での比較になります。

泌尿器科のメリットとデメリット

泌尿器科を選ぶメリットですがまず保険適用ができる。(仮性包茎の場合はできない)

費用を安く済ませられることが最大のメリットになります。

だいたい3万ぐらいになります。

ただし仮性包茎を治したい場合は保険適用できないとのことなので専門クリニックを選んだほうがいいかもしれません。

こちらはだいたい10万ぐらいはするんじゃないでしょうか。

後はメリットかどうかは分かりませんが運が良ければ数万できれいに仕上げてくれます。
つまりオプション代払ってなくてもオプションしてくれるってことですね。
(この辺は腕がいいかどうか良心的な医者かどうかにもよるので何とも言えません)

次にデメリットですが

機能面重視なので汚い仕上がりになる可能性が高いです。
もちろん裏筋も切るでしょうし見た目もぐちゃぐちゃかもしれません。

まあ最悪失敗されるかもしれませんね。

次にペニスの麻酔注射が激痛です。
専門クリニックの場合は痛くないようにある程度配慮はするでしょうが

専門ではないのでそこまでのサービスはないかと思われます。

後はオプションがないぐらいですかね。

仕上がりがいいかどうかは完璧運になります。

専門クリニックのメリットとデメリット

次に専門クリニックのメリットとデメリットについて解説したいと思います。

メリットは仕上がりが綺麗、麻酔注射に気を使ってくれる、オプションを追加できるに
なります。

ペニスの形を整えたり亀頭を増大させたり裏筋を残したりなど様々なオプションがあります。

また手術の痛みですが麻酔注射から手術後まで思ったほど痛くなかったです。
金払ってるのでその辺しっかりやってくれます。

次にデメリットですが莫大な費用になるリスクがあります。

といっても別に手術した後に勝手に何の説明もなく100万になったりしません。

悪魔で自分の責任です。

向こうは詐欺師みたいなもんなので上手いことこと口車に乗せて承諾させます。

例えばこのオプションをつけなければチンコが腐るとか根拠のない嘘をついて騙したりとかですね。

この辺は知識がちゃんとあれば引っかかることはありません。

変な間違いがなければ20万以内に収まるはずです。
包茎を治すだけなら6万で可能ですがたった6万で快く引き受けてくれるかどうかはわかりません。

最後にせっかくなので出血大サービスでいいことを教えてあげます。

ヒアルロン酸という亀頭増大のオプションがあるのですがこれが一番えげつない。

一本打つのに20万します。

ヒアルロン酸とは整形とかでよく使われたりします。

水分で皮膚を膨らませたりすることが可能ですがやがて水分は消えていくので永続効果がないのです。

つまり払った金は無駄になります。

また増大だけでなく万能の効果をでっちあげて売ったりしてます。

こういう詐欺はどこの分野でも定番なので気を付けたほうがいいですね。

寄宿学園のジュリエット9巻感想 朱奈が可愛すぎる

どうもききです。

寄宿学園のジュリエット9巻の感想を書きたいと思います。

今回は朱奈がメインの巻になります。

今まで使用人で出番があまり少なかったですが

今巻正式なヒロインに昇格しました。

過去編とかあって朱奈というキャラクターをけっこう掘り下げた話になっています。

朱奈は犬塚家の番犬的な存在なのでそっち系かと思っていましたが犬塚家の中でロミオを一番特別扱いしているみたいです。

恋愛的な感情ではないらしいですがロミオが一番好きらしくロミオに危害が及ぶことがあれば過剰防衛したり自分の失態でロミオに迷惑がかかれば自殺してしまうぐらい好きらしい。

戦闘力はおそらく作中最強かと思われます。

そしてついに朱奈がダリア学園に入学することに決まりました。

ストーカー並みですがそれだけロミオのことを守りたいんですね。

年齢はロミオの一個下になるので後輩になりますがめでたくレギュラー入りを果たしました。

 

