食戟のソーマ最新話261話反逆の天使感想

どうもききです。
食戟のソーマ261話感想を書きたいと思います。
今回ついに薊がえりなのスペシャリテを実食。
えりなは司と竜胆をうならせた料理をさらに一工夫を加えます。
その工夫とはソーマが1話で作ったふりかけと全く同じものをふりかけます。
しかし薊はどんな品でも認めるつもりはない模様。かつてえりながソーマを失格にしたように
味とか関係なしに不味いものは不味いといいはります。しかし食った瞬間(ばかな…旨い…だと!?)
となり非常に険しい表情になります。そして過去を振り返ります。
やはり城一郎がパワーダウンしたきっかけになった雑魚料理人の嫉妬と金持ちが許せないがためだけに大変革をおこそうとしてるんですね。
物語も終盤ですが薊の深刻な悩みが全く共感できない。
もっと壮大な過去話はないのかね。
以上感想でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)