ようこそ実力至上主義の教室へ8巻ネタバレ 高円寺の謎が明かされる

どうもききです。
ようこそ実力主義の教室8巻の感想を書きたいと思います。
今回の話は林間学校で1年から3年を混ぜた特別試験になります。

試験の内容について

試験の内容ですがまず1学年男女別で10から15人のクラスごちゃ混ぜにしたグループを6個つくり
それぞれのグループの責任者(リーダー)を決めます。ただし最低でもニクラス混ぜて作らないといけない。
そのあとそれぞれの6個のグループを3学年で合計した大グループを作ります。
試験の成績は一位から六位まであり一位から三位までが報酬をもらえるグループ
それ以下がペナルテイを食らうグループとなり最下位グループの責任者は退学になります。
責任者はリスクを負いますが優勝したグループの責任者のクラスの報酬は倍になります。
グループが入賞したとき得られる報酬はグループの全員に付与されたとえば報酬がクラスポイントが3だった場合そのクラスに存在しているクラスの人数×3になります。
さらに3クラス混合グループだった場合報酬は二倍4クラス混合グループだった場合三倍になります。
この辺結構めんどくさいです。グループ決める時点で心理戦が始まってるわけですね。
ライアーゲームに近い感じです。悲しいことに綾小路君は南雲先輩と同じグループ。さらに高円寺も同じグループなので問題は山積みです。そして南雲の小グループは自分以外のメンバーが下位クラスの雑魚メンバーという意味わからん戦略を打ってきます。
試験の結果は最終日にテストを行い決定します。
それまでは林間学校で自然生活をしながら道徳とか座禅とかの教育を受けます。
今回は男女別の試験になるので全く出てこないわけではないですがラブコメ的要素はなくて頭脳メインって感じです。それでも全然面白いことは面白いですが女の子の華が無いのでその辺はなんとも言えません。

高円寺について

今回は高円寺というキャラクターを掘り下げた描写があります。女の子や龍園はそんな出てこないのでもうこいつが今巻のおかずみたいなもんですね。
高円寺は自分がルールなので連帯責任であっても彼を縛ることはできません。能力は高いですがAクラスに興味ないのでペナルティを食らおうが関係ありません。
そんな高円寺ですが驚きの新事実が明かされます。南雲に高よって高円寺の作戦を暴露されました。どうやらプライベートポイントを現金で買い取って2000万ポイント貯める計画だったようです。2000万ポイントとは学校に払えばAクラスに無条件で上がれる額ですね。一様裏行為なので南雲に暴露されっ使えなくなりました。しかし高円寺は次期社長なので別にAクラスどうとか退学とか進路には関係ありません。
結局は強者の戯れで遊んでるだけのようにも思えます。

南雲vs堀北について

今回は南雲と堀北兄の対決がメインになりますが対決の内容は単純にシンプルに試験の点数で競います。
プライドをかけた戦いということになりますが、南雲が下衆すぎました。外野を巻き込まないという約束で堀北は南雲の対決を受けました。
南雲は龍園みたいな性格が悪いキャラですが仮にも生徒会を務めておりサッカー部の主将も務めています。敵でありながらそれなりに絶対の信頼がありました。
しかし南雲は早々にプライドを放棄し堀北の愛人というか恋人的存在である元副会長橘を潰すという作戦を発動します。三年Bクラス以下は堀北に勝てないまま卒業したら人生終了状態ですが南雲のおかげでAクラスに上がれる可能性が出てきたので喜んで堀北潰しに協力します。
堀北は最初から読んでいましたが南雲には二年間生徒会を共にしてきて卑怯な手はけして使わないという絶対の信頼があったのであえて警戒しませんでした。むしろ警戒させることが目的で裏の裏まで読んで失敗させる作戦だと思っていましたが本当にやりやがった。という結末に終わりました。

今回綾小路は軽を使って南雲の動きを調査しますが結局何もせず堀北が潰れるのを傍観するだけして終わりました。未来が全部見えてましたが何もしないっていう珍しい回ではありましたが折角調査して答えまでたどり着いたのにもったいない感はありますね。
今回男ばっかりだけどなかなかかなり面白かったです。特に石崎と幸村の友情には不覚にも感動してしまいましたあんなモブみたな連中が感動のストーリーを見せてくれました。
高円寺と龍園に関しては爆笑でしたね。
ただ面白かったけど美少女の華がない。ちょっとはあったけど数ページほどですね。
次巻はもうちょっと女の子出してほしいです。