はねバド!キャラ強さランキング

どうもききです。
今回は漫画はねバドの強さのランキングについて語りたいと思います。
個人的な主観でのランキングになります。
上位5人までを選別しています。

1位デビル羽咲


普段の優しい性格の羽咲綾乃ではなく性格が悪い冷酷なモードの羽崎綾乃。
この状態の羽咲は通常の十倍以上強くなり羽咲より上位クラスの選手さえ圧倒します。

誰もが昔の神藤の羽咲の方が強かったと言っているシーンが多々あります。
羽咲はバド部に入ってから必死で練習しているのに弱体化している意味が分かりません。

冷酷なことと強いことに何の関係があるのかって話ですが

実は羽咲は冷酷な性格の時いわゆるゾーン(超集中状態)に入っているとのこと

冷酷で冷徹な状態+羽咲の圧倒的センスによって深い集中が生まれていたそうです。

なのでいくら練習しようが優しい性格の羽咲では弱い。

本来の実力は芹が谷以下でランク外ですがデビルだと最強です。

2位コニー・クリステンセン


全てのステータスにおいて最強クラス。パワー、スピード、テクニック、身体能力、容姿全てにおいて完璧な存在。
べた褒めですが実際にそれぐらいの存在。

Mrスピリット曰く作中で唯一にして本物の天才。
神に寵愛を受けた存在とまで言われるほど。

そんな彼女の唯一の不満は自分が完璧すぎて人生がつまらないこと

本人曰く地獄を味わったことがない逆に人生で一回ぐらい苦しんでみたいとのこと

地獄を見ることこそが彼女の喜び。
天才過ぎて頭おかしくなったマゾヒスト

3位 志波姫唯華

芹が谷の上位互換。バドミントンIQが非常に高く相手の弱点を瞬時に見抜き試合を組み立てることができる。

試合中に何通りもの戦術を組み立てることができる。
バドミントンのスキルも上位クラスで片手間で相手の弱点を観察できる。

実力は上位陣のなかでは若干下の方だがIQが組み合わさることで最強となる。

ただし自分より上位の実力の人間に直観だけで動かれると負ける。
実際コニーにはボロ負けしている。

4位 益子泪


羽咲の上位互換。
羽咲と同じ左利きですべてのステータスにおいて羽咲の上をいく。

羽咲の能力に加えて羽咲の弱点をなくしたような存在。

高身長で身体能力も高い。パワースマッシュも連発できます。

ただしそれでもデビル羽咲にはかなわなかった。(デビルでギリギリ勝てたぐらいですが)
コニーと同じく天才と言われる稀な存在。

4位にしてますがコニーと同格レベルの実力かと思われます。

5位 荒垣なぎさ

ポテンシャル無限大で常に限界を超え続ける選手。

得意のジャンピングスマッシュの威力は作中最強でコニーさえ止められない。

弱点は選球眼の悪さでアウトでも拾いに行ってしまいます。

しかし今は進化をとげ逆にその弱点を利用するほど

膝の故障を背負っているが逆にそのおかげで確変状態に入ります。

コニー戦では最初は天と地ほどの差がありましたがコニーがわざと試合を楽しんだことによって

後半突然覚醒しコニーを超える勢いで成長していきます。

羽咲と同じくゾーンに入ることができシャトルの回転をスローで見れて空間を支配できるほどの感覚を得ます。

ただマグレが連発したような存在なので一応5位の評価にしています。

メンタルは作中最強。

 

unityパーティクルアセットまとめ

どうもききです。

今回はunityのアセットストアで実際に購入したパーティクル系のアセットをいくつか紹介したいと思います。

爆発パーティクルRealistic Explosions Pack

武器エンチャントMeshEffect

呪文スペルWhite Magic Effect

天候雷雨Realistic Rain Storm

ブログ魂を込めて書いた記事はアクセスされなければ無価値なのか

どうもききです。

今回は魂を込めて書いた記事はアクセスされなければ無価値かどうかについて議論したいと思います。

一生懸命書いた渾身の勝負記事が全くアクセスされないということがよくあると思います。

逆に適当に書いた記事でもなぜか上位に表示されてニーズがあればアクセスされることのほうが多いと思います。

結局投稿してみないと死に記事なのかどうかは分かりません。

じゃあガチで書いてもアクセスされなかったらその労力は無駄になるんじゃないかって話です。

例えばブログSEO関連の記事を書いてる人はたくさんいます。

高クオリティな記事を書いたとしてもまず間違いなく圏外です。

でも1万記事ぐらい書いてるのに検索下位の人沢山いますよね。

その労力は無駄なんでしょうか?

