進撃の巨人26巻感想ネタバレ サシャ死亡 獣瞬殺

どうもききです。

進撃の巨人26巻感想を書きたいと思います。

前回エレン達は巨人の戦士に囲まれて獣登場という絶体絶命のピンチに陥りました。

しかし展開はひっくり返ります。

獣の巨人がなんのひねりもなくリヴァイによって背後から瞬殺されます。

他の戦士たちはジーク(獣の巨人)が瞬殺されたことで動揺し戦局が一気に変わります。

そのあと他の戦士たちもバッサバッサ瞬殺されてエレン達は完全勝利を納めます。

もう大逆転とかいうレベルじゃなかったです。

ライナーも最後に復活し立ち向かいますがエレンのワンパンで沈みます。

その後力を使い果たしたエレンは飛行船に撤退していきますが、憎しみにかられたガビがショットガンをもって飛行船に乗り込みます。

そこで突然現れたガビにサシャが撃たれてしまいます。

最初は助かりそうな雰囲気でしたがあっさり死亡。

もう村人が死んだぐらいの扱いでした。雑な最後でしたね。

ガビは拘束されて首謀者のところまで連れていかれます。

実は首謀者はジークで生きていました。あっさりやられたのも演技でエレン達と協力関係にあったようです。ジークは寿命が残り少ないのでエルディア人を救うためにマーレを裏切るという計画をしていたようです。

今回エレンは手を汚しまくって信用を落としました。仲間もまさかあそこまで下衆になり下がるとは思っていなかったようです。

まあ個人的に一番下衆なのはアルミンですかね。

超大型巨人になって赤ちゃん踏みつぶしましたからねw

サシャは今巻の刺激要因だったんですかね。グロイのは進撃の魅力の一つですからね。

あの死に方はなんとも言えない気持ちになったね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)