亜人12巻感想ぶちかましすぎ

どうもききです。
亜人12巻感想を書きたいと思います。
今巻は亜人との全面戦争ですが最初から佐藤さんがぶっ飛ばしてます。
この巻の半分ぐらい佐藤さんと500人の自衛隊との戦闘になります。
最初隊長がSATが佐藤に負けた敗因は味方への発砲をためらったこと。
命を捨てた兵隊なら勝てるみたいなことをいってましたが全く歯が立たず
ゴミのように次々死んでいきます。今回の佐藤さんの戦略は爆弾で自爆しつつ敵を道ずれにしていく
作戦です。この作戦が予想以上に強い。そしてこれまでの亜人の特性をフルで応用していきます。

再生場所の空間に穴を空ける

IBMの自走

人体転送

今回の佐藤のIBMは自走どころか完璧協力プレイでした。
武器の使い方をマスターしており佐藤を120%サポートしています。
ただIBMは透明って設定はもう見る影もなく普通に攻撃されてす。殺意が強すぎて潜伏が機能してないみたいですね。
あとは上半身吹っ飛ばしての転送を行い再生しなくなったと錯覚させてからの奇襲とかやりたい放題。
さすがの佐藤さんでも今回の戦闘は結構つかれたみたいです。もう年ですからね。
最後にもっかいリセットして任務完了です。疲労までリセットできるのはさすがにチートすぎると思いました。
今回も神回でした。もう佐藤が主人公でしょこの漫画。

俺が好きなのは妹だけど妹じゃない6巻感想

どうもききです。
俺が好きなのは妹じゃない6巻感想を書きたいと思います。
前回涼花が裕と同じ高校に入学することになりましたがそれはまあおまけって感じで今回の話のメインは涼花のラノベの新作の取材になります。
今回恋愛ラブコメ祭りをやるので新作ラノベのお試し版みたいなものを出せと担当に言われます。
その祭りで氷室と何かを賭けて勝負することになります。
涼花にとっては負けられない戦いであり負けたら兄をもっていかれます。
涼花は現状に危機感を感じており妹の立場である限り氷室には勝てないことを悟ります(恋愛的な意味で)
なので新作ラブコメは妹系ラブコメは封印し涼花を妹じゃない設定で書くことになります。
涼花を妹じゃなく彼女という設定で取材することになるので涼花は家を出て寮で生活し裕は涼花と付き合っているという想定で生活しなければならなくなります。
まあ彼氏彼女の設定でデートしたりいちゃいちゃするのが今回のお話でした。
今回もなかなか面白かったです。自分は氷室というキャラはそんな好きなキャラじゃなかったけど今回で評価が少し変わりました。
基本このラノベは涼花というキャラクターが圧倒的なので他のサブヒロインはあんまりって感じでした。
しかし時間が経つにつれてキャラクターの味がわかってくるのかもしれません。氷室は理不尽系ヒロインとして今後もパワーアップしていってほしいですね。
以上で感想を終わります。

漫画ダーリンインザフランキス二巻感想

どうもききです。
ダーリンインザフランキス二巻の感想を書きたいと思います。
相変わらず矢吹先生の作画は完璧ですがアニメで内容を知ってる分面白さ半減です。
そんな二巻ではありますが今巻はアニメとは内容が若干異なります。
異なるといっても流れとしてはそこまで変わってません。
所々カットして詳細にって感じです。
まずみつるとゼロツーが乗るシーンでルート分岐します。
ミツルがゼロツーにパートナー依頼しますがヒロがいいや俺が乗るっていって
その後のシーンは大幅になくなります。ミツルが死にかけるところからゼロツーが連れていかれてヒロが引き留めるシーンまでがなかったことになります。
次にちょっと物語が詳細化してます。ヒロは今は落ちこぼれですが実は神童らしくステイメンの適正数値は規格外の怪物らしいのです。
だから逆にストレリチアぐらいじゃないと使いこなせないみたいな話をしてました。
後はほぼ一緒です。
化物語も漫画化しましたがこれが漫画の醍醐味って感じがします。
アニメだと詳細な部分まで作るには限界があるんですよね。
それが漫画とアニメの違いだと思いたい。
以上感想でした。