実はそうでもないです。

例えばワードプレスの場合ページの最後に関連記事が表示されてその関連記事を読む人がいます。

沢山記事を書けばどれかがヒットするでしょう。

そこからページを回遊してもらう必要があります。

もしその記事が本当に面白ければ滞在時間が長くなり回遊率も増えます。

それが結果的にGoogleに評価されて検索順位が上がりアクセスが増えていくという仕組みです。

つまり必要なのは関連記事を増やすことと良質な記事を書くことですね。

質の高い記事を書くことが一番重要ですが

鍵になるべき量が絶対的に必要ということですね。

 

 

 

unity PCスペックについて

どうもききです。

今回はunityでゲーム開発をするのに必要なpcスペックについてお話ししたいと思います。

自分はcorei5でグラボはGTX970を積んでます。

2dゲームを開発する場合はノートpcでもなんでもいいんですが

3dゲームの場合そこそこ高スペックなpcが必要になります。

まあゲーム開発するのにグラフィックボードが必要なのかどうかはなんともいえませんが

ノートpcでは苦しいでしょう。

実際テストプレイするだけでも再生にかなりの時間がかかりますし

読み込みだけで作業が進みません。

実際にグラフィックボード積むか積まないかだけでもかなり変わってきます。

高グラフィックのオブジェクトだとテクスチャが表示されなかったりします。

アセットを読み込むにもなんやかんや時間がかかるので

快適にゲーム開発を進めたい場合高スペックpcが必要です。

ゲーム開発用pcとゲーミングpcどちらがいいか悩む人もいますが

普通にゲーミングpcでいいです。

 

 

 

 

シャドウオブトゥームレイダー正直な感想

どうもききです。

シャドウオブトゥームレイダーをプレイしたのでその感想を書きたいと思います。

システムやグラフィックに関しては前作とほとんど変わりありません。

戦闘はステルスメインになってますが血はでないし殺し方もなんか微妙で前作のほうがよかったぐらいです。

探索は多いけどつかめる場所が分かりにくいのが小々ウザいですね。

そして謎解きが多い。

いきなりかいっていうぐらい最初から高難易度の謎解きがあります。

総じて言うと前作の劣化使いまわしゲーですね。

今回戦闘難易度だけでなく探索謎解きも難易度選択できます。

探索は移動可能な壁が白く表示されたりしますがマリオオデッセイのイージーモードほど親切なものではない。

謎解きはイージーにすれば答え教えてくれるというか答えにほぼ近いヒントを教えてくれます。状況によってはそんな役経たない場合もあります。

という感じで前作をプレイしていればクソゲーではないけど微妙としかいえないですね。面白くなくはないけど…なんか微妙

あと結構死にますね。ダークソウル以上に数秒で死にまくります。
(まあロードは結構早いですね。)

ただいくつか褒めれる点も褒めれるあります。

まずララの顔がちょっとだけ可愛くなった気がしなくもない。

光の調節加減かもしれませんが若くみえるというかちょっと美人に見えます。

スクエニだからめっちゃ美女にしとけばそれだけで神ゲーになりえた気がする。
そこはちょっと惜しかったです。

もう一つほめるべき点が

災害のクオリティがほんまにヤバイ。

ちょっとネタバレになりますがララは世界を再創造できる秘宝を宝物庫から抜いてきてしまいました。

ただその秘宝を抜いてしまうと世界のバランスが崩れてジオストームみたいな感じで世界が崩壊してしまいます。

それで町が濁流に飲み込まれてジオストームみたいになってしまうわけですがその辺の作りこみがかなりリアリティです。

前作も弾丸飛び交う戦場を駆け抜けていくシーンの迫力がヤバかったと思いますが。

今回はそれ以上

こういうところは他のゲームに比べて圧倒的にすごいです。

ストーリーは今回面白いと思います。

前作全然ストーリーが面白くなかったですが今回はアンチャーテッドっぽくなってて結構面白い。

これだけでも買う価値はあるんじゃないでしょうか。

以上で感想を終わります。

 

はねバド!羽咲綾乃の人格 超傲慢主人公

羽崎綾乃とは

アフタヌーンの漫画はねバドに登場するキャラクターで主人公。

普段は臆病で人見知りな性格だがバドミントンに関しては天才的なセンスを秘めている。

そんな綾乃ちゃんですが巻を重ねるごとに人格が変貌していきます。

最初は優しい人格でしたが次第に傲慢な態度をとるようになりみんなから恐れられます。

人格が変わったというより元々そっちが本当の姿みたいな。

そんな綾乃ちゃんの真の人格を紹介したいと思います。

人格1超傲慢

i
常に他人を見下しており自分が最強だと考えている。

先輩だろうがちゃん付け

バドミントンをするときは左利き手ですが雑魚相手には利き手じゃない右手で相手をするというなめ腐ったプレイをします。(雑魚相手には手加減します)

また相手の土俵で勝負するというプレイスタイルでわざと相手に必殺技を使わせてあげるというサービスをしてそのうえで叩き潰します。

芹が谷には相手をなめ腐ることに関しては天才的と言われるほど

人格2負けず嫌い

羽咲は普段は穏やかですがバドミントンでは超が付くほどの負けず嫌い。

頭から血が出ても無限にラリーを続ける。

普段は完璧な守備をしとけば相手が勝手に自爆してくれますが

相手がカウンター(罠)に引っ掛からなかった時は気に食わないとなり

弱点であるスタミナ切れを無視して自力でこじ開けに行きます。

1点とられただけでラケットをバキバキにしてしまう。

 

人格3冷徹


母親に捨てられた憎しみによって冷酷な人格になります。

バドミントンでは相手を精神的に追い詰め苦しめます。
相手を挑発するのが得意ですが逆に挑発されるのは嫌い。
怖い顔で睨んだら荒垣に可愛い顔してんじゃん。
と言われたときにはかなり不機嫌になりました。

この時の羽咲は通常の十倍ぐらい強い。

通常モードでは芹が谷にすら勝てませんが冷酷モードでは自分よりはるか上のランクの選手すら圧倒します。

実際に芹が谷に性格悪いと言われるシーン

本人無自覚とのこと

PPC広告一日の上限費用によって発生する違いについて

どうもききです。
今回はppc広告で一日の上限費用を高く設定した場合と低く設定した場合でどれぐらいの違いが発生するのかを解説したいと思います。

まずppc広告とは自分でお金を払って広告を出稿して検索順位の上位に強制的に表示させるというものです。
ここではgoogleアドワーズを例に例えます。

そこでは一日の費用の上限が設定でき費用を高く設定すればするほど広告が表示されやすくなります。
※費用を低く設定した場合表示されにくくなります。

また一日の上限費用を超えれば表示されなくなります。

一日の上限費用が100円でキーワードの単価が20円の場合最高5回までしかアクセスされません。

私は一時期ppc広告の存在を知った時にアフィリエイトをしようと思い至りました。

そしてドツボにはまってしまいました。

よく言われているのが費用が発生するのはppc広告をクリックされたときだけ(自サイトにアクセスされたとき)

と言われています。

じゃあ一日の上限費用を高く設定すればそれだけ沢山人が集まるんじゃないかという発想が出てくると思います。

一日の上限費用1000円でキーワード単価が20円なら最高50人のアクセスを呼ぶことができるという計算になりますが
そこが大きな勘違でした。

まずppc広告は上限費用を高く設定すればそれだけ表示回数が増えます。
一日1000円でほぼ無限に広告が表示されます。

ほとんどの人がスルーするようなタイトルなら費用を高く設定した方がお得。

分かりやすく言うとアフィリエイトの場合狙ったターゲット以外の人間がアクセスしてもその費用は無価値になります。

だったら費用を高く設定してターゲットをさらに絞る(商品を買ってくれそうな人だけがサクセスするタイトルにする)

そして広告を無限表示して金魚が釣れるまで待てばいいという小細工な発想が思い浮かびました。

しかしgoogleにそんな小細工は通用しませんでした。

なんと上限費用を高く設定しようが低く設定しようが